2009年08月30日

大阪HOLIDAY PARADISE 8/30試合結果

090830mircle.jpg

                     ※写真は過去の大会のものです

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

@20分1本勝負
 ○秀吉
 (6分22秒刀狩)
 ×タコヤキーダー

A30分1本勝負
 ○アジアン・クーガー
 (8分09秒クーガーロック3号)
 ×くいしんぼう仮面

B3WAYマッチ30分1本勝負
 ○政宗
 (3分25秒アンクルホールド)
 ×タイガースマスク

※もう一人はミラクルマン

◎30分1本勝負
 政宗
 (3分42秒無効試合)
 ミラクルマン

※レフェリーはタイガースマスク

C6人タッグマッチ30分1本勝負
 小峠篤司&原田大輔&×三原一晃
 (13分30秒アウトキャスト→体固め)
 ブラックバファロー&ヲロチ&○タダスケ

Dタッグマッチ60分1本勝負
 ビリーケン・キッド&×松山勘十郎
 (12分14秒スパイダードライバー→片エビ固め)
 えべっさん&○アルティメット・スパイダーJr

              ※大阪プロレス公式HP及びメルマガより抜粋

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

カードが結構変わっとった(汗)
サタナイにタダスケ現れたからもしやとは思ってたけど。

第3試合の3WAYはサプライズな珍カードって感じ...タイガースは夏祭りモードに近かったのかなと。
posted by ラポン at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪プロレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

きっと来る♪

090830hide0.jpg

なんとなく思いつきで秀吉ネタ。8月16日ホリパラより。
威風堂々...でいてどこかお茶目な秀吉公が体験した真夏の怪。

090830hide1.jpg

この日は勘ちゃんとのシングルマッチとあって(?)ムゴさ全開の秀ポン。毛根大量死滅の危機。

090830ring0.jpg

さらにビンタされまくりでブチキレると「これからオマエに本当の恐ろしさというものを教えてやる!楽しみに待っていろ!」と捨て台詞、場外に消える勘ちゃん。

090830ring1.jpg

素直に待ってる秀ポンと吉野レフ。不安そう。

090830ring2.jpg

そしてついに姿を現した勘十郎「貞子」バージョン。もちろんミュージックはリングの主題歌「FEELS LIKE HEAVEN」...恐っ(汗)

090830ring3.jpg

脱兎の如く逃げる吉野レフ(笑)
取り残された秀ポン、びびって動けない。

090830ring4.jpg

きっと来る、きっと来る♪迫る勘十郎。
最後は秀ポン奇声を上げて必死の丸め込み3カウント、そしてダッシュで退場(笑)

090830ring5.jpg

なおもリングサイドを徘徊する貞子チック勘十郎。これは夏の風物詩として定番化希望♪

いやぁちょうどさっきCSで「リング」やってたもんで...秀ポンお疲れ様でした。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

090830hide2.jpg

最後はオマケで「くっちゃん魂2009」終了直後のショット。
秀ポン大サービスのマジック披露。ちなみに酔ってて目はほとんど虚ろ。
それでも成功させるところががある意味超魔術(笑)
posted by ラポン at 15:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪プロレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

これが現実だ!

“G1”真壁が“火祭り”崔に圧勝(スポーツナビより)

PC →
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/headlines/20090830-00000010-dal-fight.html

Mobile →
http://sports.mobile.yahoo.co.jp/p/spnavi/news/article/?genre=3&media=0&id=20090829-00000024-spnavi-fight

言っては悪いけど勝負以前に反骨心が違いすぎるかなと。
真壁を応援する「刀義団」ってのは真壁の生き様に惚れこんで発生した応援団だと思うんだよね。
それに対抗して「領二会」なんて衝動的に作っちゃった時点で崔の負けだと思うんだな。
それは外見だけの二番煎じであってこのタイミングでやるべき事じゃあない。

火祭りの優勝者がやる事じゃない。

今回は完敗っぽいけど崔はまだ29歳、まだまだ可能性に満ち満ちているはず。
でも、これからゼロワンのエースを背負っていこうと思うなら何年もかけて幾重にも浮き沈みのドラマを積み重ねていかないと。
顔を見ずともその背中が人生を語るほどに。
そこらへんがまだ崔はキレイ過ぎる気がするから。

もちろんドラマには相手がいる。
それには佐藤耕平ってライバルが本腰になってトップを狙ってくれなきゃなぁ...
あの恵まれた体で今のポジション...ありえないでしょ。
posted by ラポン at 13:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ぷろれす独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SATURDAY NIGHT STORY 8/29試合結果

090829body.jpg

                     ※写真は過去の大会のものです

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

@20分1本勝負
 ○原田大輔
 (7分58秒ランニングエルボー→片エビ固め)
 ×三原一晃

※試合後、原田は驚異的な粘りを見せた三原に「強くなったな!オレと小峠さんは先週の府立のセミでタイトルマッチをやった。むかつくけど、タダスケはメインを張った。お前はこのままでいいのか!?頑張って俺たちについて来い!」とアドバイス。三原は「これから先輩たちを喰っていけるように頑張ります!」と意気込んだ。

A30分1本勝負
 ○アジアン・クーガー
 (8分58秒キド・クラッチ)
 ×えべっさん

B30分1本勝負
 ○アルティメット・スパイダーJr
 (8分03秒スパイダードライバー→エビ固め)
 ×タコヤキーダー

※スパイダーは試合後「オレはこれから正規軍の戦力として活躍していくからよろしく!」とアピール。

C3WAYマッチ30分1本勝負
 ○ミラクルマン
 (9分43秒ミラクルドライバー→エビ固め)
 ×くいしんぼう仮面

※もう一人は松山勘十郎

D8人タッグマッチ60分1本勝負
 秀吉&政宗&ビリーケン・キッド&×小峠篤司
 (12分00秒満月の夜→片エビ固め)
 ○タイガースマスク&ブラックバファロー&ヲロチ&The Bodyguard

※試合後、坊主頭にラインの入ったタダスケが登場しビリーを暴行。すると、三原、スパイダー、原田が登場し、LOVを蹴散らしていく。タダスケは「ビリー!オレの頭をこんなにしやがって!オレはしつこいからな!ボケ!」と去っていく。原田は「ビリーさん!自分たちをLOVを戦わせてください!必ず勝って見せます!」と三原、スパイダー、原田、小峠の若手4人でLOVとの対戦を志願。ビリーは「必ず勝って見せろ!」と若手に託した。

              ※大阪プロレス公式HP及びメルマガより抜粋

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

思ったほど大きな動きは無かったみたいですねぇ...タダスケを欠場させた意味が無いような(汗)
どっか痛めてるのかな?

かくして来週のサタナイはヤングジェネレーション(死語?)とLOVの激突。
確かに三原君は頼もしくなったよね♪その健闘を称えて是非おニューのコスチュームを!気合いが違ってくるからさ!
posted by ラポン at 09:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪プロレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月29日

今週の大阪さん

090830a.JPG

熱戦連続の大阪魂2009を一人で裁ききった我らがスーパーレフェリー吉野恵悟(水分補給済)
ホームページの選手紹介の写真と比較するとそのパワーアップ振りが分かります。
選手だってレフェリーだって体が資本、師の教えを胸に頑張れ吉野レフェリー!!

−−−−−8月29(土) 「SATURDAY NIGHT STORY」−−−−−

Dビリーケン・キッド&秀吉&政宗&小峠篤司
     vs
 タイガースマスク&ブラックバファロー&ヲロチ&The Bodyguard

C松山勘十郎 vs くいしんぼう仮面 vs ミラクルマン

Bアルティメット・スパイダーJr vs タコヤキーダー

Aアジアン・クーガー vs えべっさん

@原田大輔 vs 三原一晃

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◎ラポン的見どころ

090830d.JPG

さて新展開を宣言している大阪プロレスマットですが、これは予想されるストーリー以外にも何かしら動きがあるってことでしょうか。

今のところ考えられるのはタダスケとのマスカラ・コントラ・カベジェラに勝利したビリーがディック東郷との再戦に向けてアクションを起こす...とは言っても先にクーガーが9.6新宿FACE大会でのベルト挑戦に乗り出しているから、現状ではあくまでも個人闘争的なリベンジとしてか。
どちらにしろディック東郷が定期参戦していない事もあり対戦交渉はLOVを通じて行わなければならないから少々厄介ではあるワケで。

090830c.JPG

そして同じく大阪魂でベルト防衛に成功した戦国タッグが次なる挑戦者を外に求めようとする動き。
もちろん大阪プロレス内にも挑戦者として相応しいタッグコンビは存在する。ツバサのコンディションが明らかに良くなってきているムチャルチャなどは戦国がNO.1タッグチームを宣言するには一度は決着をつけなければいけない相手。
でも、バックステージでの発言からするに何より彼らはドラゴンゲートの望月成晃&ドン・フジイに雪辱したいという気持ちが大きいのかもしれない。そこにたどり着くまでの道のり...果たして呼び込むのかそれとも殴りこむのか。

こう見てもわかるように大阪プロレスはまだ後楽園ホール大会での負の遺産を残したまま。
この事実がMアリという戦場でどう絡みあいながら新しいものを紡いでゆくのでしょう。

090830b.JPG

他に動きとして気になるのはタダスケのカードが組まれていない事。マスカラ・コントラ・カベジェラに敗北し潔く髪を差し出したタダスケだけど傷心のまま姿を消したとでもいうのでしょうか。
ここ最近ではヲロチが失踪→復活という流れでパワーアップを遂げているが、今回はタダスケにとっての契機となるだけにイメージチェンジ(マスクマン化など)や改名、武者修行などのサプライズパターンも考えられる。

もちろん自身のルード化に誇りを持っているからこそ大阪魂であれだけの試合ができたワケで。きっと更なる衝撃を観る者に与える秘策を考えているんだろうし、そこまでの期待を持たせるポジションにタダスケは今いるんだと思います。

と、それら数々の謎が解くためのヒントがこの日のメインに凝縮されているのかも。
正規軍が楔を打ち込むのか、それともLOV主導で掻き回されるのか。注目の一戦です。

他にもセミファイナルのユニーク3WAYマッチも何かしらの動きがありそう。大阪お笑いベルトは菊タローの腰に巻かれたまま、それによって大阪プロレスに良い影響を与えているとはいえそろそろ本腰で取り返しにいかなければならないはず。
それにベルトが外に流出しているおかげで大阪お笑い選手権名物だった全国お笑いレスラーの参戦が観られなくなってしまった。
ここはお三方、オモろおかしくお願いしますよ。

あと新たに参戦したアルティメット・スパイダーJr は大阪プロレスのルチャ戦線に更なる活気を与えてくれそう。この日のカードに名は連ねていないものの大阪魂でパートナーとして復活したフラッシュムーンもツバサと見事なルチャリブレを見せてくれた。
ユニット抗争もいいけど、ルチャの本質に迫る闘いを自信をもって提供できるのが大阪プロレスなのだからアルティメット・スパイダーJr (長い)にはそこを大いに引っ張ってってもらいたいです。
第3試合での王子との対決、どういった色になるのやら。

あとはクーガーさんとえべっさんの飲み仲間対決、そして原田vs三原...ギリギリでガガンガンな闘いを見せてくれ!

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

090830e.JPG

−−−−−8月30日(日) 「大阪HOLIDAY PARADISE」−−−−−

Dビリーケン・キッド&松山勘十郎
     vs
 えべっさん&アルティメット・スパイダーJr

Cミラクルマン&小峠篤司&原田大輔
     vs
 タイガースマスク&ブラックバファロー&ヲロチ

Bアジアン・クーガー vs くいしんぼう仮面

A政宗 vs 三原一晃

@秀吉 vs タコヤキーダー

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◎ラポン的見どころ : もしかしてアルティメット・スパイダーJrはユニークキャラなのか?これが判然としないままホリパラメイン、どうなるんでしょ。ビリーさんと勘ちゃんの肉体逆進化コンビにも注目(笑)

セミではミラコーさんが青春タッグとLOV退治。まだまだ若い者には負けられぬよね。
大阪魂のコスチュームまた見たいけど怪しい。でも素敵。
...やっぱり怪しい♪

第3試合はクーガーとくいしんぼうのハードコアマッチ(笑)
またカゴ出るかな。

第1・2試合は戦国チャレンジ。王子と三原君がそれぞれ挑みます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ブログを維持するのが精一杯の状況となっておりますが、秋の訪れとともに少しずつ解消できそうです。
それにしても停滞してる間に溜まった写真の数々はどうしたものやら(汗)
posted by ラポン at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の大阪さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月28日

大阪夏祭りプロレス 8/28試合結果

090828yonel.jpg

                     ※写真は過去の大会のものです

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

@20分1本勝負
 ○ビリーケン・キッド
 (9分35秒コウモリ吊り落とし→片エビ固め)
 ×新村一樹

A3WAYマッチ30分1本勝負
 ○ユタカ
 (7分45秒ダブル体固め)
 ×小峠篤司 ×タコヤキーダー

Bタッグマッチ30分1本勝負
 松山勘十郎&○くいしんぼう仮面
 (10分52秒関空トルネード→片エビ固め)
 ×えべっさん&ヨーネル・サンダース

              ※大阪プロレス公式HP及びメルマガより抜粋

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ゲスト満載で134人♪平日では満員マーク付けて良いのでは?

確実に面白くなってきてるヨーネルおじさん(笑)の存在も大きいでしょ
そろそろサタナイに食い込んでくるかな?
posted by ラポン at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪プロレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月27日

大阪夏祭りプロレス 8/27試合結果

090827buffa.jpg

                     ※写真は過去の大会のものです

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

@20分1本勝負
 ○アルティメット・スパイダーJr
 (9分02秒スパイダードライバー→エビ固め)
 ×タコヤキーダー

A30分1本勝負
 ×くいしんぼう仮面
 (7分20秒ホワイト・ジャーマン・スープレックス・ホールド)
 ○えべっさん

Bタッグマッチ30分1本勝負
 小峠篤司&×三原一晃
 (9分25秒ラリアット→体固め)
 タイガースマスク&○ブラックバファロー

              ※大阪プロレス公式HP及びメルマガより抜粋

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

観客動員好調キープ♪
USJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパンじゃないよ)効果だったりするかな...で、スパイダードライバーって?

あとえべっさんのホワイト・ジャーマン・スープレックス?
ただの肌見せジャーマンかな(笑)
posted by ラポン at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪プロレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月26日

大阪夏祭りプロレス 8/26試合結果

090826billy.jpg

                     ※写真は過去の大会のものです

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

@20分1本勝負
 ×武丸
 (7分29秒ラリアット→体固め)
 ○ブラックバファロー

A30分1本勝負
 ○ビリーケン・キッド
 (8分48秒コウモリ吊り落とし→片エビ固め)
 ×くいしんぼう仮面

B6人タッグマッチ30分1本勝負
 ○ミラクルマン&原田大輔&アルティメット・スパイダーJr
 (14分48秒ミラクルドライバー→指一本固め)
 タイガースマスク&ユタカ&×松山勘十郎
※試合内容に関しては非公開。

              ※大阪プロレス公式HP及びメルマガより抜粋

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

そりゃあ観に行きたかったさ
でも中途半端に内容知るくらいならまったく知らないほうがいいかな

宇宙パワーや鉄人といったタイガースワールドは飢餓感を煽るくらいでいいかも
こうやって予告してくれれば無問題...現に観客動員スゴいしみんな待ってた感じ

まぁ今のタイガースはルードだからそのへんのバランスは大事だよね
posted by ラポン at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪プロレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月25日

大阪夏祭りプロレス 8/25試合結果

090825kan10ro.jpg

                     ※写真は過去の大会のものです

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

@20分1本勝負
 ○アルティメット・スパイダーJr
 (8分55秒変形回転エビ固め)
 ×三原一晃

Aハードコア3WAYマッチ30分1本勝負
 ○アジアン・クーガー
 (6分00秒クーガーロック25号)
 ×タコヤキーダー ×タイガースマスク

Bタッグマッチ30分1本勝負
 ○ビリーケン・キッド&松山勘十郎
 (12分59秒コウモリ吊り落とし→片エビ固め)
 ×えべっさん&原田大輔

              ※大阪プロレス公式HP及びメルマガより抜粋

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

アルティメット・スパイダーJr...まだまだ引き出しがありそうですねぇ

今まで隠してたなんてニクい人(笑)
posted by ラポン at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪プロレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月24日

大阪魂(OSAKA-DAMA)2009試合結果

090823tadasuke.jpg

                     ※写真は過去の大会のものです

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

@タッグマッチ20分1本勝負
 ツバサ&○アジアン・クーガー
 (12分29秒顔面スタンプ→片エビ固め)
 ×フラッシュムーン&アルティメット・スパイダーJr

※約2年ぶりに参戦となるムーンはツバサと華麗なルチャを披露。ロベルト田中の親友であるスパイダーは勢いのあるファイトを展開。試合はクーガーが勝利するもののスパイダーはその実力をファンに知らしめた。

A6人タッグマッチ30分1本勝負
 ボリショイ・キッド&○くいしんぼう仮面&えべっさん
 (12分33秒関空トルネード→片エビ固め)
 救世忍者乱丸&×松山勘十郎&タコヤキーダー

※ボリショイに告白したいくいしんぼうは、試合中、ボリショイにアピールしまくり。ボリショイをかばって攻撃を受けたり、松山勘十郎から関空トルネードで勝利したり好印象を与えたがボリショイは「すみません・・・」と一言。玉砕したくいしんぼうだがボリショイにゴムパッチンをもらうと上機嫌で会場を後にした。

B8人タッグマッチ30分1本勝負
 ○長州力&冨宅飛駈&ミラクルマン&三原一晃
 (12分21秒サソリ固め)
 タイガースマスク&ブラックバファロー&×ヲロチ&The Bodyguard

※パワーホールが流れると場内で長州コールが巻き起こる。先発はなんと長州とバファロー。バファローにいきなりサソリ固めを仕掛けようとするとバファローは必死でエスケープ。三原が捕まりピンチになるが、長州に交代すると怒涛の反撃。最後はヲロチにリキラリアットからサソリ固めのフルコースをお見舞いし勝利。

C大阪プロレスタッグ選手権試合時間無制限1本勝負
 <王者組>秀吉&○政宗
 (26分20秒雷切→片エビ固め)
 <挑戦者組>小峠篤司&×原田大輔

※王者が2度目の防衛に成功。

※小峠が捕まり苦しい展開となるが、原田のがフォローし小峠も反撃開始。若手の域を脱した完璧なコンビネーションを決める。しかし、戦国もすさまじい威力のダブル攻撃で小峠を戦線離脱させる。原田は政宗にジャーマンを決めるがカウントは2.9。最後は政宗の雷切2連発で決着!試合後、政宗は「お前ら、もっと強くなってまたタイトルマッチやろうぜ!」と声をかけた。

D「マスカラコントラカベジェラ」時間無制限1本勝負
 ○ビリーケン・キッド
 (26分59秒ファイヤーバード・スプラッシュ→片エビ固め)
 ×タダスケ

※序盤、ビリーがペースを握るが、タダスケは反則やセコンドの援護を受け反撃開始。ビリーをイスで殴り飛ばすとビリーのマスクを破りにかかる。ビリーはなんとかペースを立て直し、一進一退の攻防を繰り広げる。タダスケがアウトキャストを決めるがビリーは意地で返す。最後はビリーが奥の手、ファイヤーバード・スプラッシュで勝利を掴み取った。試合後、ルード軍のセコンドたちが「やめさせろ!」という中、タダスケは自ら断髪を仰ぎビリーの手によって断髪された。タダスケの脅威を退けたビリーケン・キッド。次週、大阪プロレスは新展開を迎える!!

              ※大阪プロレス公式HP及びメルマガより抜粋

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

とても力強い大会でした

大阪プロレスの地力というか底力が各試合に凝縮されてましたね
ビッグマッチにも関わらずカードを5試合に絞ったのも功を奏したかと

第1試合でムチャルチャとフラッシュムーン、そしてアルティメット・スパイダーJr(長い)が見せたルチャの本質的面白さや第2試合のお腹いっぱいの充実ユニークマッチ

第3試合では長州さんの三原君への眼差しやミラコーさんのチョットはにかんだ感じで長州さんと隣り合ってるのが印象的で、そこに色んな歴史の流れを感じたり

セミはタッグチームを磨き上げてゆく大切さを感じ、危険な方向ではなく読み合いの攻防として闘いが進化していく事に快感を覚えて...

そしてメインはまさに死闘、素晴らしかった
試合をコントロールしていたのは結局ビリーさんだったのだと思うけれど、ここまで闘いのクォリティが上がったのはルードとしてのタダスケの急成長あったからこそ
間違いなくメインにふさわしい内容...最後に退場してゆくタダスケに送られた拍手と声援に新時代の足音が聞こえたようで、一人ウルウルしながら感動していたワケで

と、書きたい事はもっともっといっぱいあるのにその時間が無いのは悔しい...これほど時間が欲しいと思った事はないです(泣)

とにかくサタナイからの新展開を楽しみに待ちましょう
posted by ラポン at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪プロレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月23日

今週の大阪魂さん

0908235a.jpg

−−−−−8月23日(日) 「大阪魂(OSAKA-DAMA)2009」−−−−−

D「マスカラ コントラ カベジェラ」マッチ
 ビリーケン・キッド vs タダスケ

C大阪プロレスタッグ選手権
 <王者組>秀吉&政宗 vs 小峠篤司&原田大輔<挑戦者>

B長州力&冨宅飛駈&ミラクルマン&三原一晃
     vs
 タイガースマスク&ブラックバファロー&ヲロチ&The Bodyguard

Aボリショイキッド&くいしんぼう仮面&えべっさん
     vs
 救世忍者乱丸&松山勘十郎&タコヤキーダー

@アジアン・クーガー&ツバサ
     vs
 アルティメット・スパイダーJr&フラッシュムーン

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

大阪魂2009。その名称からは大阪プロレスの魂を見せようという主旨が垣間見える。
それは10年間の間に積み上げられた激しい闘いであり洗練された笑いの歴史の集大成...と言うとちょっとオーバーなのかもしれないが、それくらいの心意気を持って名付けられた大会名なのだろうと期待せずにはいられない。

0908235b.jpg

しかし大会の締めはチャンピオン無きメインイベント。しかもマスカラ・コントラ・カベジェラ戦。

これは賛否両論ある、というか色んな人の話を聞いてもあまり肯定的な意見は出てこない。
まずここに至った過程を見る限りメインのリングに渦巻くのは憎悪。これが常連ファン以外にも多くの層の観客を集めるビッグマッチのメインの雰囲気として相応しいのか。

そしてかつてハリケーン2008でタイガースとバファローが見せたマスカラ・コントラ・マスカラに比べて、決まるまでの経緯にストーリーの厚みが無いように感じるのも問題かもしれない。
もちろんあの時は結果論として感動を生んだという事なのだけれども。

それに両者の負けたときのリスクの差は相当でかい。
剃った髪の毛は生えてきて記憶から消す事ができても、マスクマンが一度素顔を晒したらその事実はもみ消せない。
マスク剥ぎというのは宣伝文句としてはセンセーショナルだけれど安易にそれを連発して欲しくないというのもある。

ならばなぜ?

考えるのはタダスケ...つい最近まで一若手と見られていた男が背水の陣となった百戦錬磨の前チャンピオンにとってどう脅威となりえるかという事。

ここ一番のビリーケン・キッドは恐ろしいまでの冷徹にタダスケを追い詰める事だろう。
そこには経験という慢心は無くひたすら強い存在としてのビリーがいるはず。
勝負論としてはタダスケは自らを不利な死地に投げ入れた事になるのだ。
それを分かっているだろうタダスケがどうしてそこまでビリーを再三挑発し、追い詰めなければならなかったのか。

個人的な見方としてはこれは世代闘争。それも最短距離をひた走る下克上。
ビリーケン・キッドという高みを名実共に越えなければいけないタダスケ。
ならば追い越すと同時に追い落とさなければならない。
それにはマスクを賭けさせるというインパクトが必要だったのかもしれない。

0908234a.jpg

そう考えるならばセミで桃の青春タッグも同様だ。
彼らを迎え撃つ戦国タッグもタッグチャンピオンとしてより勢力を強め、高すぎる程高い壁としてその前に立ちはだかる。

それでも青春タッグはタッグチームとしての完成度をタッグフェスで証明し、今の戦国タッグに最も相応しい相思相愛の相手として指名を受けセミのリングに上がってみせた。
これは混乱の中メインの権利を勝ち取ったタダスケとはまた違った善行の積み重ねによる権利獲得だ。

タイトルマッチであるかどうかはこの際置いておいて、不純物が混ざらぬ闘いとなるセミの風景は団体そのものを愛している大多数の大阪プロレスファンを大いに困らせるはず。

高いからこそ越えねばならぬと小峠と原田。
認めているからこそ叩き潰す。それが秀吉と政宗の総意だろう。

0908234b.jpg

こうして小峠、原田とタダスケは立ち位置こそ違ってしまったものの大阪プロレス最高峰に挑むという点においては足並みを揃えた。

この数ヶ月で世代間の力差は急速に縮まったように見える。しかし個々が持つ存在感という点ではどうか。
それを確かめるにはいつもより大きな舞台。そこに圧し掛かるプレッシャー。それを背負ってなお輝きを放てるのかが問われる。

消さねばならないのはベテランと若手の間にあった平穏ゆえの閉塞感と格上格下感。
闘いの果てに大阪プロレスの未来は見えるのか。

LOVの介入も予感させられる混沌のメインと、闘いの精神が集合し研ぎ澄まされたセミとのコントラスト。
これはこの大会の大きなテーマなのかもしれない。
世代を超えるに必要なものは何なのか。それは手段を選ばず下されるべきなのか。

ビリーの反攻開始か?タダスケの早咲き天下か?

戦国タッグの底力か?青春タッグの勢いか?

結末は歓喜か?衝撃か?

言うなればダブルメイン。どっちが大会が終わって後に長く語り草となるのか。

0908233a.jpg

そして良くも悪くも大阪マットを激動させ続けるLOVの動きはどうか。
ここ最近はタダスケのサポートに重点を置いていたような印象のあるタイガース達だがこの大阪魂でのスペシャルマッチの狙いは一つ、長州力だろう。

0908233b.jpg

メンバーを見る限り総合力では既にLOVなのだが、彼らと長州との対戦はその瞬間瞬間が全て楽しみだ。
もちろんLOVには臆することなくラフ攻撃を仕掛けて欲しい。ここでタイガースがどこまで冷酷に徹する事ができるかはそのまま彼らのユニットの勢いとなる。
その上で長州とバファローの力勝負ラリアット勝負は見せ場の一つか。

0908233c.jpg

長州というストロングスタイルの第一人者とヲロチのような怪奇派との闘いも、昭和プロレスのような未知との遭遇的な妄想を掻きたててくれる。

0908233d.jpg

ボディガーとの闘いにしても長州と対峙するのを想像してみるとヲロチに負けない違和感、良い意味での異次元マッチ的なテイストに溢れていそうで興味は尽きない。

もちろんその中でミラクル、冨宅、三原といった大阪プロレスの元気者達がどう試合を盛り立てていくかにも注目したい。

入場曲から始まりラリアット、ストンピング、そしてサソリ固めと気がついたときには自分色でリングを染め上げてしまっている長州力。
果たして長州のメジャー級オーラは大阪プロレスワールドをも包み込んでしまうのか。

0908232a.jpg

くいしんぼう仮面のボリショイキッドへのご執心に端を発した第2試合のお笑い6人タッグマッチは勘十郎のやっかみもあって荒れ模様となること間違いなし。
ビッグマッチでは恒例となった乱丸の参戦もあって華やかな一戦となりそうだ。
目立ちたがり屋の集まった特別演目これ如何に。

0908231a.jpg

ムチャルチャの登場する贅沢なオープニングマッチはその相手にも要注目だ。
2008年を最後に行方をくらましていたフラッシュムーン復活に合わせてそのパートナーとして謎のレスラー「アルティメット・スパイダーJr」が戦列デビューする。

いきなりタッグチャンピオンをも経験したコンビとの対戦は期待の高さがうかがえるが、その正体も含め風貌、ファイトスタイルも不明。
フラッシュムーンと組むという事でリンピオなのだろうが、それならば尚さら正も邪も使い分けるクーガーとツバサを相手にどこまで通用するのか。「アルテイメット・スパイダー=究極なる蜘蛛」が華やかなデビューを飾れるか楽しみなところだ。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

その日、東京ではDDTのビッグマッチ、両国国技館大会が話題を集める。13年目の団体が満を持して仕掛ける大勝負だ。
ならば尚のこと西の地で10年、「大阪プロレスここにあり」をその内容をもって示して欲しい。
それこそ会場の大きさも、派手な演出も、そして豪華なゲストさえも必要ないまさに「大阪魂」の見せ所なのだから。
posted by ラポン at 02:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の大阪さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月22日

サタナイ 8/22試合結果

090822miracle.jpg

                     ※写真は過去の大会のものです

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

@20分1本勝負
 ×タコヤキーダー
 (6分11秒アウトキャスト→体固め)
 ○タダスケ

A30分1本勝負
 ○政宗
 (8分10秒スクールボーイ)
 ×えべっさん

B3WAYマッチ30分1本勝負
 ○タイガースマスク
 (8分19秒満月の夜→片エビ固め)
 ×くいしんぼう仮面

※もう一人は小峠篤司

Cタッグマッチ30分1本勝負
 秀吉&×三原一晃
 (9分33秒ラリアット→片エビ固め)
 ○ブラックバファロー&ヲロチ

D6人タッグマッチ60分1本勝負
 ビリーケン・キッド&ミラクルマン&○ロベルト田中
 (14分00秒ロベルトボム→片エビ固め)
 アジアン・クーガー&×松山勘十郎&原田大輔

※試合後、ロベルト田中はマイクを取り「自分は今日をもって一旦大阪プロレスから離れたいと思います。明日から自分の親友のアルティメット・スパイダーJr選手が参戦します。皆さん是非応援してください。」と大阪プロレスから離れることをファンに伝えた。アルティメット・スパイダーJrとは一体!?

              ※大阪プロレス公式HP及びメルマガより抜粋

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ミラコーさん戦線復帰待ってたよ♪
明日のLOVとの全面対決、長州さんより目だってやー!

それにしても何気にタダスケと王子のシングルマッチがホリパラで...もったいなや。

090822robert.jpg

そしてロベ君はこの日をもってアルティメット・スパイダーJrに後を託して旅立ってしまいました(泣)

で、アルティメット・スパイダーJrなんですが大阪市内の某テーマパークのアトラクションキャラとは別物なんですよね?
ヲロチの見た感じがその某キャラの敵役に似ているのも関係無いですよね?

なんか継続参戦っぽくてワクワクしてきましたねー
posted by ラポン at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪プロレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月21日

大阪夏祭りプロレス 8/21試合結果

090821takoyaki.jpg

                     ※写真は過去の大会のものです

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

@20分1本勝負
 ×新村一樹
 (8分34秒変形逆片エビ固め)
 ○ロベルト田中

A30分1本勝負
 ×タコヤキーダー
 (6分32秒凶器攻撃→片エビ固め)
 ○ユタカ

Bタッグマッチ30分1本勝負
 ビリーケン・キッド&×ヨーネル・サンダース
 (11分39秒片山ジャーマン・スープレックス・ホールド)
 ○原田大輔&小峠篤司

              ※大阪プロレス公式HP及びメルマガより抜粋

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

23日のタイトルマッチを前に青春タッグの2人は好調維持しとりますな

当日はスゲーの見せてくれよ!!
posted by ラポン at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪プロレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月20日

大阪夏祭りプロレス 8/20試合結果

090820tadasuke.jpg

                     ※写真は過去の大会のものです

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

@20分1本勝負
 ×タコヤキーダー
 (6分09秒アウトキャスト→体固め)
 ○タダスケ

Aタッグマッチ30分1本勝負
 ○原田大輔&矢野啓太
 (12分40秒ランニングエルボー→片エビ固め)
 ロベルト田中&×三原一晃

B3WAYマッチ30分1本勝負
 ○くいしんぼう仮面
 (8分57秒関空トルネード→片エビ固め)
 ×えべっさん

※もう一人は小峠篤司

              ※大阪プロレス公式HP及びメルマガより抜粋

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

矢野山脈が大阪にやってきた!って要は里帰りですね(笑)

こういった技巧派の若手...大阪にも欲っしー!
posted by ラポン at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪プロレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月19日

大阪夏祭りプロレス 8/19試合結果

090819harada.jpg

                     ※写真は過去の大会のものです

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

@20分1本勝負
 ×三原一晃
 (8分38秒アウトキャスト→体固め)
 ○タダスケ

A30分1本勝負
 ○松山勘十郎
 (7分07秒陣太鼓→片エビ固め)
 ×くいしんぼう仮面

B6人タッグマッチ30分1本勝負
 ビリーケン・キッド&○原田大輔&タコヤキーダー
 (11分10秒片山ジャーマン・スープレックス・ホールド)
 ×タイガースマスク&ブラックバファロー&ユタカ

              ※大阪プロレス公式HP及びメルマガより抜粋

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

原田の必殺片山でタイガースが...(汗)

平日を観ているだけじゃまったくもってタイガースの実力はワカラナイ。
でもラポンはたまらなく平日のタイガースが観たい。
posted by ラポン at 21:32| Comment(4) | TrackBack(0) | 大阪プロレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月18日

大阪夏祭りプロレス 8/18試合結果

090818ebessan.jpg

                     ※写真は過去の大会のものです

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

@20分1本勝負
 ○ロベルト田中
 (7分35秒変形逆エビ固め)
 ×タコヤキーダー

A30分1本勝負
 ×松山勘十郎
 (8分38秒ムーンサルトプレス→片エビ固め)
 ○小峠篤司

Bタッグマッチ30分1本勝負
 ビリーケン・キッド&×えべっさん
 (10分23秒満月の夜→片エビ固め)
 ○タイガースマスク&ブラックバファロー

              ※大阪プロレス公式HP及びメルマガより抜粋

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

観客161人!盛況ですなぁ♪
ラポンは大阪さん達出演の「おしゃれイズム」を録画をスポーンと忘れていたのですがその影響なんでしょうかねースゴいなー
posted by ラポン at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪プロレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月17日

くっちゃんマジック

0908016billyrobe.jpg

えーと、まだホリパラの写真は整理が付いてないので当日大会終了後にダイニングキッチンくっちゃんで開催された「くっちゃん魂2009」参加時の写真を小出しで。


内容については暴露っぽくなってしまうので自粛させていただくのですが、想い出に残るとても楽しいイベントでした。

感想としては初めて「ダイニングキッチンくっちゃん」に来店したときからラポンがずっと感じている、「自分のウチのように腰を落ち着けられる空間」のおかげで選手も含めて参加者みんながリラックスして時間を過ごしていたようです。くっちゃんの木の温もり恐るべし(笑)

Mアリではなぜか選手の前で構えてしまうラポンも気楽に周りと打ち解けて話す事ができました。
また迷惑を承知で長居したくなってしまいました...もちろん素直に帰りましたけど(笑)
(ハリケーン2009後のムリヤリ乱入の前科はコチラ→大阪ハリケーンという長い一日 −後編−)

尼崎市の塚口という事でMアリからは離れているのですが絶対行く価値アリですね。料理も海鮮を始め工夫いっぱいでホント(良い意味で)不思議な病み付き空間です。
もちろんイベントじゃなくてもオススメですよ♪
(お店の紹介ページはコチラ→DiningKitchenくっちゃん)

090816kuchan.JPG

とにかくビリーさん、秀ポン、ロベ君ありがとう♪
あなた達はホント最高です!

そして美味しい料理を出してくれたくっちゃんと従業員の方々、そしてイベントをスムーズに進行してくださった岡村さんとお手伝いしてらっしゃっていた奥様にも感謝感謝大感謝です m(__)m

0908016hide.jpg

写真はとりあえず当たり障りのないイベント終了後のもの。
あんまり枚数は撮ってないです。
ラポン本人もいい調子で飲んでいたのでアングルとピントに(冒頭の写真を含めて)適当感が漂っているのはご勘弁を。

まぁ秀ポンがこの時どのような状態なのかはご想像にお任せします(笑)

0908016hidepon.jpg

最後はまたまた秀ポン...フラッシュを焚いたのもあるんですが、コッチの方が非現実的な感じでお気に入りです。
posted by ラポン at 23:50| Comment(4) | TrackBack(0) | 大阪プロレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月16日

ホリパラ8/16試合結果

0908016tsubasa.jpg

                     ※写真は過去の大会のものです

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

@タッグマッチ20分1本勝負
 政宗&×タコヤキーダー
 (9分31秒片山ジャーマン・スープレックス・ホールド)
 小峠篤司&○原田大輔

A30分1本勝負
 ○秀吉
 (11分35秒スクールボーイ)
 ×松山勘十郎

B30分1本勝負
 ×ロベルト田中
 (4分48秒アウトキャスト→体固め)
 ○タダスケ

C3WAYマッチ30分1本勝負
 ○くいしんぼう仮面
 (9分21秒関空トルネード→片エビ固め)
 ×えべっさん

※もう一人はヨーネル・サンダース

D6人タッグマッチ60分1本勝負
 ○ビリーケン・キッド&ツバサ&アジアン・クーガー
 (14分46秒ベルティゴ→エビ固め)
 ×タイガースマスク&ブラックバファロー&ヲロチ

              ※大阪プロレス公式HP及びメルマガより抜粋

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

後付けでアップしてます(汗)
まずは結果だけ、雑記は後日というコトで。
posted by ラポン at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪プロレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サタナイ8/15試合結果

0908015billy.jpg

                     ※写真は過去の大会のものです

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

@タッグマッチ20分1本勝負
 ○アジアン・クーガー&三原一晃
 (10分32秒クーガーロック2号)
 ×タイガースマスク&ブラックバファロー

※タイガースから快勝したクーガーは9月6日新宿大会に予定が発表されたディック東郷とのタイトル戦に挑戦を表明。バファローは「伝えといてやるよ!」と言い残し去っていった。クーガーは「ディック東郷はユニバーサルプロレス時代の先輩や。シングルで対戦することをずっと狙ってた。必ず勝ってベルトを大阪に持って帰る!」と意気込みを語った。

A30分1本勝負
 ○松山勘十郎
 (10分23秒山門→片エビ固め)
 ×えべっさん

※えべっさんが勝てばくいしんぼうのボリショイへの告白を認めるという試合だが、松山が勝利。しかし、えべっさんの頑張りに心を打たれた松山はくいしんぼうの告白を認めることとなった。だが、くいしんぼうの今日の対戦相手はThe Bodyguard!!告白する前に生きて帰ってこれるのか!?

Bタッグマッチ30分1本勝負
 ○ビリーケン・キッド&タコヤキーダー
 (8分58秒マスク剥ぎ→反則)
 ヲロチ&×タダスケ

※8月23日府立でのマスカラコントラカベジェラ戦の前哨戦となるこの試合は、タダスケがビリーのマスクを剥ぎ取り試合終了。タダスケは「オレは8月23日府立でビリーのマスクを剥ぎ取り2代目ビリーケン・キッドとなる・・・わけねーだろ!!」とビリーを挑発。ビリーは「マスクを剥いだことを後悔させてやる!!」と怒りをあらわにした。

C30分1本勝負
 ×くいしんぼう仮面
 (7分59秒ラリアット→体固め)
 ○The Bodyguard

※くいしんぼうをサポートしようとえべっさんと松山がThe Bodyguardをお笑いワールドに引き込もうとする。くいしんぼうはThe Bodyguardに欽ちゃんジャンプを飛ばせるなどの頑張りを見せる。試合は負けてしまったが「これだけ頑張れればボリショイも落ちたも同然!」と松山はくいしんぼうの完全勝利を確信した。

D6人タッグマッチ60分1本勝負
 秀吉&政宗&×三原一晃
 (14分00秒片山ジャーマン・スープレックス→エビ固め)
 小峠篤司&○原田大輔&ロベルト田中

※8月23日のタッグ選手権の前哨戦となるメインでは原田、小峠が戦国を挑発。政宗を桃の青春インパクトで叩き落すと原田が三原にジャーマンを決め勝利!試合後、小峠は8月23日の選手権の勝利をアピールした。

              ※大阪プロレス公式HP及びメルマガより抜粋

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

内容的にはかなり盛りだくさんなサタナイだったですねぇ

それにしても期待してしまうのが東京での大阪プロレス選手権!クーガーさんの晴れ舞台!
...また横やり入らないよね(汗)

正直なところ府立のメインよりも精神的に楽だなぁ
posted by ラポン at 01:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪プロレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月15日

今週の大阪さん

090815sengoku.jpg

−−−−−−8月15(土) 「SATURDAY NIGHT STORY」−−−−−−

D秀吉&政宗&三原一晃
     vs
 小峠篤司&原田大輔&ロベルト田中

Cくいしんぼう仮面 vs The Bodyguard

Bビリーケン・キッド&ミラクルマン
     vs
 タダスケ&ヲロチ

A松山勘十郎 vs えべっさん

@アジアン・クーガー&タコヤキーダー
     vs
 ブラックバファロー&タイガースマスク

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◎ラポン的見どころ : メインは大阪府立を前に戦国タッグと桃の青春タッグの前哨戦。人気だけでなく実績的にもタイトル奪取の機運が高まってきた青春タッグに対して戦国はここで出鼻をくじく事ができるか。
直球なファイトスタイルの秀吉に変化球で攻める政宗という隙のない布陣の戦国タッグ。今までの対戦相手がそうしてきたように両者を分断しなければその牙城は崩せないだろう。
その闘いの渦中に入れられたロベルトと三原の頑張りにも注目だ。

セミは意表を突く異色シングル。これは大阪府立でのボリショイキッドへの告白に向けて、くいしんぼうが自らに課した試練なのか。
くいしんぼうのやる気は色んな意味でボディガーの潜在的な部分を引き出しそうだ。

第3試合のカードに関してはミラクルマンが欠場する事が濃厚(ミラクルマン奇跡の兜 → http://blog.livedoor.jp/miracleman/archives/51705360.html)なだけに確定的ではないが、ビリーとタダスケがマスカラコントラカベジェラを前に火花を散らす事となるだろう。
今までに無く冷徹に勝利を目指すと宣言しているビリーだけに、この試合でもタダスケに対して容赦ない攻めを見せそうだ。

第2試合は先週の予告どおりえべっさんがボリショイへの愛の告白をくいしんぼうにさせるべく勘十郎打倒に立ち上がる。
くいしんぼう本人はともかく外野の方まで熱くなってしまっている感があるこの一戦。勘十郎の大人気なさか、それともえべっさんのお節介か、どちらにしろ観客は置いてけぼりかもしれない。

オープニングマッチのタイバファの相手は流動的だが府立では長州力と対戦する事が決まっているだけに何かしらのアピールがありそうな予感だ。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

090815cooger.jpg

−−−−−−8月16日(日) 「大阪HOLIDAY PARADISE」−−−−−

Dアジアン・クーガー&ツバサ&ミラクルマン
     vs
 タイガースマスク&ブラックバファロー&ヲロチ

Cビリーケン・キッド&くいしんぼう仮面
     vs
 えべっさん&三原一晃

Bロベルト田中 vs タダスケ

A秀吉 vs 松山勘十郎

@政宗&タコヤキーダー
     vs
 小峠篤司&原田大輔

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◎ラポン的見どころ : メインは本来はムチャルチャムチャだったのだがこれは変更される可能性が高い。
どちらにしろLOVが相手なだけにホリパラのメインとしては激しさを前面に出したものとなりそうだ。

その代わりセミはビリーを交えたユニークマッチが組まれている。くいしんぼうとえべっさんというキレを誘発しやすいキャラに囲まれて、この試合が府立を前にビリーへの一服の清涼剤となるのか否か。
三原一晃としてのユニーク参戦がどういった味付けになるのかも楽しみだ。

前半3試合はメインの絡みで変更されるのかもしれないが第3試合は興味深い一戦だ。
ロベルトとタダスケの一戦はロベルトの修行出発前に組まれた時はタダスケの勝利で先輩越えとなった。
この試合でお互いの成長ぶりを見せ付けたいところだが、ここに来てスタイルの違いが明確になってきているだけに手段を選ばぬタダスケが悪の華を咲かせる結果となってしまうのか。

第2試合は「和」のテイスト溢れるユニークマッチ。秀吉のパワーか、それとも勘十郎の策略か。心理的陽動に弱い秀吉だけに勘十郎ワールドにどっぷり浸かってしまうことだろう。

オープニングでは政宗が青春タッグ相手に連日の前哨戦。タコヤキーダーがここで意地を見せられるかどうかに期待を寄せたい。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

更新がほとんど週刊状態ですが、ブログの大先輩から「せめて試合結果くらいアップしなさい!」と叱られた(少々誇大表現)ので時間をちゃんと作って行こうと思います。

観戦記も1試合ずつくらいはこまめにやっていかないとなぁと反省しきり。あとは短い時間でできる事...アレを復活させるしかないか。
posted by ラポン at 16:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の大阪さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログのトップに戻る
pwrtitleb3.jpg

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。