2008年08月05日

お絵かき道場(11)

kan10ro.jpg

おめめパッチリ(メイク失敗)の松山勘十郎。

「千両役者」と書いてクマドリを描いてしまえば何でも勘様にみえてしまうというのは事実です(笑)
毎回気分によってお絵かきのタッチが違うのもご愛嬌。

さてその勘様は今月16日にパンクラスミッション冨宅さんと大阪お笑い選手権試合。先々週のホリパラでシングルは経験済み(詳しくはコチラ)で、冨宅さんは「UWF」のキーワードに反応して暴走、勘様をボコボコに。
実はこの一戦、冨宅さんのUの技術と勘様のメキシコ土産のジャベ等の経験もあって、ユニークを廃してやったらかなりスゴイ試合になるかもです。まーそこをユニークでやるのが大阪プロレスの醍醐味なんでしょうが。

果たして勘様は苦手意識を克服して大阪お笑いチャンピオンの座を守りきることが出来るのでしょうか。最初から最後までクライマックスでお願いしますよ。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

日曜日の愛プロレスパークの写真を編集中です。ただし映画を観に行ってましたんであまり進んでません。明日には前半戦だけでもアップできるかな?

その映画ですがナイト・シャマラン監督の「ハプニング」を観て来ました。
感想は...らしくないなぁ。新作が出るごとに表現方法が悪くなってきてるのは気のせい?

※以降は基本的にネタバレしてませんが観る予定の方は読まないほうがいいかも。興味のある方は続きをどうぞ。

最初にテーマありきで「サスペンスだけど最後に感動する物語」にしたかったんだろうけど、そこに行き着くまでのサスペンスでつまづいてしまって自己満足になってる感が。
いつもなら全編にちりばめるシャマランチックな伏線アイテムも(多分)なし。本当にシャマラン監督の作品なの?
「サイン」と作品の感覚が似てるけど比べ物にならない。「サイン」は非現実の中に現実感を抱いた。かたや「ハプニング」の方はリアルなストーリーなのにブラウン管ごしにノーカットの報道ドキュメントを見てる感覚の襲われた。それは音楽が原因なのか、それとも淡々としたウォルバーグ氏の演技が原因なのか。
ハプニングの原因についてのビジュアライズも問題かと。誰もVFXを駆使しろとは言わない。でも20世紀末のこの手の映画の方が陳腐な表現の中にも雰囲気があった。ストーリーより大量の犠牲者ばかりが印象に残ってしまったかも。

新作を楽しみにしてるだけにチョット残念。題材と訴えたいことは理解できるだけに、もっと鮮烈にシャマラン節で全世界に発信して欲しかったかな。
posted by ラポン at 23:11| Comment(6) | TrackBack(0) | お絵かき道場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
髪の長さのせいか、小力に見えちゃいました。失礼。
もっと長くなびかせて、エクステ付けてはどうでしょう

映画、何見に行ってました?
ハプニング?
私はまだなので、ネタバレやーよww
Posted by ちゃー at 2008年08月05日 23:26
>ちゃーさん

ぶー(笑)
直したよー。これでどう?
あと扇子持たせたりとかすれば良かったかな。チョット手抜き。

その通り「ハプニング」観に行ってきました(泣)
それにしても予告チラシ見てたら面白そうなのテンコ盛りですな。しばらく週イチのペースくらいで観に行かないと。
「ドラゴン・キングダム」主演のジェット・リー、「ハムナプトラ3」にも出るんですな。ってか公開する事も知らんかったですが。
三国志の赤壁の戦いを映画化した「レッドクリフ」も超面白そう!
あと年末にやるキアヌのSFも期待大!
Posted by ラポン at 2008年08月06日 00:34
おはようございます
見たら、勘ちゃん変化しててワロタ( ̄ー ̄)ニヤニヤ
小力脱却しました。ありがとう。

「ハプニング」期待せずに行った方が良さそうですね。( ̄ー ̄;アブネェアブネェ
ドラキン面白かったよ〜
北京五輪のせいか、中国にちなんだ映画が多いですね。個人的には嬉しい話。
キアヌの新作は「地球が静止する日」って奴ですね
まだ、予告編とか見た事なくてちょっとピンと来てないですわー
でも今年は映画当たり年ですよね
見たいのてんこ盛りで、困るくらい(嬉)
Posted by ちゃー at 2008年08月06日 08:16
失礼とは存じ上げますが、心なしか、絵が上手くなってますよね!次は何?と毎回楽しみです。表題を見て予想するのも楽しいです。
ハプニング、見たいなと思いつつ行けそうもありません。だいたい映画は息子と見に行くんで、息子がNG出すとボツ(T-T)
個人的に見たい映画は、デルアリ観戦に単独で訪れる時にミナミで観てます。 因みに今週末は、ダークナイトを見に行く予定です。ドラゴン.キングダムは、お盆かなっと。 レッドクリフは、まだ先ですよね?三国志を初めて知ったのが恥ずかしながら、少年ジャンプに連載されてた「天地を喰らう」でした。それで興味を持って三国志を勉強したんですよ(笑)
Posted by さぬきうどん at 2008年08月06日 13:43
>ちゃーさん

コメント遅れましたm(_ _)m

抑えた感じのSFが好き。「ブレードランナー」とか時代背景はSFだけどヒューマンドラマっぽいみたいな。
「地球が静止する日」はどうなのかな?

「ドラキン」かぁ。最近カンフー系観てないかも。
中国映画は一時イーモウさんとかの映像美に走りすぎたワイヤーアクションが個人的にダメだったっす。
たまにはスカッとする肉体派アクション観てみよっかな。

ちなみに今週の週プロのPhoto自慢、面白いっすよー♪
Posted by ラポン at 2008年08月07日 23:30
>さぬきうどんさん

コメント遅れましたm(_ _)m

お褒め頂いてありがとうございます。驕らず媚びずこれからも精進しますでうす。力入りすぎ(笑)

息子さんがアメコミヒーロー系が好きならこれからスゴイですねぇ。
「ダークナイト」「ハルク」「アイアンマン」...連発しすぎです(汗)
ハリウッドのネタ不足の象徴ですな。

三国志は5年周期くらいでハマります。「演義」は創作ですがカッコいいし忠義溢れるドラマ連発で何度読んでも感動もんです。マンガも作者が色々な観点で描いているので面白いですね。
個人的にはモーニングで連載してた曹操が主人公の「蒼天航路」が大好きです。
Posted by ラポン at 2008年08月07日 23:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ブログのトップに戻る
pwrtitleb3.jpg

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。