2008年04月03日

NOAHを創った男

080402del.jpg 080402kan.jpg

元全日本プロレスの名リングアナウンサーで現NOAHの仲田龍氏著書「NOAHを創った男」を読んだ。

ジャイアント馬場の秘書としての全日本時代の苦労話や思い出話、NOAHの旗揚げから現在までの悪戦苦闘ぶりが書かれていて
非常に興味深い書であった。
加筆された内容から馬場さんの人間性としての大きさを知るにつけ、今のプロレス界は「革新の猪木」そして「保守の馬場」のバランスによって築かれてきたのだなと改めて感じる。
NOAHはその馬場さんのプロレスに対する信念を受け継ぎ、そこから現代のプロレスの組織としてのあり方をミックスした素晴らしい団体だ。すなわち全日本プロレスの老舗ゆえの体制(今の武藤体制は別物だが)で実現できずに暖められ続けてきた発想が、NOAHでは形となって花開き「全日本プロレス進化形」とも言えるものとなっているということなのである。
常設会場であるディファ有明の入場花道やレーザーライトの設置に恒例のクリスマス興行。のあのあクジなどの売店サービスや女子トイレの増設に至るまで極め細やかなファンサービスが既に人気団体であるNOAHを強力に後押ししている。
と同時にNOAHという団体は選手兼社長である三沢光晴と、その参謀である仲田龍(役職はリングアナウンサー兼取締役統括部長)との情熱と絆が大きな柱として一本通っているのが著書からも分かる。
NOAHの強さはファンサービスだけでなく、有名選手を抱える団体としての力に驕らずSEMなどによる若手育成や海外興行の開催など、常に新基軸に挑戦する二人三脚の姿勢があるからだろう。そこにファンは期待を持って付いていくのだ。

今のプロレス界はファンが団体を選ぶ時代である。自分の趣味嗜好に合ったスタイルのプロレスを自由に楽しむことができる。だからこそ団体はその嗅覚でファンの求めるものを感じ取り、ブレがないようにアピールしていかなければならない。
そこはNOAHがそうであるように選手と社長(代表)を兼ねることが多い業界なのがプラスに作用するはずだ。観客の反応を見るには現場にいるのが一番だろうから。

大阪プロレスの土曜日に発表されるビッグプロジェクトは、ファンにどんな夢を与えてくれるのだろう。ファンサービスでは既に定評のある団体なだけに来年10周年を迎える団体が従来の常識にどんなエッセンスを加えてくれるのか期待したい。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

サムライTVでDDTのハードヒットを見ました。ユニーク軍(笑)の冨宅選手とHARASHIMAがほとんどUスタイルのルールで闘ってて、冨宅さんは水を得た魚のようにHARASHIMAを攻め込んでおりました。完全にペースを掴んでいたのですが予想外の一撃を受けて最後は敗戦。
んー残念。
でも大阪プロレスの選手がグラウンドしっかりしてるのは冨宅さんのおかげなんじゃないでしょうかね。
多分。

posted by ラポン at 06:10| Comment(3) | TrackBack(0) | その他プロレス団体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月02日

これもプロレス・リターン

何度もしつこいがペン子は秀吉が大のお気に入りである。

そのペン子がバレンタインのチョコに続いて贈り物を計画しているらしい。それはコレ↓

080401vaam.jpg

VAAMアフターチャージゼリー。
ペン子は今年1月6日のホリパラでタダスケに見せた「ウィダーインゼリー10秒チャージラリアット」がかなり印象深いらしい。そこで試合後の栄養補給にとの心遣いなんだって。
もちろん手紙付き。バッドフォースさんだから返事は期待しないほうがいいよって忠告しておいたけど果たしてどうなることやら。
ちなみに手紙の文章は8割がたラポン作です。だからオレがラブコールしてどないすんねん。

それにしても最近の暴走バージョンの秀吉はパワフルで素敵なんですがチョット怖い。
でも前回ホリパラのvsえべっさん戦ではユニークに付き合ってくれていたみたいで、それはそれは爆笑もんの試合だったとか。
最後は刀狩にマッハでタップ(笑)。それにしてもえべっさん攻撃受けてても声が出るようになってきたみたいですね。ここ最近他のユニークに押されて影が薄くなっていた感があったけど壁越えたですかね。
初代は偉大でしたが自分なりのえべっさん像を作り上げてもっともっとおもろくなって欲しいもんです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

080401tigers.jpg 080401bfa.jpg

昨日サムライTVでドラディション3.30後楽園ホール大会を見ていたら、80〜90年代の全日本プロレス中継を名調子で支えた若林健治アナウンサーが実況をしてました。2007年末で日テレを退社してフリーになったそうで、たしかに先月の健介オフィスの試合も喋ってたっけ。
若林アナといえば中継の中での、
「乾坤一擲」
「胸突き八丁」
「プロレスとは裸の詩(うた)、心の詩、漢の詩、涙の詩、魂の詩!」
等の名セリフでジャンボ鶴田エース時代から四天王プロレスまでの全日本プロレス第2次黄金期を盛り上げていたんだけど、しばらくプロレスから遠ざけられていたらしい。それでもプロレスに対する情熱は衰えることがなかったようで、今回のフリー宣言も「プロレスの実況がしたい」という人生を賭けた一大決心からだったというから驚きだ。
収入が4分の1になったというが、そこまでしてもプロレス界に身を置きたい気持ちを誰が止められようか。いやムリ。
彼の実況は時に職業義務の枠を超えてしまって熱き個人的プロレス主張になってしまうことが多々あって、視聴率低下で全日本プロレス中継が1時間番組から30分枠にされてしまった時も、
「30分が悔しいんです!」
「戻せ1時間枠!」
などと中継中に絶叫してしまい、それが元で一時はプロレスアナウンサーから干されたりもしちゃったんだよね。
でもその時彼は間違いなくプロレスを愛するみんなの代弁者だったと思う。
プロレス界に一人のプロレスバカがリターンした事を大いに歓迎したいと思います。

その若林アナ、同じくサムライTVの情報番組Sアリーナで大阪プロレス3.29デルアリ大会のダイジェストを喋ってたんですが、B&Gを「ブラッドアンドガッツ」と素で読んだり(正式にはブラドゥンガッツかな)、コンドルを「アジアン・コンドル」と呼ぶ(なんで知ってんの?)などお茶目なトコを見せていただきました。
それにしてもあの若林アナが大阪プロレスについて解説しているのは変な気分だな思うと同時に非常に興味深い。
若林アナは団体を問わずプロレス実況を堪能できるようになったんだもんね。
早くブランクを取り戻して、実況を通じてみんなを熱いプロレスワールドにいざなって欲しいもんです。

ラポンも何らかの形でプロレスに関われたらな、と常々思うよ。それが人生の選択としてベストじゃないにしろ好きなことに情熱をささげられるのって幸せなことだよね。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

コンドル選手のブログにも今週土曜日の「バッドフォースの重大発表」について意味深な発言。土曜日は行けないなあ。もしかしたら大阪プロレスの方向性を左右する出来事かもしれないし非常に気になります。
それはデルフィン社長の土曜日発表と同一なのか否か。

それと今年1月に発表してた試合のライブ映像配信でどうなったのかな。試験的なものなのかもしれないけど、SKY.Aに契約できないラポンにとっては朗報なんだけど。これも形になってほしいな。

posted by ラポン at 06:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味→プロレス←日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月01日

果たして...

ガチャガチャは好きですか?

ラポンは好きです。今でもズラリと並んだガチャガチャコーナーがあると物色してしまいます。
昔はスーパーカー消しゴムとかウルトラマン怪獣消しゴムとかキン肉マン消しゴムにハマってました。
部屋が集めた消しゴムであふれ怪獣無法地帯と化してしまって、怒った親にベランダから全力投球で捨てられたことあります。

そんなこんなでデルアリにあるガチャガチャのバッドフォース缶バッチです。

080331kan.jpg


ピンク柄で全部集めたいのですがGAINAだけ出ません。この前挑戦しようとしたら当日券売場の女の子に「両替しすぎで硬貨が不足してます」って言われてできませんでした。見たらユニーク軍缶バッチひなまつりバージョンが出てたんですね。
考えることはみんな一緒。
どなたか交換とかできませんかね?

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

080331zero.jpg 080331sengoku.jpg

週プロモバイルに今度の土日の対戦カードそしてIMP大会の一部カードが発表されてました。

土日の対戦カードは欄外に選手略称(ラポンの独断)で表示してます。特に奇抜なカードはないですね。
タイガース&バファローと戦国の遺恨決着マッチはバファロー問題の終着点だと考えるとして、それより最近妙にバッドフォースの介入が減ってきたなあと考えちゃうんです。バファロー問題が落ち着いたから介入が減ったという考えもあるんだけど...。
あと興味そそるのは個人的には王子vs小峠のシングルとコンドルのMWF戦かな。
コンドルの対戦相手のダイナマイト東北は最近出てきた6代目だそうで。ということはこの前のブログの情報はマチガイなのでゴメンなさい。
それより今度の土曜日にあるバッドフォースの重大発表と、デルフィン社長のブログにあった「あの事」が気になる。これも土曜日発表。「あの事」って何?ラポン分かんない。誰か教えて。でら名古屋プロレスの代表は意味深なコメント残してくれるし。
今度のホリパラ行くんだけど、その時には2つとも解決してるんだよね。

IMP大会「大阪プロレス物<ストーリー>語」はデルフィン軍団絡みのカードが中途半端に発表。
その中途半端ってのがミソで、デルフィン・人生・TAKA・ヨネ・浪速とぶつかるのはタイガース・くいしんぼう・えべっさんだけ決定。
これは大阪シングルのタイトルマッチはないですよ、と言う意思表示でもあるよね。この時点で発表しなくても寸前まで引っ張れば「シングルのタイトルマッチもあるかも」という期待値でチケット買う人もいるわけでナゼ?って首を傾げるラポン。
ここで例によって当たらない大胆カード予想。決定した試合は3試合。団体内で残った選手は、

ゼロ・GAINA・秀吉・政宗・コンドル・小峠・バファロー・クーガー・ツバサ・タコヤキーダー・原田・ロベルト・タダスケ

大阪プロレス物<ストーリー>語はその時によって試合数バラバラだから、あと何試合あるのか分からないけど第1試合は「原田&タダスケvsタコヤキーダー&ロベルト」の若手によるB&Gvs正規軍あたりが見たいかなあと。デルフィン軍団のカードに2人分空いているのはゲスト枠として流動的なのかも。ムチャルチャが収まるのは安直かな。
大阪タッグで考えられるのはゼロ&GAINAと関本&井上のリマッチだけど、これは間隔が短すぎるかもしれない。でもムチャルチャはないだろうし、バファロー&クーガーは急造過ぎるでしょ。「ゼロ&GAINAvs秀吉&政宗」の同門タイトルマッチもありえるかもしれないなあ。
そうなると「クーガー&ツバサvsコンドル&小峠」?いやバファローも絡めて「クーガー&ツバサ&バファローvsコンドル&神威&小峠」なら収まるか。ちょっと実力差ある感じだけど。
これはあくまでもゲスト枠の2人分を残しての予想。単純に願望でいくとサスケとディック東郷。いやディック東郷はSATOで出て欲しいな。
くいしんぼう&えべっさんのユニーク軍もいるからチームワーク悪そうだけど(笑)

これで6試合。シングルがすでに2試合決まってるから後はタッグということでの選考。
別に当てようとしてませんよ。ラポンの頭の中はいつだって、

脳内新春ジャイアントシリーズ
脳内チャンピオンカーニバル
脳内サマーアクションシリーズ
脳内エキサイトシリーズ
脳内世界最強タッグ決定戦

ですから。
考えるの楽しいよ。
だってプロレス好きだもん。
posted by ラポン at 05:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 大阪プロレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログのトップに戻る
pwrtitleb3.jpg

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。