2008年08月25日

背負うプライド −前半戦−

0816001.jpg

自らが設立を宣言した大阪お笑い選手権のチャンピオンとして二度目の防衛戦を迎える松山勘十郎。ブラックバファローはB&Gの若さゆえの迷走に「NO」突きつける。
そして第14代大阪プロレス王者である秀吉は、復帰とともに一気に頂点に上り詰めようとするビリーケン・キッドの挑戦を受ける。その前哨戦はお互いの持てる能力をぶつけ合い熾烈を極める。

負けることを許されない王者そして若者達のプライドが物語をIMPへと導いてゆく。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

大阪プロレス 8月16日(土)デルフィンアリーナ大会

「SATURDAY NIGHT STORY」

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

第1試合20分1本勝負
ゼウス vs タコヤキーダー

0816101.jpg 0816102.jpg

雄叫びを上げて気迫を見せるタコヤキーダー。肉体を誇示してその身体能力を見せつけるゼウス。

0816103.jpg

まずはタックルで弾け合う両者。しかしゼウスの突進力と鋼の肉体の前に大きく跳ね返されてしまう王子。

0816104.jpg 0816105.jpg

チョップの乱打で王子をロープに追い詰めたゼウスは再びタックル。
ダウンした王子を軽々とリフトアップしたゼウスは場外に落とすと見せかけて後ろに放り投げる。ゼウスの規格外のパワーの前に苦戦の王子。

0816106.jpg

コーナーパッドに王子の頭を打ち付けたゼウスは振りかぶって強烈な水平チョップ。さらに反対のコーナーに振って串刺しのジャンピングエルボー。

0816100.jpg

ワンハンドで押さえつけられ屈辱的なフォールをされる王子、なんとかキックアウト。

0816107.jpg 0816108.jpg

ゼウスはボディスラム、串刺しエルボーとさらに攻撃を重ねる。
王子は2発目の串刺し攻撃を両足で迎撃するとセカンドロープからのミサイルキックでようやくゼウスをダウンさせる。

0816109.jpg

ここから反撃を狙いたい王子だがゼウスはロープに振ることすら許さない。力差を見せ付けることで精神的優位に立つゼウス。

0816110.jpg 0816111.jpg

それならばと自らロープに走る王子にゼウスはエルボー。しかしここは意地の王子、ゼウスにカウンターのドロップキック。
そして「一撃必殺や!」と叫ぶとダイビングヘッドアタック。

0816112.jpg 0816113.jpg

それでも効いた様子の無いゼウス、王子を担ぎ上げると後方にブロックバスターで落とす。

0816114.jpg 0816115.jpg

そして喉笛を掴むとハイアングルのチョークスラム。勢い良く叩きつけられた王子は大の字のまま3カウントを聞く事に。

0816116.jpg

プライドも一緒に砕くようなゼウスの圧勝。
来週末の大阪でのハッスル参戦を睨んで地元ファンにパワーを見せ付けた形のゼウスだが、対する王子も大阪プロレスで闘う者の底力をアピールして欲しかった。
勝てなくても観るものに植えつけられるものは必ずあるはず。

○ゼウス(3分56秒 チョークスラム)タコヤキーダー×

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

第2試合30分1本勝負
くいしんぼう仮面 vs えべっさん

0816201.jpg 0816202.jpg

純粋なる大阪名物レスラー対決と言える両者の試合。くいしんぼう入場時からなぜか神妙な態度のえべっさん。

0816203.jpg 0816204.jpg

まずはロックアップで押し合う展開。ロープに追い詰めたくいしんぼうは離れ際にえべっさんの頭に先制のパンチ一撃。ヘッドロックに固めると散々グラインドさせておいてゴツンともう一撃。

0816205.jpg

あまりの痛さにマットにうずくまってしまうえべっさん。拍手して喜び表現しまくりのくいしんぼう。

0816206.jpg 0816207.jpg

怒ったえべっさん。ボディスラム、地獄突き、ボディスラムの連続攻撃。ここでフォールするもカウントは2。
えべっさんはテッドレフェリーに「おぉい!カウント遅いよ!」と難クセ。その背後に忍び寄るくししんぼう...。

0816208.jpg

そしてスクールボーイで丸め込まれたえべっさんにテッドレフェリーの容赦ない高速カウント。
えべっさんは焦って返すものの危うく試合終了。

0816209.jpg 0816210.jpg

「なんでオレの時だけ早いねん!」とえべっさん。
「オマエが早くしろって言ったじゃないか!」とテッドレフェリー。
口論はやがてドツきあい。
「やるんかいオイ!」「オイ!」「オイ!」「オイ!」「オイ!オイ!オイ!オイ!オイ!」

0816211.jpg

「ユッフォ!」とピンクレディーネタ炸裂。
観客は笑いと拍手、くいしんぼうは(.....)。

0816212.jpg 0816213.jpg

ここで両者スピード感溢れるルチャな動きに挑戦。
まずは始動のぶつかり合い...しかし二人とも当たりに行かずにいきなりバンプ。
「ええ〜っ!?いやいやいや」違うでしょと、えべっさん。

0816214.jpg 0816215.jpg

それならとロープに走って一人が伏せて一人が素早く飛び越える...はずが二人とも伏せ。
「ええ〜っ!?いやいやいやオマエ伏せてどないすんねん!」
今度は一人がリープフロッグ開脚ジャンプで一人が股の間を素早く走りぬける...はずが二人ともリープフロッグ。
「ええ〜っ!?いやいやいやオマエも飛んでどないすんねん!」

0816216.jpg 0816217.jpg

「オマエ真面目にやれや!」とえべっさん。(オマエこそ真面目にやれや!)と言いたげなくいしんぼう。
口論(?)はやがてドツきあい。
「やるんかいオイ!」「オイ!」「オイ!」「オイ!」「オイ!オイ!オイ!オイ!オイ!」

0816218.jpg

えべっさん一人「ユッフォ!」くいしんぼう知らん顔。
やれやぁーー!!」キレえびす。

0816219.jpg 0816220.jpg
またまた怒ったえべっさん、くいしんぼうをコーナーに叩き付け串刺し攻撃。
くいしんぼうはこれを飛んでかわすと、アームホイップ。
そしてクルクル回って...

0816221.jpg

欽ちゃんジャンプ。テッドさんもジャンプ。

0816222.jpg 0816223.jpg

ここで再びえべっさんの地獄突き連発。くいしんぼうのパンチをかわして一撃二撃とヒット。
そして得意気に「シュッ!シュツ!」と往年のアブドーラ・ザ・ブッチャー決めポーズ。
調子に乗ったえべっさん、くいしんぼうをコーナーに追い詰めると「よっしゃやるぞーオイ!」とアピール。

0816224.jpg 0816225.jpg

くいしんぼうにパンチを浴びせながら「いち!に!さぁ〜ん!しぃ!ごー!ろ〜くぅ!しち!はち!きゅ〜うぅ!」と3の倍数でアホになるナベアツネタのえべっさん。
呆れ顔のテッドレフェリー。

0816226.jpg 0816227.jpg

えべっさんをコーナーから落としてフォールのくいしんぼう。そこにテッドレフェリーも「ワン!ツー!スリィ〜!」とナベアツネタ。
一斉に「えぇ〜!?」と観客。
「アホが感染った」と言い訳テッドレフェリー。
もちろん試合は終わらない。ここでくいしんぼうの反撃。背面ボディアタックでえべっさんを場外に追い出すとラ・ケブラーダで一気に形勢逆転。

0816228.jpg 0816229.jpg

えべっさんをリングに戻すとくいしんぼうはお返しのパンチに地獄突き。そのままトップロープに座らせて雪崩式フランケンシュタイナー。
そこからフォールもえべっさん返してカウントは2。

0816230.jpg 0816231.jpg

えべっさんを立たせたくいしんぼう、トドメの首掻っ切りポーズ。しかしここでえべっさんが踏ん張ってお互いがブレーンバスターを狙う展開。これが二人同時に投げられようとしたリして全然決まらない。
それでも最後はえべっさんが頑張ってブレーンバスター。

0816232.jpg 0816233.jpg

えべっさんは「これが決まったら私は勝てると思います!必殺ダイビングヘッドバッド!」と勝利宣言。「アピール聞いたやろ!絶対にソコを動くなよ!」とストンピング。

0816234.jpg 0816235.jpg

だが念を押してもくいしんぼうはコロコロ。えべっさん怒りの追加ストンピング。

0816236.jpg 0816237.jpg

「ダイビングヘッドバッド〜!」と再アピールして、ついにえべっさんのダイブ成功。
「よっしゃ決まった〜!」とえべっさん。しかしフォールを返してしまうお茶目なくいしんぼう。

0816238.jpg 0816239.jpg

完全に勝機を逃したえべっさん。テッドレフェリーをスローしてぶつける攻撃もくいしんぼうとクルクル投げ返しあって最後はラリアットで自分に返ってくる。
ここでくしんぼうの必殺関空トルネード。これが完璧に決まって、奮闘虚しくえべっさんのフォール負け。

0816240.jpg 0816241.jpg

大阪プロレスの旗揚げより続いてきた「えびす」レスラーと「くいだおれ」レスラーの名物マッチ。
彼らのお笑いの進化すなわち大阪プロレスユニークの進化。
シリアスだけでも語れないしユニークだけでも語れない。それが大阪プロレスの素晴らしき独自。

○くいしんぼう仮面(7分22秒 関空トルネード)えべっさん×

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

第3試合 大阪プロレスお笑い選手権試合60分1本勝負
<王者>松山勘十郎 vs 冨宅飛駈<挑戦者>

0816301.jpg 0816302.jpg

最初に選手権宣言。ベルトが返還されて場内は一瞬粛々としたムードに。

0816303.jpg 0816304.jpg

やる気充分、選手コールとともに勘十郎に思いっきりスゴんでいく冨宅。勘十郎は心臓バクバク。

0816305.jpg

両者握手を交わしついに闘龍門イズムvsパンクラスイズムのベルトとプライドを懸けた(お笑い)勝負のゴングが鳴らされる。

0816306.jpg

出方をうかがうチャンピオン勘十郎と挑戦者冨宅。ファーストヒットは「バシッ!」と音を立てて勘十郎の左足への冨宅のローキック。

0816307.jpg 0816308.jpg

左足をおさえながらキックに警戒を肝に銘じる勘十郎。それならばと低い動きから足を取りにかかるが、冨宅はそこに首を極めるように体重をかけてくる。

0816309.jpg 0816310.jpg

冨宅はそのまま馬乗りになってスリーパーホールド。そのまま体を返すと足をロックしてさらに絞め上げる。

0816311.jpg

勘十郎も腕を取ってリストを極めにいく。冨宅のグラウンドに敢然と立ち向かっていく勘十郎。

0816312.jpg 0816313.jpg

ガットショットからスピード感あるロープワークで攻め手を探る勘十郎。しかし冨宅の背中につまづいて顔面から転倒。
それでもめげずに冨宅の腕を絞って「はっ!いざぁーっ!」とロープ渡りを宣言の勘十郎。自身のワールドに冨宅を引き込んでゆく。

0816314.jpg 0816315.jpg

瀬戸口の蝶々に釣られるように見事な安定感でロープを渡っていく勘十郎。そのままトップロープからダイブ、冨宅をホイップして「参ったかぁ〜!」と見栄を切る。千両役者の面目躍如。

0816316.jpg 0816317.jpg

「この一瞬の為に生きている」と自画自賛気味の勘十郎。
そして場外に投げ出された冨宅に勘十郎は「冨宅さんよく聞け!どうした!ビビッたのか!今日は勝てそうな気がしてきたぞ!UWF恐るるに足らずじゃ!」と恐れ知らずな挑発。

0816318.jpg 0816319.jpg

「♪チャーンチャーンチャーーン♪」そこに鳴り響くUWFのテーマ。頭を抱える勘十郎。
音楽に乗ってUWFの魂にスイッチが入った冨宅。ミドルキック、掌打、ヒザ蹴りと勘十郎をボコボコに。

0816320.jpg 0816321.jpg

ついに勘十郎に対してマウントポジションの体勢に入った冨宅は掌打の雨あられ。そして腕ひしぎ逆十字固めでフィニッシュを狙う。
しかし突然曲が音飛びしてしまい冨宅は失速、技を外してしまう。「オイ宮尾!大事なトコなんだよ!ちゃんと流せよ!」と宮尾リングアナウンサーを睨みつける冨宅。

0816322.jpg

かろうじてピンチを逃れた勘十郎。しかし冨宅の優勢は続く。腰を落とした勘十郎に強烈なサッカーボールキック。

0816323.jpg 0816324.jpg

そして逆片エビ固めを堪えられるとすぐさまヒールホールドに移行。冨宅のグラウンド地獄にはまっていく勘十郎。

0816325.jpg 0816326.jpg

リング中央でもがき苦しむ勘十郎。なんとかロープに手が届き必死のエスケープ。

0816327.jpg 0816328.jpg

ロープにもたれかかった勘十郎に串刺しニーを狙う冨宅だが、ここは勘十郎が屈んで回避。
冨宅はそのまま場外へ転落。ここで勘十郎はリング下よりハリセンを持ち出して冨宅の背中に爆音の一撃。仰け反って痛がる冨宅。

0816329.jpg 0816330.jpg

勘十郎は冨宅をロープに振って顔面ハリセンラリアットの2連発。顔を押さえて悶絶ダウンの冨宅。

0816331.jpg

しかし冨宅はハリセンを奪うと勘十郎の頭部のすごく大事な生え際辺りに力任せの一撃。
思わず睨む勘十郎。睨み返す冨宅。

0816332.jpg 0816333.jpg

ついに恒例ビンタ合戦モードに突入。
勘十郎のビンタ。
ベシッ。
冨宅のビンタ。
ベシッ!

0816334.jpg

勘十郎のビンタ。
ベシッ。
冨宅のビンタとローキック。
ベシッ!ビシッ!!

0816335.jpg

下半身に走る痛みにヨロヨロと勘十郎。3倍返しにどうにも納得できない様子。

0816336.jpg 0816337.jpg

それでも男の子、勘十郎のビンタ。
キャッチ。
冨宅のビンタ。
ブシッ!!
あまりの痛みに仰け反りながら「ぬあぁー!」と変顔の勘十郎。

0816338.jpg 0816339.jpg

いっぱい叩かれた勘十郎「効いたぞー!」と叫びながら、豚の角煮から場外へのトペスイシーダ、そして「よっよっよおーっ!」と歌舞伎ステップからのエルボードロップ。

0816340.jpg 0816341.jpg

続けてカミカゼからセントーン。フォールを返されると首と右足を同時に極めたメキシコ流ジャベ殺法でギブアップを狙う。勘十郎勢いに任せた怒涛の攻撃が続く。

0816342.jpg 0816343.jpg

ここで「これで決めるぞ!愛しの乱れ髪だ!」とリング下から持ち出した勘十郎。
直撃した乱れ髪に絡め取られてしまう冨宅。

0816344.jpg 0816345.jpg

しかしここでまた「♪チャーンチャーンチャーーン♪」と鳴り響くUWFのテーマ。
UWF覚醒モードの冨宅。乱れ髪を掻き分けて再び勘十郎に掌打の応酬。

0816346.jpg 0816347.jpg

なおも襲う冨宅のラッシュに為す術ない勘十郎。鋭いミドルキック、突き上げるようなヒザ蹴りに絶体絶命。

0816348.jpg 0816349.jpg

ところがまたも曲が音飛び。動きの鈍くなった冨宅に、勘十郎は不器用ながらも掌打とミドルキックで猛反撃。

0816350.jpg 0816351.jpg

再び曲が普通に戻って冨宅の勢いも戻る。腰投げからマウントポジション、そして勘十郎に降り注ぐ素早い掌打。

0816352.jpg 0816353.jpg

弱った勘十郎にトドメの腕ひしぎ逆十字固めを極める冨宅。しかしまたまたここで曲の音が飛びまくり。あたふたと動揺する冨宅に勘十郎の一瞬のエビ固めが炸裂し突然の3カウント。

0816354.jpg

勝利を確信した矢先の敗北に信じられないといった表情の冨宅。勘十郎は苦戦しながらもパンクラスも猛者から見事二度目の防衛。

0816355.jpg 0816356.jpg

マイクを取って「ちゃんとCD流せ!」とご立腹の冨宅。
しかし息を静めると「松山勘十郎.....再度挑戦を表明する!」と宣言。
力が抜けてガクッと崩れる勘十郎。「返事待ってるぞ」と冨宅。
「もういいですって!」と嘆く勘十郎。

0816357.jpg 0816358.jpg

ベルトが授与されマイクを握った王者勘十郎。
「UWFのテーマCDにキズを付けておいたのが功を奏したようだな!いい具合に音が飛んで勝つことができた!」と作戦勝ちをまずアピール。

「冨宅さんはある意味最強の挑戦者だったかもしれない...だけどやっぱり世界は拙者を中心に回っていたな!」

「日本一面白いプロレスラーが巻くこのベルトこの松山勘十郎が日本一面白いプロレスラーだ。依存はみなさん無いな!?」

「日本中の楽しいプロレスを得意とするレスラーども、日本一面白いプロレスラーが巻くベルトはここ大阪にある。この松山勘十郎にまたいつでも誰でもいい挑戦してきやがれ!」

防衛を重ねるごとに王者としての自信を深める勘十郎。しかし広いプロレス界にはお笑いの才能と実力を兼ね備えたユニークレスラー達がゴロゴロしている。
彼の宣言に応じてベルトを狙ってくる強敵たちに勘十郎は立ち向かっていけるのだろうか。
笑いの本場である大阪が誇るお笑いのベルト。それにははまだ勘十郎の知りえない重みがあるのだから。

<王者>○松山勘十郎(13分19秒 エビ固め)冨宅飛駈×<挑戦者>

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

続きは後半戦で。
posted by ラポン at 23:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 大阪プロレス観戦記2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
冨宅さんがいぱ〜い。ありがとうございますっ♪
冨宅さんはやっぱり素敵ですねっ。
ラポンさんは2日連続冨宅さん試合観戦だったんですよねぇ。
くぅっ!!羨ましすぎるっ!
Posted by おさ at 2008年08月26日 11:17
>おささん

たしかに冨宅さん追っかけ隊でした(笑)

タイトルマッチはシリアスとユニークがうまく絡み合った素晴らしい試合でしたよ。
ホント冨宅さんオールラウンドな方ですな。ドロップキックとかも何気にうまいですし。
Posted by ラポン at 2008年08月27日 22:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ブログのトップに戻る
pwrtitleb3.jpg

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。