2008年12月21日

ピックアップ・ユニーク(2)

08120900.jpg

撮るだけ撮っといてほったらかしの写真達を掘り出して観戦記にしてしまおうという「ピックアップ・ユニーク」のコーナー第2回でございます。
大阪マット上では現在ハリケーンに向かってストーリーが進行中なワケで、すでに置いてけぼり感タップリの企画ですがココは観戦に行けない男の禁断症状の緩和にご協力くださいませ。
というワケで今回はコチラ。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

大阪プロレス 8月26日(火) デルフィンアリーナ大会
「大阪夏祭りプロレス」

第2試合 30分1本勝負
小峠篤司 vs タコヤキーダー

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

08120901.jpg 08120902.jpg

タコしゃんを観客に触らせながらタコヤキーダー王子の入場。続いてピンクに包まれて小峠篤司リングイン。
普段ならシリアス感溢れるカードですがここは夏祭りプロレス。王子はアンダーシャツを着込んでユニーク臨戦態勢は万全なり。

08120903.jpg 08120904.jpg

ゴングが鳴り対峙する両者。
ノーテンキな王子は「正々堂々と今日はやろう、な?」といきなり手を差し伸べる。
「あからさまにワナやないか」と警戒しまくる小峠。
王子は観客に向かって「いやいやいやいや、そんなんするワケないやんか、なぁ?もしかしてビビってる?」と挑発アピール。ムッとする小峠。

08120905.jpg

「ほらほら握手しよ、正々堂々や」と王子。「ホンマやな?」と手を伸ばす小峠。
「当たり前やん、正々堂々...ってアホかっ!」とガットショットの王子。巻き起こるブーイングに「うるさーい!」
ホントあからさま(笑)
しかし小峠は続くラリアットを避けると高速ロープワークから鮮やかなフライングレッグラリアート!

08120906.jpg 08120907.jpg

観客の喝采を背に詰め寄る小峠にフレアー流ゴメンナサイの王子。「いやいやいやチョットした出来心やんか」と許しを乞う。
しかも小峠の動きを「速すぎるっ、見えない」と泣き。
「そうだ、ゆっくりスローにやろうや、みんなもゆっくりとした小峠選手見たいよなー?」と提案。観客の声援に小峠はヤレヤレと付き合う事に。
「でりゃぁ〜〜〜〜〜」とスローモーに組み合う二人。「どりゃ〜〜〜〜」とヘッドロックで絞める小峠。

08120909.jpg 08120908.jpg

ところが素早くヘッドロックを外しダブルスレッジハマーで攻撃の王子。
「何やねん!またワナか!?」と怒って突っかかる小峠。
「いやいや余はウソはつかへんよ」と悪びれない王子「だからもう1回、もう1回ゆっくりな」と再提案。
「またウソか!?またウソを重ねる!?」と呆れ顔の小峠。

08120910.jpg 08120911.jpg

「今度ウソついたら半殺しやからな」と念押しの小峠。コクコクうなづく王子。
今度は小峠「タコヤキィ〜〜〜〜」とスローモーションで王子をハンマースロー。「うわぁ〜〜〜〜」と投げられる王子。
「何しとんねんオレら〜〜〜〜」と自分ツッコミの小峠。そこに猛スピードで戻ってきて全力タックルの王子(笑)
小峠は思わずダウン。

08120912.jpg 08120913.jpg

「テメェー!」さすがにキレた小峠。鋭いソバットからスワンダイブミサイルキック。コーナーに追い詰めると2階から踏み踏みして拷問。

08120914.jpg 08120915.jpg

続いてサーフボードストレッチでジワジワ痛めつける小峠。
「イタイイタイイタイイタイー!体固いからヤメてぇー!」と叫びながら必死にロープエスケープの王子。

08120916.jpg

すっかり大人しくなってしまった王子をムリヤリ立たせようとする小峠。早くも王子ピーンチ♪

08120917.jpg 08120918.jpg

しかしここでソバットからステップ式延髄斬りで突然反撃の王子。アッカンベーからタコヤキック。

08120919.jpg 08120920.jpg

それでも小峠の優勢は変わらず。「お仕置きだべー」とシットダウンした王子に走りこみサッカーボールキック。
これは王子が寝そべって回避。しかしホッとしたのもつかの間、背後から低空ドロップキックが襲い掛かる。

08120921.jpg

そしてダウンした王子にライオンサルト!容赦なし!

08120922.jpg

さらにクロスフェースロックで絞め上げる小峠。足がロープに懸かってかろうじて脱出の王子。

08120923.jpg 08120924.jpg

このまま終わりかと思われた展開だったが、小峠の串刺し攻撃を両足で迎撃した王子は逆に「アホかぁ!」と串刺しタコヤキボンバー!
そしてそのまま「一撃!必殺や!」とダイビングヘッドアタックのアピール。反応の薄い観客に「みんな言ってないよ〜♪参加型、参加型」と余裕のイチャモンぶり。

08120925.jpg 08120926.jpg
もう一度「一撃!必殺や!」と合唱して気分良くコーナーに登る王子。
しかし「長いんじゃボケ!」とダイビングヘッドアタックは読まれて自爆。
最後は「王子サマ死刑ーっ!」と叫んで小峠のマグザムが炸裂。王子あえなく轟沈。

08120927.jpg 08120928.jpg

ダウンする王子にタコしゃんを持ってって踏んづけて見せるSな小峠。最愛のタコしゃんを必死に抱きしめる王子、哀れ。

この日はメインで宇宙パワー技も出たんですが、そのインパクトがあっても妙に記憶に残っているこの試合。お互いの技と喋りが妙に噛み合ってて面白かった。この時点で観客みんなニッコニコでメインでさらに爆発。
それにしても年末年始の連戦に王子がいないのは非常に残念。早く治して、復帰待ってるよー王子!

○小峠篤司(7分19秒マグザム→片エビ固め)タコヤキーダー×

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
posted by ラポン at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ピックアップ大阪マッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ブログのトップに戻る
pwrtitleb3.jpg

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。