2008年08月17日

今週のでら名古屋さん

0815shigeru.jpg 0815kasagi.jpg

0815miyamoto.jpg 0815irie.jpg

−−−8月17日(日)「でら名古屋プロレス第二戦vs大阪プロレス」−−−

@SHIGERU vs 三原一晃
A宮本武士 vs 政宗
B高木三四郎&榊原渉 vs 冨宅飛駈&タコヤキーダー
C入江茂弘 vs ブラックバファロー
D高井憲吾&笠木峻 vs ビリーケン・キッド&ツバサ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

第1試合
デビューから数ヶ月の三原選手と名古屋のインディーでひときわ存在感を示してきた野武士ファイターSHIGERU選手。
キャリア的にいえば三原の不利は諌めない。この大会が対抗戦である事を考えると勝ち星が先行する方が精神的に優位となる。
キック主体で試合を組み立て、グラウンドで仕留めるスタイルのSHIGERU。突貫ファイトで一直線に立ち向かう三原に勝機はあるか。

チェックポイント:SHIGERUのクロスフェースロック

第2試合
旗揚げ戦のK−DOJOヒロトウナイ選手に続いてテクニシャンが相手となる宮本選手。政宗選手のスタイルは相手に的を絞らせずに自身は一極集中を狙ってくるタイプだが、雷斬などの威力あるフォール技もキッチリこなす。大阪プロレスのシングルタイトルに挑戦するほどの実力者だ。
対する宮本選手はキック主体としており、見る度に蹴り技が多彩になってきており成長が伺える。
しかし不用意なキックは政宗の脚関節地獄に捕われてしまう危険がある。キックの射程距離での攻防から主導権を握っていくのはどちらか。まだ公式試合で自らが決着をつけた試合の無い宮本だけに最後の詰めの段階にも不安は残る。

チェックポイント:政宗のアンクルホールド

第3試合
大阪プロレスのリングに上がり始めて5年、準レギュラーとしていぶし銀の魅力を放ち続ける冨宅選手。そしてベテランの域に入りながら依然素晴らしいコンディションを保ち続けるでら名古屋プロレス監督の高木選手。お互い酸いも甘いも経験してきているだけに対抗戦でも物怖じはしないだろう。この二人の対戦は見応えがありそうだ。
そうなると勝敗のカギとなるのはパートナーの出来。突出したところはなくとも気迫のこもったファイトが信条のタコヤキーダー選手に対して、デビュー3試合目の榊原選手には恵まれた体こそ備わっているもののスタミナと精神力の面で今一歩と言った印象を受ける。しかしながら監督直々に道場特訓を与えた榊原が意外な粘りを見せれば、タコヤキーダークラスの選手を一発フォールさせられる技が高木選手にはある。
強烈なラリアットやひまわりボムを高木選手が出せる展開になるか。それとも冨宅がキックや関節技で榊原を捕らえて離さないか。それともパートナーが追い込まれた局面で覚醒するか。

チェックポイント:榊原のブレーンバスター

セミファイナル
各方面の団体から引っ張りだこの期待の逸材、入江茂弘。セミファイナルでぶつかるは大阪プロレス軍の監督ブラックバファロー。お互い気迫を全面に押し出したファイトスタイルだけに激しいぶつかり合いになりそうだ。もちろん大阪プロレス教室時代にバファローとは面識があるわけで、入江にとってはその成長を見せ付ける絶好の機会。
ラリアットとバックドロップが攻撃の要となるバファロー。入江は隆々とした上半身を活かしたエルボーやスピアーでダメージを与え、とどめに変形ゴリラクラッチをもってくるのが理想の勝ちパターン。自分の団体を背負った時に引き出される力はバファローの円熟のテクニックを凌駕する事ができるか。

チェックポイント:ブラックバファローのバックドロップ

メインイベント
ビリーケン・キッドとツバサのコンビは大阪プロレスの試合でもなかなか実現しない実力派二人のタッグチーム。ここは旗揚げ戦ではゴツゴツとしたファイト指向のK−DOJO関根&稲松選手と闘った高井&笠木がルチャスタイルにどのような適応を見せるかがメインの盛り上がりを決める。
明らかなる柔と剛の闘い。ビリーもツバサもルチャイズムから派生したスタイルだけに強烈な打撃などは持っていないだけに、スピアーやタックルの高井と若い割にエグいキックを放つ笠木はそこに勝機を見出すしかない。一度ルチャの動きに翻弄され捕らわれてしまうと大阪プロレス勢が全員ダブルヘッダーという事を差し引いても勝つことは難しいだろう。
高井にとってかつての盟友との闘い、ここはセンチメンタリズムを捨て悔いの無い試合をして欲しい。

チェックポイント:ビリーケン・キッドのベルティゴ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

昨日のサタナイのプレビューは起きてからにします。
眠い。
posted by ラポン at 04:05| Comment(0) | TrackBack(0) | でら名古屋なインディー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ブログのトップに戻る
pwrtitleb3.jpg

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。