2008年08月15日

幕の内プロレス −後半戦−

0810002.jpg 0810003.jpg

大阪プロレスの未来を担う若手下剋上集団B&G。新しく出来上がったTシャツを全員でアピール。
夏祭りプロレスで連日のように激闘を繰り広げる彼らの顔は疲れも見せずひたすら明るい。その笑顔で会場を訪れる者にエネルギーを与えていって欲しい。
デルフィンアリーナ発元気発信。それが大阪プロレス。初めて観る人にも、届け。

※第4試合はラポンがデジカメの設定に手間取ってしまった為、観戦記に必要な写真が充分に撮れませんでした。観戦記も不十分な箇所が多々ございます。ご了承くださいませ。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

大阪プロレス 8月10日(日)デルフィンアリーナ大会

「大阪HOLIDAY PARADISE」

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

第4試合タッグマッチ30分1本勝負
秀吉&ブラックバファロー vs ビリーケン・キッド&タコヤキーダー

0810401.jpg 0810402.jpg

今月31日にタイトルマッチを迎える秀吉とビリーケン・キッドがタッグマッチながらも相対する一戦、王者秀吉はベルトを掲げてビリーを意識。
当然先発は秀吉とビリー。タックルなどのパワーでは秀吉が優勢だが、ビリーはそのパワーをいなしながらアームドラッグで投げ、コルバタで切り返す。
秀吉も負けじと強烈なドロップキックで応戦。

0810403.jpg 0810404.jpg

バファローと王子はキックそしてエルボーと激しくぶつかり合う。蹴りで迎撃されながらも王子の気迫が勝りバファローを打ち倒す。ここでビリーが出てきて王子とともに秀吉に連携のダブルチョップ。ビリーはその流れで秀吉にアピールしてからビリンコバスター。

0810405.jpg 0810406.jpg

しかし2発目のビリンコバスターは秀吉に防がれ落とされてしまう。そのまま場外戦に突入の両者。ここは秀吉とバファローの独壇場となる。

0810407.jpg 0810408.jpg

リングに戻っても意識しあう二人は再び対峙。激しくチョップ合戦にも果敢に立ち向かうビリーだが秀吉はパワー殺法で押してゆく。秀吉の撃鉄にバファローのエルボー、そしてフットスタンプと3連発でビリーに浴びせる好連携。

0810409.jpg 0810410.jpg

代わった王子も秀吉とバファローの連携の前に苦戦。秀吉の重い蹴りを何発も食らうとたちまち劣勢に。

0810411.jpg 0810412.jpg

スイッチしたバファローも串刺しラリアット、バックドロップ、スライサーからエプロンへのドロップキックと王子を追い詰める。しかし気迫を見せる王子は串刺しを蹴りで食い止めて見せると、ドロップキックこそ叩き落とされたものの続くラリアットでバファローを倒しビリーにつなげてみせる。
代わったビリーは同じく入ってきた秀吉にミサイルキック、そして見事なフランケンシュタイナーで場内にアピール。

0810413.jpg 0810414.jpg

前哨戦で負けられない二人、ビリーが秀吉の刀狩をロープに逃れれば、秀吉はビリーのコウモリ吊り落しを決めさせない。
再度の刀狩は王子がカット。そのまま場外に出た秀吉にビリーはトペ・コンヒーロ。

0810400.jpg

リング上は王子とバファロー。ここで王子が奮闘、一撃必殺の前振りなしにダイビングヘッドアタックを敢行。そこからタコヤキック、セカンドロープ越しの串刺しラリアットと追撃する。
とどめと見た再度のヘッドアタックは復活したバファローに押さえられるものの、ここはビリーがカットしそのまま走りこんでのサンダーライガーボム。

0810415.jpg 0810416.jpg

しかしここで再び秀吉のパワーが炸裂。ビリーと王子をまとめてラリアットでなぎ倒すと対角コーナーを往復しながら豪腕串刺しラリアット。
ビリーをスピアーで吹っ飛ばしてバファローに分断させると王子にペディグリー。弱りきった王子に秀吉は仕上げの刀狩の体勢。

0810417.jpg

揺さぶられて食い込んでゆく太い腕、ついに刀狩が極まり王子は無念のタップアウト。

0810418.jpg

勝利の瞬間をコーナーで見せ付けられたビリー。しばし一点で睨みあう両者。一触即発の雰囲気をバファローがなだめて気分良く秀吉は前哨戦の勝利をアピール。

前哨戦のエッセンスの中にも個性がぶつかり合った一戦。
秀吉とバファローのパワー&スピード。ビリーの華麗かつ力強い技の数々に王子の気迫。前半のユニークっぽい流れから一転激しい試合を繰り広げるマット上は古きより続くプロレスの原風景。
外国に学び外国とは一味違う進化を遂げたジャパニーズプロレスを異国の人はどう感じたか。それは試合後の歓声と拍手が物語る。

○秀吉&ブラックバファロー(13分32秒 刀狩)ビリーケン・キッド&タコヤキーダー×

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

第5試合タッグマッチ60分1本勝負
ツバサ&冨宅飛駈&KUSHIDA vs 松山勘十郎&ミラクルマン&くいしんぼう仮面

0810501.jpg

入場テーマに乗って華やかな6人が次々と入場。KUSHIDAの入場テーマ「JUMP」に外人さん(奥さん)ノリノリ。
今月16日にお笑い選手権を迎える松山勘十郎と冨宅飛駈。冨宅は入場するなり勘十郎に詰め寄る。とても迷惑そうな勘十郎。
ツバサはリングサイドを一周してハイタッチしてからリングイン。

0810502.jpg

ユニーク軍団vsパンクラス&ハッスル&ルチャ連合軍。冨宅に挑発されるわ、テッドレフェリーには滝のような汗を指摘されるわですでに不機嫌モードの勘十郎。

0810503.jpg 0810504.jpg

「怖いからヤダ」とゴネながら半ばムリヤリ先発の勘十郎。対するはもちろん挑戦者決定済の冨宅。
しかし向かい合うなり冨宅は「挑戦を表明する!」と宣言。
「分かりましたよって!受けるって言ったでしょ!」と呆れる勘十郎。
それでも「挑戦を表明する!」と冨宅。夢にうなされそうなトラウマワード連呼。

0810505.jpg

なおも詰め寄る冨宅に「ちょっとクッシーなんとかしてよ!」と泣きが入る勘十郎。ここはKUSHIDAが冨宅をなだめてひとまず交代。

0810506.jpg 0810507.jpg

KUSHIDAが改めてリングインすると女性ファンから「クッシー!」と黄色い声援が多数飛ぶ。対する勘十郎は「勘十郎ぉー!」と野太い声援。
「なんか面白くねぇなあ!」と怒る勘十郎に面白がる観客「勘十郎ぉー!」を連発。
負けじと冨宅が「挑戦を表明する!」と乱入してきて早くもグダグダ気味のリング内。
それでも勘十郎とKUSHIDAはスピード感あふれるルチャムーブで試合を立て直してゆく。

0810508.jpg

代わって冨宅とくいしんぼう。くいしんぼうは冨宅のスタイルをマネたUWF系オープンフィンガーの構え。

0810509.jpg 0810510.jpg

そこから軽やかなフットワークのミドルキックと掌底で牽制のくいしんぼう。しかし冨宅に帽子を掴まれるとジタバタと空を切る始末。

0810511.jpg 0810512.jpg

見本とばかりにミドルキックを見舞う冨宅。最初は(効かないぞ!)とばかりにスクッと詰め寄るくいしんぼうだが強烈なローキックを食らうと立ったまま悶絶。
冨宅「痛いんだよ」
テッド「くいちゃんガマンしてたんだねぇ」

0810513.jpg

それでもチャッカリ定番奥義炸裂。欽ちゃんジャンプは冨宅もとぶ、クッシーもとぶ、テッドさんもとぶ。

0810514.jpg 0810515.jpg

リング上は残った顔ぶれツバサとミラクル。
ミラクルは「アッ!」と指差しフェイントでツバサを振り向かせグーパンチ。そして大きく振りかぶってカンチョー攻撃へ。

0810516.jpg 0810517.jpg

しかしツバサはカンチョーをヒラリと避けてキャッチするとアームブリーカーならぬカンチョーブリーカーでミラクルの黄金の人差し指を破壊にかかる。

0810518.jpg 0810519.jpg

ダメージでコーナーにもたれ掛かるミラクルだがこれはワナ。ツバサの串刺し攻撃をかわして必殺モスキート。しかしこれはツバサがバタバタ暴れて振りほどく。ミラクルは真っ逆さまに場外。必死にオシリを守って逃げ回る可愛いツバサ。

0810520.jpg

再びKUSHIDAと勘十郎の闘い。ロープワークで壮絶にコケてマットに顔拓を残す勘十郎。
ヨゴレな自分に目覚めたのか勘十郎、KUSHIDAの腕を絞るとその腕をベロベロ嘗め回そうとする。
女性ファン「キャー!イヤァー!」

0810521.jpg 0810522.jpg

ここから定番ロープ渡りに。白い蝶役は妙に嬉しそうなミラクル。
「あっ、参ったかぁ〜!」とキメて一瞬千両役者に戻る勘十郎、KUSHIDAをグラウンドで密着し締め上げる。
これだけでも女性ファンの「イヤッ!イヤァー!」の悲鳴。

0810523.jpg

「ギブアップしないか...かくなるうえは!」とKUSHIDAの顔に忍び寄る汁気たっぷりの物体。唇を奪おうと勘十郎が迫る。

0810524.jpg

必死に抵抗するKUSHIDA、女性ファンの「キャー!」というホラー映画顔負けの叫び声が勘十郎の行為に拍車をかける。
常連ファンも「コワい!コワい!」と引いてる様子。
ここは乱戦に強いユニーク軍、くいしんぼうの絶妙のフォローを交えて総攻撃開始。

0810525.jpg 0810526.jpg

「みんな揃ってワイワイヤイヤイ言いやがって!」とやっかみ気味のミラクル。KUSHIDAの顔をかきむしってラフ攻撃にご満悦。くいしんぼうも体をプルプルさせて喜びに打ち震える。

0810527.jpg 0810528.jpg

続く勘十郎はハリセンでKUSHIDAをシバキまくり。怒ったKUSHIDA、ハリセンを奪って勘十郎の頭の大事な領域に一閃。思わず睨む勘十郎。

0810529.jpg 0810530.jpg

ビンタ合戦に入ると思いきや「ムーッ」と口付けを迫る勘十郎。
嫌悪感たっぷりのKUSHIDAだがなんとか正視してビンタ合戦開始。
勘十郎のビンタ。
ベチッ。
KUSHIDAのビンタ。
ベシッ!
仰け反る勘十郎。

0810531.jpg 0810532.jpg

勘十郎のビンタ。
キャッチ。
代わりにKUSHIDAのビンタがブシッ!っと決まって「ヌアァー!」とうめく勘十郎。

0810533.jpg

満を持してツバサがリングイン。ユニーク軍を次々とアームドラッグで放り投げてゆく。しかしそこに執拗にケツを追い回すミラクル登場。リング上はたちまち修羅場。
ツバサは四つんばいで必死に逃げ回る。

0810534.jpg 0810535.jpg

一人目のエジキはKUSHIDA。ミラクルの高速カンチョーの前に昇天。

0810536.jpg 0810537.jpg

続いてミラクルは冨宅をロックオンしてカンチョー。その瞬間、冨宅の何かがスイッチオン。

0810538.jpg

「♪チャーンチャーンチャーーン♪」場内に流れるUWFのテーマ。慌てふためくミラクル。

0810539.jpg 0810540.jpg

冨宅のラッシュ。掌底の連打にミドルキック。為す術ないミラクル。

0810541.jpg

ツバサとKUSHIDAも出てきてUWFモード。くいしんぼうと勘十郎もしこたまドツかれる。

0810542.jpg

そしてマウントポジション。ノーガードでシバかれまくり。

0810543.jpg

冨宅の合図で3人同時の腕ひしぎ逆十字固め。ユニーク軍絶対絶命。

0810544.jpg

ユニーク軍何とか逃れて反撃。ヘッドロックごっつんこで全員ダウン。
テッドレフェリーのカウント「ワン!ツー!」
何とか起き上がって「フゥーッ」と一息の一同。

0810545.jpg

続いてミラクルと勘十郎の編隊(変態×)ドロップキック。ツバサと冨宅を場外に追い出すと追撃のトペ・コンヒーロ&プランチャ。締めはくいしんぼうのラ・ケブラーダ。

0810546.jpg 0810547.jpg

リング上はくいしんぼうとKUSHIDA。くいしんぼうの串刺しラリアットは早すぎて立場逆転。
それでもバックの取り合いからKUSHIDAを羽交い絞めのくいしんぼう。そこに愛しの乱れ髪を放つ勘十郎だが見事に誤爆、絡ってしまってジタバタとくいしんぼう。

0810548.jpg

KUSHIDAはハンドスプリングエルボーを決めるとミラクルにその場飛びムーンサルト。勘十郎の誤爆も誘って再度宙を舞う。
そしてなぜかくいしんぼうが味方にうまか棒を落として3人並べて見事に体のしなったムーンサルト3連発。

0810549.jpg

ツバサと冨宅が押さえてフォールするもなんとかキックアウトのユニーク軍。ミラクルと勘十郎は場外に分断されリングにはKUSHIDAとくいしんぼうだけに。

0810550.jpg 0810551.jpg

KUSHIDAはくいしんぼうをボディスラムで倒すとコーナートップから超新星プレス。
これが見事に決まりKUSHIDAの勝利。

0810552.jpg

3人並んで勝ち名乗りのパンクラス&ハッスル&ルチャチーム。

0810553.jpg 0810554.jpg

まずはKUSHIDAのマイク。
「皆さん今日はご来場ありがとうございました。最初にも言いましたが8月の23日のハッスル、大阪府立体育館で大阪プロレス4名ほど出場していただきます。8月31日の大阪プロレスIMP大会も重ねてよろしくお願いいたします!」

0810555.jpg 0810556.jpg

KUSHIDAのマイクにダメ出し気味の勘十郎。マイクを奪い取ると
「クッシーのマイクも素晴らしかったと思いますが、改めて大阪お笑いチャンピオン松山勘十郎が締めさせていただきます。今回の大阪プロレスのハッスル参戦を機に、これからもハッスルと大阪プロレスのパイプがさらに太くなっていくことを皆さんご期待ください!本日はどうもありがとうございました!」

大阪プロレス名物であるホリパラのユニークメイン。しっかりとしたプロレスの中にしっかりとした笑いの要素。プロレスが持つ表現力にコミカルな動きをミックスした試合運びは会場を包み込む言葉や文化を超えた面白さだ。
試合開始より注目していた偶然通りの外人夫婦、観戦に躊躇していた奥さんの方が最後は爆笑の連続だったことが何よりも嬉しく感じた。
プロレスもお笑いも万国共通。闘いの魅力を贅沢に詰めこんだ大阪プロレスはやはりプロレス幕の内弁当か。

ツバサ&冨宅飛駈&○KUSHIDA(14分55秒 ムーンサルトプレス)松山勘十郎&ミラクルマン&くいしんぼう仮面×

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

第4試合、いきなりデジカメの動きが不調になってしまい。写真のほとんどが蜃気楼のようになってしまいました。どうも先日の屋外会場でやっちまったみたいです。
3台目のデジカメを買うか予算的に思案のところ。一昨日パチンコ(CR花の慶次)で勝ったけどプロレス観戦で消える予定(泣)
posted by ラポン at 15:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 大阪プロレス観戦記2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アメリカ人の人が運営する、大阪プロレスファンサイトがあるですよ
hazelさんの所からリンクしてます

割と外国人の方、見にきてますよ
一人だったり、グループだったり
大阪プロレスは、しゃべりも多いですが、身体でもちゃんと表現しているので、言葉の壁なんてあっさり超えちゃいますよね
Posted by ちゃー at 2008年08月16日 07:59
>ちゃーさん

大阪日本橋の宮本むなしからおはようございます(朝食中)

たしかに外人さんはチラホラいらっしゃいますよね。
でもこの方々が違ったのはホント偶然の通り掛かりみたいでして。
興味津々のダンナさんに対して「アッチ行こうよ」って仕種の奥さん。で、係の人から説明を受けてスグ始まるからって感じで折角だから観戦してみようよみたいな。
普通の外国人客なら注目しないんですが予備知識無しで観るってトコに興味そそられて、しかも2階南から真っ正面の1階北にいらっしゃってたもので。

最後は奥さんの方が満足してたんじゃないかなぁ。とにかくユニーク軍の笑いは国境を越えました。
いい旅の土産になってくれたんならファンとして嬉しいですよね。
Posted by ラポン at 2008年08月16日 09:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ブログのトップに戻る
pwrtitleb3.jpg

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。