2008年06月28日

今週の大阪さん(2)

0080628harada2.jpg 0080628harada.jpg

−6月29日(日) 「大阪プロレス物語#42 大阪タッグフェスティバル2008決勝戦」−

大事なIMPのオープニングをシングルで任された三原選手。ここは当たって砕けろバファさん焦らせろ。みんなは温かく見守ってるぞ。

第2試合は個人的にはメイン級カード。今回はB&Gがメイン飾るけど、やっぱり王子が殊勲を懸けてIMPのメインに立つ日が待ち遠しい。
その布石の為にも王子にはここらあたりで自分の為のアクションを起こしてほしい。もう新生大阪プロレスの中では新人以外は横一線って空気になってるし。
それに試合後はタイガースが正規軍入りを戦国に詰め寄り新たな局面を迎えそう。
果たして答えは...?

第3試合のタッグフェス準決勝はありそうで無かったB&Gとハッスルの直接対決。
最初はハッスルチームに頑張ってもらいメインの若手対決を阻止してもらってB&Gのさらなる奮起をって言いたかったトコなんだけど...。
ここにきて考えが変わってきた。
なんかハッスルのゼウス乱入に対する最近の扱いは首傾げる。
それに金曜日にやったサムライTVの情報番組SアリーナにTAJIRIがゲスト出てたけどタッグフェスへの意気込みはまったくもってビミョー。「そういえば日曜日ゼウスと当たるんでした」みたいな発言。
TAJIRIの頭はハッスルGPだけなのか?
なんか考えてたらムカムカしてきた。
タッグフェスは大阪プロレスの選手全員が全精力を傾けてやってんだぞ。
その言葉がTAJIRI流のポーズにしたって随分と大阪プロレスファンを挑発してくれるじゃないですか。
そんな意気込みのヤツに大阪プロレスの歴史に名を刻ませんぞ。こりゃB&Gに成敗してもらわないかんかもってすっかり反旗。
こうなったらゼウス&原田にハッスルどもの視線をムリヤリでも向けてもらおうじゃないですか。
ゼウスのハッスルへのシバキ宣言を熱烈応援。
KUSHIDA悪いけど痛い目あってくれたまえ。
TAJIRIには存分に悔しがってもらわんと。

ってコレはすでにTAJIRIの術中か?

セミファイナルは何も言う事ありません。伝統芸能withツバサ、存分に見せていただきましょう。
ワガママ言えば新たなる大阪お笑い選手権を狙う刺客...出てこないかな?

メインにはタッグフェスを巡るモヤモヤを吹き飛ばすファイトを望むだけ。
いろいろ勝手に予想したりもしたけど、選手の頑張りが生む未来予想図をぜひ見届けようじゃないですか。
誰が優勝するにしろそこに説得力があれば文句ない。
プロレスやっぱり最後は試合で語るもんだしね。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

でも...やっぱり4月のIMPと比べちゃうと寂しいなぁ。
前回はデルフィン軍団揃ってたから余計だけど。

ここは参加選手が少ない分、夢をいっぱい見せてくれる大会にして欲しい。

posted by ラポン at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の大阪さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ブログのトップに戻る
pwrtitleb3.jpg

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。