2009年03月09日

格闘書空間!本屋プロレス!

09030701.jpg

名古屋の書店カルチャーを盛り上げる為に開かれるイベント、「BOOKMARK NAGOYA」のオープニングイベントに選ばれたのは、今回で3回目になる高木三四郎主宰による「本屋プロレス」

まずはその、「BOOKMARK NAGOYA」の趣旨説明から。

BOOKMARK NAGOYA : 本と本屋の魅力を再発見しようというテーマで昨年の2008年に立ち上げられた本のイベント。今年は第2回目いうことで昨年よりもさらにパワーアップして51の団体店舗が参加、期間は2009年3月7日(土)から3月29日(日)までの3週間。
期間中は名古屋を中心とした書店図書店雑貨屋カフェを舞台に本にまつわる様々なイベントが開催される。

公式HPはコチラ(→BOOKMARK NAGOYA

という事でこれほどBOOKMARK NAGOYAの趣旨に適合したプロレス団体は間違いなく「本屋プロレス」しか存在しないワケです。
店内は1時間前から続々とギャラリーが集結してまいりました。人、人、人...あからさまに営業妨害なレベルです(笑)

開催宣言も終わり後は選手の入場、そしてゴングを待つばかり。
果たしてどんな闘いが繰り広げられるのか?

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本屋プロレス 3月7日(土) ザ・リブレット千種店大会

エニウェアフォールタッグマッチ時間無制限1本勝負

高木三四郎&入江茂弘 vs 飯伏幸太&笠木峻


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

09030702.jpg 09030703.jpg

しかし開始前に重大なトラブルが発生との事(なんだ?)で遅れる開始時間。
そして前説をムチャ振りさせられるマンモス半田。やはり大した時間稼ぎもできずに退散(笑)

この日のレフェリーはでら名古屋プロレス宮本武士選手。

09030704.jpg 09030705.jpg

選手入場まずはでら名古屋プロレスの若手2人の。「現役高校生ファイター」笠木峻、続いて「現役書店員、リアル暴れん坊本屋さん」と紹介された「ガッチリボーイ」入江茂弘。
そしてDDTの誇る「ゴールデンスター」飯伏幸太がリング(?)イン。

09030706.jpg 09030707.jpg

最後はDDT社長、でら名古屋プロレス監督、本屋プロレス主宰の高木三四郎入場。
陳列された本をハンドモップで掃除しながら観客を煽って「3、2、1ファイヤー!」

09030708.jpg

睨み合うエプロン姿の4人。とてもいつもは静かな書店とは思えないザワめいた期待感に包まれる店内。

09030709.jpg 09030710.jpg

ゴングと共に組み合う先発の入江と笠木。
まずは入江が笠木の腕をグイと絞ると「オーケー!いいよいいよー入江!」と高木。しかし基本的にその目線は本。

09030711.jpg 09030712.jpg

入江が腕を絞り返されても「絞って絞っていいよーいいよーオッケー」と続ける高木。
グアーという入江の呻き声にようやく気付き「いいよいいよー、ってオイ!!」とツッコミ。

09030713.jpg

両チームスイッチで出てきた高木と飯伏、ハンドモップで激しいチャンバラ合戦。折れてしまいそうな公認凶器。

09030714.jpg 09030715.jpg

高木の強烈な水平チョップに飯伏はエルボーでお返し。高木もエルボーで意地を張り合う。

09030716.jpg 09030717.jpg

それならと高木のニーリフト。飯伏は切れ味鋭くソバット。譲らない二人。

09030718.jpg 09030719.jpg

ソバットの威力に身をかがめる高木だがすぐさま飯伏の背後を取ってデンジャラスバックドロップ。
これを飯伏そのままバック転して床激突を回避。

09030720.jpg 09030721.jpg

飯伏はそのままミドルキック連打で自コーナーに追い込み笠木にタッチ。

09030722.jpg 09030723.jpg

しかしすぐさま蘇生の高木は笠木に重たいニーを叩き込むと高速ブレーンバスター。笠木は大ダメージ。

09030724.jpg

これをタッチを受けた入江が追撃。ストンピングの嵐。

09030725.jpg 09030726.jpg

フォールを返した笠木を引きずり起こす入江。ところがここで笠木逆襲のミドルキックがうなりを上げる。

09030727.jpg 09030728.jpg

これを入江も大きく振りかぶったエルボーで返す。
なおもミドルキックで対抗する笠木に入江はヘッドバット。「ゴン」という音が鳴り響く。

09030729.jpg 09030730.jpg

すぐさま高木は笠木を連れて場外戦に突入。観客の大移動が始まる。
入江と飯伏は激しく打撃戦。

09030731.jpg 09030732.jpg

「トヨタショーック!」と時勢ネタ本の名前を叫びながら、書店内を所狭しと高木と笠木の乱闘が続く。
リング中央に戻って高木は笠木にボディスラム。そしてパイプイスからのフットスタンプ。笠木は悶絶。

09030733.jpg 09030734.jpg

続いてコブラツイストとなおも攻め立てられる笠木。なんとか形勢を逆転
せんと笠木はミドルキック連打。

09030735.jpg 09030736.jpg

うるさいとばかりに高木は笠木を軽々と持ち上げて病院送り必至のパワーボムの態勢へ。
これは笠木一瞬の機転でウラカンラナで切り返し。
代った飯伏はオーバーヘッドキックからミドルキックと高木に叩き込んでそのまま場外戦へ。

09030737.jpg 09030738.jpg

入り口付近では高木と飯伏。
高木をボディスラムで叩きつけると飯伏は本棚の最上段から命知らずのムーンサルトアタック。
すでに店外の入江と笠木。笠木はドロップキックを起点にミドルキック、サッカーボールキックと入江を痛めつける。
戦場はフードコート前まで拡大。高木は飯伏にDDTそして叫びながらブルドッキングヘッドロック。

09030739.jpg 09030740.jpg

再び入り口付近で入り混じりながら4人は激戦。
高木は笠木をニーで沈黙させると、飯伏をホイップして担いでからのデスバレーボム。そこに入江の仰天その場飛びムーンサルトプレス。そのままフォールもカウントは2。
ならばと入江は変形ゴリラクラッチで飯伏にギブアップを迫る。
しかしここは笠木がカット。笠木は高木にトラースキックを浴びせ分断すると後を飯伏に託す。

09030741.jpg 09030742.jpg

入江はひたすらエルボーを打ち込む。飯伏もエルボーで応戦。
飯伏は入江のエルボーをかわすと掌底、ミドル、ソバットの連打。

09030743.jpg 09030744.jpg

座り込んだ入江に飯伏の追撃サッカーボールキック。
これは入江寝そべってかわす。しかしすぐさま飯伏その場飛びムーンサルト。そのままフォールするもカウントは2。

09030745.jpg 09030746.jpg

さらに背後を取ってジャーマンを狙う飯伏だがこれは入江がバックハンドエルボーで引き剥がす。
飯伏の振り向きざまを入江ラリアット。しかしこれをマトリックスでかわした飯伏は入江の側頭部にハイキック。入江の動きが止まる。

09030747.jpg 09030748.jpg

飯伏はそのままバックを取ると重い入江を2段階でジャーマンスープレックスホールド。
これは入江返せず3カウント入って飯伏&笠木の勝利。

「大丈夫か?」と入江に駆け寄り悔しがる高木。
しかし起き上がる入江に「オマエ頑丈だな」と一言。

09030749.jpg 09030750.jpg

「皆さん本日は本屋プロレス、イオン千種店ザ・リブレットにお越しくださいまして本当にありがとうございました。
僕たちは普段からこんな事やってるわけではありません。近いことはやってるとは思いますけど」と高木。

皆さん決してマネはしないでくださいと続ける高木。いや、できないと思います。命惜しいから(笑)

09030751.jpg

かくして大盛況のうちに幕を閉じた本屋プロレス。
一見お遊びとも思えるようなこのシチュエーションの中で、これだけのハイレベルで激しい攻防を見せてくれた選手達ありがとう!
楽しかった!

まずはケロッとしたように見える(多分ダメージは濃い)高木大社長と飯伏君、ありがとう!

09030752.jpg

そして丈夫が才能の入江君、目尻を切りながらも大奮闘の笠木君ありがとう!

プロレスという異空間の中のさらに異空間「本屋プロレス」、次はあなたの家の近所かもしれないですよ。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

明日から関東入りするので観戦記はできないです。まぁいつも忘れた頃にアップしてるんですが(自虐)。
今のところ先々週のホリパラとでら名古屋プロレス第5戦がたまってまね。
なぜか本屋プロレスを先にやっちゃいました。前後してスイマセン。なにせ気分屋なもので(汗)

関東には数日居座るつもりなのでプロレス観戦もタイミングが合えば行こうと思います。確かZERO−1とSEMがやってたかな。
これは観戦記書かないでしょう、ってかムリ。

大阪プロレスも大型連休のようなのでハピウィクも休み。選手の皆さん鋭気を養ってくださいねー。吉野レフェリーは無事国内に帰ってきてくださいね(汗)

というワケで行ってきます。
posted by ラポン at 23:58| Comment(2) | TrackBack(0) | でら名古屋なインディー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おもしろすぎる〜

人気作家さんのサイン会でもここまで盛り上がらないでしょう(笑)

こちらは大きな書店なんですね。
Posted by ふぉんりー at 2009年03月10日 01:10
>ふぉんりーさん

これを許可した関係者の方々に敬意を表しますよ(笑)

まさか書店から外に出られるとは思わなかったですもん

また関東でもあるといいですね♪
Posted by ラポン at 2009年03月10日 01:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ブログのトップに戻る
pwrtitleb3.jpg

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。