2008年09月22日

サタナイ9/20試合結果

0080921buffa.jpg 0080921sengoku.jpg

                  ※写真は過去のサタナイのものです

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

@○小峠篤司(9分26秒 トラースキック)タコヤキーダー×

Aビリーケン・キッド&○冨宅飛駈(13分52秒 脇固め)KUSHIDA&三原一晃×

B○秀吉(7分36秒 刀狩)タダスケ×

C×松山勘十郎&ミラクルマン(13分18秒 ドラゴンスリーパー)くいしんぼう仮面&えべっさん○

※ドラディションの巡業に参加していたえべっさんは藤波辰爾ばりのムーブで勝利し松山の大阪お笑いベルトに挑戦を表明。松山はこれを即答で拒否。えべっさんは藤波辰爾の名にかけて必ず挑戦してベルトを我が物にすると宣言した。

Dブラックバファロー&○政宗(8分50秒 奸智)ゼウス&原田大輔×

※卑怯な手段で勝利した政宗にブーイングが飛ぶ中、秀吉が登場し「お前、そんな勝ち方でいいのか?」と言い放つ。秀吉はバファロー、原田、政宗の3人で正式に挑戦者決定戦を行い、この勝者と10月26日にタイトルマッチを行うことを取り決めた。

              ※大阪プロレス公式HP及びメルマガより抜粋

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

いろんな意味でアップが遅れております。
で、結局今回のサタナイのメインは何だったのかって考える。

@原田の大阪タッグ挑戦失敗からわずか一週間後のシングル挑戦表明。「もう振り向かない!」って感じのストーリーへの食い込み方は確実に成長の跡だよね。

Aバファローと秀吉の間に流れる奥深ーい師弟関係。リンピオvsルードって枠が取り払われた今だからこそ個人として闘いたいというカッチョエエ気概。

Bベルトはトップの証。だからその過程がどうであろうとベルトを持つものは最強。そんな政宗のスタイルがもたらしたメインの結果。

Cそしてそんな政宗と、理想の王者像を追い求める秀吉との意識のズレが出てきてる。戦国は二人で一つ、いざという時になかなか足並みが揃わない二人。

戦国はこれからの関係に一抹の不安。だってこれで次の3WAYで他の二人が挑戦者になってしまったりしたら政宗的にも確実に黙ってないって思うんだよねぇ。
でも、確かにお茶を濁したような挑戦者決定戦になってしまったけれど、IMPに決まった防衛戦に向けて、このサタナイ1回使ってそのあたりを描いてきたのは良かったんじゃないかなって感じるよ。

それにしても奸智という決め技だけが要因でブーイングが起きたってんなら、それは秀吉の男前な理想にファンが乗っかってきてるって事なのかな。もっと正々堂々じゃないと秀吉が価値を高めようとしているベルトを巻くにはふさわしくないって言いたいんだと(勝手に)想像。
もちろん試合を直接観てないからなんとも言えないけど、秀吉が一歩一歩確実に王道を進んで行ってる、そんな気がします。

あとセミのえべっさん大阪お笑いベルト挑戦宣言(勘十郎やっぱ拒否)。
タイトルマッチまでに色々と工夫が欲しいトコですな。
良いタイミングだから初代の特訓を受けたりしないのかな?ドラゴン殺法はちゃんと藤波さんに許可を得て使いましょう(笑)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

筋トレをすると疲れてクラクラします。
ふと100均ショップで朝鮮人参ドリンクを飲んだら元気になりました。
特にオチはありません。
posted by ラポン at 16:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 大阪プロレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
秀吉さん、名実共に天下人という呼称が相応しいレスラーへと進化を遂げられていってますね!
大阪プロレスのチャンピオンの特長であるユニークとシリアスを高いレベルで融合させる事も難無く熟しています。私も暫くは秀吉さんの絶対王者を眺めたい気持ちです。
昨日、WWEの「ジャッジメント.デェイ」というDVDを見て感じたのですが、ワールドチャンピオンシップのタイトルを巡る戦い、及びストーリーに大阪プロレスシングルの戦いがダブりました。人により感じ方や考え方は違うと思いますが、エッジという選手に政宗さんの今を見た想いでした。それとは別の話ですが、アンダーテェイカーは登場だけで観客をコントロールしてしまう存在感が、驚きと戦慄でした。

筋トレ、ほどほどに(笑)私もチューブトレーニングを取り入れてから、筋肉痛に悩まされております。
Posted by さぬきうどん at 2008年09月24日 11:49
>さぬきうどんさん

秀吉さんの発言には日増しに力が宿ってきてますよね。
やっぱりチャンピオンたるもの自分を高める事ができる挑戦者を望むべき。そうやって目指さなければ「絶対王者」と呼ばれる事はないでしょう。
政宗さんがああやって頂点を狙うのもスタイルだから間違いではないんでしょうけど。

WWEハマってますねー。最近の話題はほとんど分からないですがアンダーテイカーは誰にもマネできないオーラを持つ人ですよね。90年代のマンカインドとの闘いが「フレディvsジェイソン 」を彷彿とさせるおどろおどろしさで好きでした。
あの頃から絶対的な人気ですからねぇ。

トレーニング辛いですが楽しいです。でも我流なので本を買って効果的に鍛えられるように研究しようと思うんですが良いものありませんでしょうか。
Posted by ラポン at 2008年09月26日 01:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ブログのトップに戻る
pwrtitleb3.jpg

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。