2008年06月11日

妄想タッグフェス(2)

0080611sengoku.jpg 0080611uandg.jpg

一回戦の続きだす。
頭の中ではタッグフェスが開幕しております。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◎ 「大阪タッグフェスティバル2008」1回戦30分1本勝負
  ミラクルマン&くいしんぼう仮面 vs 小峠篤司&タダスケ


21日の多分セミになるだろうU&GとB&Gの一戦。
前回小峠にフォールされてるから、ミラコーさんとしては絶対お返ししたいよな。
でも勝負に時の勢いがあるとしたら、B&Gに新加入の小峠とその勧誘者のタダスケのチーム。U&Gチームはくいしんぼうのシリアス実戦勘も心配だし。
実際くいしんぼうのキラーモードって見たことないんだよね。引き出した怖さでどこまでB&Gチームを追い込めるか。
ミラコーさんはここ最近のシリアスの集大成を見せてくれるだろうけど、タッグだから一人だけの執念だけではどうにもならない部分があるから。

展開は、序盤はゴングと共にU&Gが急襲でタダスケを攻める→中盤は一進一退の攻防→終盤にミラクルが小峠を追い込むもタダスケが連携で分断して混戦

関空トルネードが決まればU&Gに勝機。決め切れなければくいしんぼうに照準を合わせてB&GがスピードでU&Gをかき回してラッシュ。
ゴツゴツとした当たりの強い内容になりそうだから、クライマックスは意外と早く訪れそう。混戦に乗じての一瞬の技なら小峠のドラッグスターやマグザムが有効だろうから、

ミラクルマン & ×くいしんぼう仮面 (14分21秒 マグザム→体固め)小峠篤司○ & タダスケ

と見た。ミラコーさんゴメン。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◎ 「大阪タッグフェスティバル2008」1回戦30分1本勝負
 秀吉&政宗 vs ゼウス&原田大輔


メインと思われる戦国vsB&G、これ難しいよ。
しかもタッグフェス後に遺恨として残りそうな一戦。パワー&テクニック(原田もどっちかって言うと...)のバランスの良いチーム同士だよね。
ゼウスの負傷がどの程度癒えてるかが鍵になりそう。戦国がかわるがわるウィークポイントを攻めてゼウスが失速するとB&Gチームは大ピンチ。
受けに回ったゼウスをフォローして、原田が決定力のある技を出せれば終盤にチャンス。ペースを握られたら戦国はなかなか離してくれないけど。

展開は、序盤は両者のパワー&テクニック合戦→中盤はゼウスの戦闘不能を狙って戦国の連携→終盤B&Gが巻き返すも原田が孤立

秀吉がゼウスを止められれば、タイトルマッチで修羅場を潜り抜けた政宗が原田を翻弄してリング上を支配。
大阪プロレスコントロール宣言を貫くべく、

秀吉 & ○政宗(20分58秒 雷切→体固め)ゼウス & 原田大輔×

でB&Gを粉砕。ゼウスが完調ならどう転ぶか分からないけどタッグは経験とコンビネーションですから。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

素敵な反対意見をお待ちしております。

準決勝と決勝は日付変わってからのアップという事で。
週プロを読みふけってて遅くなっちゃったです。

posted by ラポン at 23:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 大阪プロレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
またまた反論しましょう!
最初に断っておきますが本来の予想はラポンさんに限りなく近いんです。
さてと、小峠.タダスケ組いったん調子づくと手に負えないチームになりそう。なにより若さが弾けてますね。ですが、あまりにチームキャリアがなさすぎます。阿吽の呼吸までには到達してないでしょう、個々の力量でもユニーク軍のシリアスモードが上回ると思います。キャリアからくる駆け引きにも小峠はまだしもタダスケは振り回されそうです。昨年のタッグフェスでのユニーク軍の戦いをDVDで見た感じからでもユニーク軍の勝ちは間違いないと思います。この予想だけはラポンさんと真面目に違いますね、後の予想は被ってますが(笑)ミラクルさんにはIMPまで期待させて欲しいんですよ。無駄になるかもしれない着替えを持参して、もしかしてビール掛け?なんて楽しみたいです。

戦国VSB&G、これは気持ち的に反対意見はでませんな〜。戦国の優勝を見届けたいが為にIMPに行くんですから躓きは駄目でしょ!ここは余裕こき準決勝へ駒を進めるべきです。ただ相手はくせ者だから気を引き締めて戦わないと足元すくわれますからね、原田は正規軍とバッドフォースの対抗戦で政宗さんからフォールを奪ってますしゼウスは天王山でタイガースさんに負けるまで自身はピン取られた事なかったからね。そしてチーム結成してからコンビネーションも日進月歩。本当は怖いチームです。でーも戦国は勝ちますょー!

昨日は暴走したコメントでしたがラポンさんの妄想も、そうきたか!って感じで楽しませていただきました。私も王子の戦国入りに大賛成です。なんか今の王子どっか燻っている気がしてなりません。一皮むけて強くなるためにも戦国入りは必要かと真面目に思います。
リングでは、うざキャラ演じてもリングをおりたら大阪プロレス一の好青年ですもんね。彼には本当に強くなってトップを狙って欲しいんですよ。

今週のカード背景、かなり見やすくなりました。
勘十朗さんホラーっぽいです。あの人に足りない恐さが滲んでます(笑)
タッグフェス対戦表が有るのは嬉しいですね。
週刊ラポンは今週は休刊ですか?急かしてないっすよ〜書いてみただけ。
Posted by さぬきうどん at 2008年06月13日 15:31
>さぬきうどんさん

迎撃(笑)
ミラくいvs小峠タダスケ。自分は実力的にはかなり伯仲してきてるかなと。
それはB&G結成以来、常に最前線で闘ってきたタダスケがキーポイントだと思うんです。
実際、実力の伸びしろで考えたら小峠タダスケが大阪プロレスで一番。
じっくり腰を据えての試合運びならミラくいが断然上でしょうが、そこはトーナメントの魔物。若さと勢いが押し切りそうな気がするんです。
とにかくタダスケ。小峠を加入させた手前、予想以上の力を発揮すると思います。

本当はミラコーさんに勝って欲しいんですよ、ホント。
ビールかけとか素敵だし。

戦国、怖いのは慢心。普通に闘えば決勝までは間違いないはずですよね。

王子にはとにかく活躍の場を広げて欲しい。他の若手に置いてけぼりなんてもったいない。もし王子が積極的に動いたらあり得るかなぁって妄想しました。
タコヤキーダー頑張れ!

週刊ラポンはなんとか創刊2号を発行です(汗)
Posted by ラポン at 2008年06月14日 03:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ブログのトップに戻る
pwrtitleb3.jpg

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。