2008年07月25日

プレジャータイム −後半戦−

080725op.jpg

タイガースが応援に来た瀬戸口選手の家族を紹介して入場式はなごやかムード。
しかし闘いとなれば話は別。彼らは激闘・感動・爆笑を全力で繰り広げる。
そして、それを観た者こそが大阪プロレスの真髄を知りえる。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

大阪プロレス 7月20日(日)デルフィンアリーナ大会

「大阪HOLIDAY PARADISE」

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

第4試合タッグマッチ30分1本勝負
ビリーケン・キッド&政宗 vs 小峠篤司&原田大輔

080723401.jpg 080723402.jpg

大阪プロレスタッグ挑戦の実績を持ちコンビネーションにも長けたB&Gの小峠と原田。対するビリーと政宗の間に流れる空気は微妙。まずはビリーを押しのけるように政宗が先発。対する原田と恒例のじっくりとしたプロレスを繰り広げてゆく。

080723403.jpg

入れ替わり出て来たビリーと小峠はルチャ的なムーブで違う味を見せる。小峠の高速ロープワークからのレッグラリアートがビリーにヒット。小峠が出てきて二人がかり、コーナーのビリーへトレイン攻撃でペースを掴む。それでもコーナーで見つめる政宗の目は冷静。

080723404.jpg 080723405.jpg

ここから試合は場外戦へ。政宗と原田は2階席をも巻き込んで乱闘。政宗は原田を1階に突き落とそうとするが失敗。しかし固い床へのブレーンバスターでダメージを与えることに成功。

080723406.jpg

一方リング上ではビリーが小峠に屈辱の攻撃。両腕を固めて顔面をいぢくりまわす。「みなさんいいんですか〜?アツシの顔が大変なことになってますよ〜」とリングサイドの小峠ファンの「アツシー!」という声援に対して散々な挑発行為。

080723407.jpg 080723408.jpg

続いてビリーは観客の声援に応えて対角コーナーで連続ビリンコバスター。小峠は息が詰まって苦悶の表情。

080723409.jpg 080723410.jpg

小峠の孤立状態が続く。政宗までもが小峠ファンの声援に触発されるように小峠の顔を踏みつけてのいやらしい攻撃。ビリーの「顔はやめときな。ボディボディ!」というリクエストに政宗はバックドロップからトペ・アトミコ投下。

080723411.jpg 080723412.jpg

代わったビリーは小峠に風車式のストマックバスターからセントーンとボディ狙いを実践。巧みなスイッチワークの前にコーナー釘付けの原田に対して政宗は「オマエの顔はグチャグチャにしてやるからな」と挑発。そこにビリーは「もうグチャグチャだよ」と爆笑合いの手。

080723413.jpg 080723414.jpg

なおもコーナーで攻め立てられる小峠だったが串刺し攻撃を蹴りで迎撃。やっと反撃の糸口を掴む。

080723415.jpg 080723416.jpg

小峠は政宗を捕まえると華麗な人工衛星スイングDDT。窮地脱出の小峠はようやく原田にタッチ。

080723417.jpg 080723418.jpg

意気込んで政宗をタックルで吹き飛ばす原田だったが、そこにビリーが入ってきて再び劣勢。しかしWのクローズラインを切り抜けた原田は連続タックルで反撃。ビリーをコーナーに追い詰めタックル&串刺しドロップキックと気を吐く。

080723419.jpg 080723420.jpg

なおもチョップ連打で攻める原田だが、ビリーはうまく避けてリバースのアトミックドロップ。そして大技解禁のライガーボム。しかしこれは小峠が寸前でカット。

080723421.jpg 080723422.jpg

代わった政宗はその小峠をアンクルホールドに捕獲しようとするがロープに逃げられてしまう。小峠はソバットで政宗を倒してライオンサルトで追撃。

080723423.jpg 080723424.jpg

政宗の張り手と小峠のエルボーの打ち合い。気迫で立ち向かう小峠だったが政宗はそれを捕まえてのコンプリートショット。

080723425.jpg 080723426.jpg

政宗はビリーと再度の連携。小峠をWのブレーンバスターで倒してから再びロープに振るもこれはまとめてドロップキックでお返しの小峠。場外に逃れた二人に小峠はトペコンヒーロを放つ。

080723427.jpg 080723428.jpg

リング上はビリーと原田。ビリーのラリアットからのフォールを返した原田はお返しとばかりに充分にアピールしてからパワーボム。

080723429.jpg 080723430.jpg

さらに見応えのある攻防が続く。ビリーがソバットを見舞えば原田は膝を突き上げて対抗する。そこから原田得意のハーフハッチスープレックス。

080723431.jpg

休まずホールドされたままのビリーに小峠がスワンダイブのボディプレス。ここに来てB&Gのスピード感ある連携が出始める。

080723432.jpg 080723433.jpg

しかし羽交い絞めにしたビリーへの小峠のスワンダイブミサイルキックは誤爆。そのままビリーは出て来た政宗とWのパワーボムで小峠を追い込む。

080723434.jpg

続いてビリーが小峠を断頭台に固めると、そこに政宗の斬首が炸裂。最初は反目していたように見えたビリーと政宗の連携が冴えわたる。

080723435.jpg 080723436.jpg

なんとか反撃しようとエルボーを打ち込む小峠だったが政宗はそれをかわしてバックドロップホールド。しかしこれは原田がカット。

080723437.jpg 080723438.jpg

チャンスと見たビリーは原田を分断。政宗は小峠を引き起こすと必殺の雷切。小峠さすがに返せず3カウント。

080723439.jpg 080723440.jpg

最後は目を合わせないながらも握手のビリーと政宗。この試合で通じるものが見えてきたか。
かたや敗れたB&G小峠と原田。ベテランのインサイドワークの前に勢いを削がれた格好だ。盛り返しを見せ始めた正規軍を前に劣勢を覆せるか。若き試練は続く。

ビリーケン・キッド&○政宗(18分38秒 雷切→片エビ固め)小峠篤司×&原田大輔

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

第5試合タッグマッチ60分1本勝負
タイガースマスク&ブラックバファロー&くいしんぼう仮面 vs 松山勘十郎&ミラクルマン&×えべっさん

080723501.jpg

それぞれのテーマ曲で選手入場。早くも重症なテンションのタイガースはコーナーに置かれたベ○ースターラーメンを獲物を見る眼で威嚇。

080723502.jpg 080723503.jpg

先発はミラクルとくいしんぼう。くいしんぼう軽やかなステップワークでリング上を駆け巡る。やりにくそうなミラクルは手四つを要求するがくいしんぼうは高々と手を上げる。
ミラクル「普通にやれや!大きな選手じゃないやろが!」

080723504.jpg

そして恒例のブリッジ合戦。まずはミラクル「このパターンあんま好きやないんや〜!」と言いながらも見事なブリッジ。

080723505.jpg 080723506.jpg

次はくいしんぼうの番...なのだが全力で嫌がるくいしんぼう。
「踏ん張んなやぁ!」の叫びも虚しくまたもブリッジ体勢に持っていかれるミラクル。
「やっぱオレかよ〜!」「あっさり返すなぁ!」などミラクルの悲痛なボヤキに場内大爆笑。

080723507.jpg 080723508.jpg

その手四つのままミラクルとくいしんぼうは軽やかなダンスに突入してキメ。
そしてお互いを称え合うどうしようもない二人。

080723509.jpg 080723510.jpg

両陣営タッチしてタイガースとえべさっん。「でやぁ〜!」と奇声を上げてタイガースのキックそしてボディスラム。タイガースはコーナーに駆け寄ると「お菓子を持ってこい!」と一人でベ○ースターラーメンを持ちコーナー上。しかしここはえべっさんがコーナーから叩き落したので何をやりたかったかは謎。「タイガース!」と叫ぶバファロー。そんなに心配せんでも。

080723511.jpg

ここからは華麗なロープワーク。と行きたいところだがお互い同じムーブを繰り返して驚くほど噛み合わない。リープフロッグも両者飛ぶ予定なし。「いやいやいやー」違うでしょとツッコミも二人。

080723512.jpg 080723513.jpg

「何をしてはんねん!?」とタイガース。「同じ事したらアカンがな!」とえべっさん。
お互いが「なんや!」と小突きあって関係悪化する二人。そして「オイ!」「オイ!」と胸をどつきあい始める二人だがそれすらも噛み合わない。
仕方がないのでやり直し。「オイ!」「オイ!」と次第にリズムが合ってきて...。

080723514.jpg

「UFOッ!」場内爆笑と歓声。

080723515.jpg 080723516.jpg

なぜかダメージを受けてその場でダウンのタイガース。
えべっさんは「タイガースよ、これだけは言っておくぞ!」とだけ言い残して勘十郎にスイッチ。あまりの寸止めぶりに続きが気になるタイガース「言えや!」「言えやオイ!」と固執しまくる。釈然とせずにタッチするタイガースにバファローは「タイガース!出にくい!」とマジ顔で嘆く。

080723517.jpg 080723518.jpg

「えべっさん!今のがプロレスか!?」と自分を棚に上げる勘十郎は「拙者はこのバファローと熱いプロレスをやってやるよ!」と宣言。
これにバファローが「オレもそっちの方がありがたい!プロレスをやろー!」と棒読み気味に賛成して試合再開。しかし一時の攻防から予想通り脱線。「以上、プロレスでした。いざぁー!」とロープ渡り。

080723519.jpg

蝶々役はミラクル。コーナー上で「こいつは春から縁起がええわい!」とダイブしてバファローをホイップ。
「参ったかぁー!」見栄を切ってみせる勘十郎。

080723520.jpg 080723521.jpg

ここから再びリング上はミラクルとくいしんぼうの伝統芸能。お互いが「アッ!」と気をそらそうとしてグーパンチを食らう。なぜかミラクルにだけ非難のブーイング。
「なんでオレだけやねん」とミラクル。

080723522.jpg

続く欽ちゃんジャンプで全員を翻弄したくいしんぼうはミラクルをコーナーに逆さ吊り。そして救援のえべっさんを捕まえるとコーナーを使った股裂き攻撃。当然股の中央はミラクルの顔へ。しかも瀬戸口選手の家族にまで引っ張らせてミラクルに股間がグイグイ。

080723523.jpg 080723524.jpg

ここで流れる瀬戸口ナレーション「やれやれ、これで弟も良い大阪みやげになっただろう。欠場中の今の俺にできるのはこんな事くらいだ。弟よ、ヤクザな兄貴を許しておくれ。♪どーせおいらーはヤクザーな兄貴...♪」と「男はつらいよ」のテーマを歌い始める。
あまりのシュールっぷりにキレたくいしんぼうがスライディングキックで強烈なツッコミ。
それを勘十郎がハリセンでツッコミ。続いてタイガースにもロープへ振って一撃。

080723525.jpg 080723526.jpg

そのハリセンを奪ったバファローは勘十郎の大事な生え際にフルスイング。思わず睨みつける勘十郎。
バファローぷちっと切れてハリセンを投げ捨てる。

080723527.jpg 080723528.jpg

今日のビンタ合戦はバファローvs勘十郎。お互い自慢の長髪をバッサバッサとアピールしまくってからゲームスタート。
まずは勘十郎の一撃目がヒット。

080723529.jpg 080723530.jpg

しかしここから見切りまくりのバファローがビンタの嵐を浴びせる。ロープにもたれて「ナゼ?」と納得いかない勘十郎。

080723531.jpg 080723532.jpg

ならばとバファローのラリアットを避けて「豚の角煮ぃー!」と反撃の勘十郎。

080723533.jpg

さて宴もたけなわ、両軍出てきて足を固めてシーソーのお約束ムーブ。

080723534.jpg

ここまではほぼおなじみメンバー。痛いのかどうかは不明。

080723535.jpg

そしてトドメはバファローがカニカニ歩きの愚乱浪花ムーブで登場。

080723536.jpg

そのバファローが輪に潜り込んでフォール完成、場内大歓声。
バファロー「タイガース!言われた通りやったらウケたぞ!」と大喜び。

080723537.jpg 080723538.jpg
さて今度はくいしんぼうとえべっさん。くいしんぼうは串刺し攻撃でえべっさんをダウンさせるとコーナーに上がりタイガースにダイビングのアピール。
タイガース「オッケー!スーパーフライ!」と了解、ボディスラムでえべっさんをリング中央へ。
しかしくいしんぼうは納得いかない様子で追加指示。もっと遠くへ置けとの事らしい。

080723539.jpg

タイガース「もっと遠くへ?頑張んなぁー」と言いながら次々と指示に従ってゆくと、ついにはえべっさん反対コーナー。
「なんか秘策でもあるんですか!?」と驚くタイガースにくいしんぼうは傘を持ってくるように最終指示。

080723540.jpg 080723541.jpg
傘を開いて飛距離を延ばそうとするくいしんぼうに「パラシュートと違うからムリやでぇー!」と必死にツッコむタイガース。
タイガースの「誰かいないか!誰か止めてくれー!大きな事故になるー!」の叫びに「3年B組!金八先生ー!」と勘十郎が入ってくる。
すでに暴走に暴走が重なって玉突き事故状態。

080723542.jpg

「オマエ、クラスメイトが一所懸命止めてくれてるんだろうが!いいか、先生これだけは言っておくぞ!オマエが死んだら先生泣くぞ!」勘十郎の必死の説得に傘をたたんで降りるくいしんぼう。オチが見つからず流れる微妙な空気。
ミラクルの「もうええか?」の声にうなづく勘十郎とくいしんぼう。あきれて「ハイ!次!次!」と進行係のミラクル。

080723543.jpg

次はヘッドロックでごっつんこ。誰が犠牲者なのかまったくもって不明の混乱ぶり。

080723544.jpg

全員ダウンでカウントが入る。カウント2.9で一同起き上がって「フゥーッ」と一息。

080723545.jpg

ここでついにミラクルのカンチョーが解禁。タイガースにジャストミート。タイガースは「ハハハ、ハハハ、ハハハハハ」と乾いた笑い声を上げながらリング上を周回する。

080723546.jpg 080723547.jpg
「いつまでそんな手を使っているんだ。そんな事でこのワタシが倒せると思っているのか?」と自身ありげのタイガース。
「いい機会だ。ワタシの護身術でオマエの鼻をへし折ってやろう」とタイガースが宣言するとドコからか電車の音がガタンゴトンと流れてくる。ミラクルが吊り革に掴まっているポーズのタイガースにカンチョーをしようとするとその手を捕まえて「この人チカンですぅ!」

080723548.jpg 080723549.jpg
このシュールな勢いに任せてタイガースムーブが続行。160kmチョップからランニングホームランが成功して観客一同「セーフ!」

080723550.jpg

今度は「いくぞ必殺技!ホームスチール!」と叫ぶタイガース「リー!リー!」とチャンスをうかがう。

080723551.jpg

しかし思いっきりハズレ。観客一同「アウト!」

080723552.jpg

ここでミラクル反撃開始。タイガースをボディスラムで投げて「よっしゃドライバー!」とミラクルドライバー宣言。しかしタイガースはコロコロと場外へ。
ならばとバファローをボディスラムで投げて「よっしゃドライバー!」...以下略。
そしてくいしんぼうはミラクルを素通りして場外へ。場内爆笑。
しかたなくミラクルはトボトボとコーナーに向かい場外ダイブのアピール。

080723553.jpg 080723554.jpg
しかしそこにえべっさんがプランチャ、勘十郎がトペ・スイシーダ、くいしんぼうがラ・ケブラーダ。「ワシのカッコエエとこは!」とミラクルはキレ気味で吼える。

080723555.jpg 080723556.jpg

ミラクルは正面からのカンチョーでタイガースを捕まえるとくいしんぼうを捕まえた勘十郎と連携。中央に振って激突させようとするがタイガースの「ワタシ上!アナタ下!」の指示で避けられ逆に攻撃を受けてしまう。
そして逆に振られるミラクルと勘十郎。「ワタシ上!」とミラクル。「上!上!」と勘十郎。当然のように空中で大激突。4人はそれぞれ場外へ。

080723557.jpg 080723558.jpg

ここでバファロー「やったるぞー!」と吼えてえべっさんにバックドロップ。続いて観客をあおってから渾身のラリアットを浴びせてフォール。えべっさんは大の字になっての3カウントで突然の幕切れ。

080723559.jpg

勝ち名乗りの3人。くいしんぼうはガッツポーズ。「やはり我々3人が揃えば怖いものなど無いわー!」とマイクのタイガース。

080723560.jpg

「やはり我々3人で大阪プロレス天下統一という事で...ハッ!えべっさん!?」大の字のえべっさんに気付くタイガース。

080723561.jpg

「これはもはや余命いくばくも無い!えべっさん!事切れる前にお客さんに何か一言を!」えべっさんに駆け寄りマイクを向けるタイガース。

080723562.jpg

「♪空に消えてった打ち上げ花火♪...」ガクッと事切れるえべっさん。
「えべっさーん!それジッタリンジンじゃないですかー!誰も分からないですよえべっさーん!もうすぐ夏祭りプロレスが始まるってこと言いたいんですかぁー!えべっさん遠い遠いそれ!」説明口調で嘆きまくるタイガース。

080723563.jpg

「しかもえべっさん!?今日はえべっさんが奇跡的に息を吹き返さない!誰か衛生兵!衛生兵はどこかー!」タイガース慟哭の叫び。
ここで瀬戸口選手が入ってきて「エイッ!」とやるとえべっさんの意識が戻る。
タイガースは感動のあまり「この人命救助は弟さんを通じて鹿児島の瀬戸口選手のご両親に伝えられることでしょう!」と猛烈アピール。

080723564.jpg 080723565.jpg

ニッコニコのバファローに息を吹き返したえべっさん。勘十郎がマイクで「いよいよ夏祭りプロレスが始まります!夏休み期間中ほぼ毎日このデルアリで開催しております。我々レスラー一同心よりお待ちしております!」と締め。

080723567.jpg 080723568.jpg

興奮気味のタイガースはベ○ースターラーメンとリング下に隠してあった氣ボールを持って退場。
最後まで笑いっぱなしのメインイベントは知ってしまったらもう虜。日常のストレス、大阪プロレスで癒してみてはいかが?

タイガースマスク&○ブラックバファロー&くいしんぼう仮面(17分30秒 ラリアット→体固め)松山勘十郎&ミラクルマン&×えべっさん

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ユニークを再現するのはムリですな。時間かけてみたんですが、どう頑張っても面白さは伝えられません。ボキャブラリが足りないのもあるんですが。
でも映像でで見たとしても100%じゃないと思うんだよね。ユニークの魅力はその空間の雰囲気、空気感、ライブ感。
やっぱりデルアリに行くしかないですね。
というワケで今週はサタナイの日が外せない仕事なので日曜日のホリパラに2週連続。メインはビリーの復帰後初のホリパラユニーク。
でも秀吉のタイトルマッチ見たいなぁ。観に行けなくても応援してるよ。
posted by ラポン at 23:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 大阪プロレス観戦記2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
たっぷり楽しませてもらいました!疲れた〜(笑)こんだけの記事を作るラポンさんに最敬礼です!お疲れ様です。
お笑いプロレスは百聞は一見に如かず、これしかないと思います。とにかく一度見てくださいです。私だって見る前は、「ふざけんな!まともなプロレスできないんか!そんな事やってるからプロレス人気が衰退するんじゃ!」と見てもないのに批判的であり完全に受け付け不可能なアレルギーだったのが、一度見て虜です(笑)今じゃ楽しみでしかたない。
セミの政宗さん、ビリーさんのタッグは華があって強くて魅力たっぷりでした。二人が組んでのタッグタイトルマッチも見たくなりました。
二週間連続のホリパラなんて羨ましい!今度、お会いしたら首絞めてもいい?できたら刀狩りとか(笑)冗談さておき観戦レポ、楽しみにしています。
Posted by さぬきうどん at 2008年07月26日 14:12
>さぬきうどんさん

スイマセンf^∀^;
携帯で見てもらってる方には閲覧ツライかもしれないです(汗)
自分的に観戦アルバム作ってる感覚なんで写真載せられるものは全部載せてるワケで...。
一度PCの方でもご覧ください。かなり印象違うと思います。

セミもメインも別の意味で素晴らしかったですよね。やっぱりシリアスとユニークがあってこその大阪プロレスですね。片っ方だけじゃ物足りない。
もちろん今週のサタナイメインみたいな純度100のシリアスもいいですが。
だから大阪プロレスが魅力的であるかぎりどんな障害があろうと積極的に連チャンしますよ。
でも刀狩はいやん(笑)
まあ、これだけ観戦できるのは一人もんなんで身が軽いってのもあるかと。
それに今回はペン子が行きたいと行っていたので休み合わせたんです。一日前にしてくれれば良かったのに。
まぁペン子もタイトルマッチ見れなくて悔しがってましたが。
サタナイに負けない観戦記にできるようにしっかり写真撮ってきます。
Posted by ラポン at 2008年07月27日 09:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ブログのトップに戻る
pwrtitleb3.jpg

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。