2009年03月23日

ホリパラ2009/3/1観戦記  -後半戦-

09032100.jpg

毎度毎度の遅筆なラポンでございます。
それでは後半戦、入ってみよー(開き直り)!

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

大阪プロレス 3月1日(日) デルフィンアリーナ大会

「大阪HOLIDAY PARADISE」

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

セミファイナル タッグマッチ30分1本勝負
ビリーケン・キッド&小峠篤司
     vs
タイガースマスク&政宗

09032101.jpg 09032102.jpg

正規軍コーナーは大阪プロレス王者ビリーケン・キッドに小峠篤司が並び立つ。
対するルード軍はハンマー片手にタイガース、そして伊達男政宗。

09032103.jpg 09032104.jpg

ビリーのコールが終わらないうちにルード軍が急襲して試合開始のゴング。
会場一斉のブーイング。荒れ模様の幕開け。

09032105.jpg 09032106.jpg

タイガースはビリーに狙いをつけるとコーナーでチョーク攻撃からチョップの連打。
すぐさま目まぐるしいアームドラッグ合戦を展開の両者。
ビリーは鮮やかにドロップキックでタイガースを射抜いて「おっしゃー!」とガッツポーズ。

09032071.jpg 09032108.jpg

尻込みするように後退してタイガースは政宗とスイッチ。
正規軍は代って小峠。
チョップを打ち合う中、意表を突いてソバットを打ち込む小峠。

09032109.jpg 09032110.jpg

しかしここでタイガースが小峠を背中から不意打ち。
政宗はコーナーからフォローに出ようとするをビリーを連れ出し場外での鉄柱攻撃。
タイガースも小峠を場外に落とし一方的に痛めつけると、リングに戻った政宗に引き渡す。

09032111.jpg 09032112.jpg

孤立してしまった小峠はルード軍の狡猾な攻めの前にやられたい放題。
ブーイングもなんのその、余裕で観客に挑発してみせるタイガース。
吉野レフェリーのチェックでカットに入れないビリーは歯ぎしり。

09032113.jpg 09032114.jpg

ルード軍の巧みなスイッチワークで攻め込まれ、逆転の糸口が掴めない小峠。
そんな中、「ことうげ悪いやつなんかには負けるなー!」と子供の声援が飛ぶ。
ビリーもこれに呼応して「小峠負けんな!」とエール。

するとこれに目を付けたタイガースはその子供に向かって「世の中悪いヤツが勝つんだよ!」と毒づく。

09032115.jpg 09032116.jpg

それでも「ことうげ負けるなー!」と声援を送り続ける子供の声。
これに応えるように小峠は串刺し攻撃をかわしスワンダイブミサイルキックで脱出。

09032117.jpg 09032118.jpg

タッチを受けたビリーは待ちかねたとばかりにルード軍に対して連続ドロップキック。
そしてタイガースを捕らえてたっぷりと観客を煽ってからのビリンコバスター。

09032119.jpg 09032120.jpg

続けざまに串刺しドロップキックを放ったビリー。
先程の子供を指差し見つめて「正義は勝つ!」

09032121.jpg 09032122.jpg

なおもビリーとタイガースは激しくやりあう。
タイガースのバックドロップをビリーがバク転して着地すれば、タイガースもビリーのバックドロップを同様に着地。
ビリーがタイガースの腕を捕まえてラリアットを打ち込めば、タイガースは腕を捕っての脇固め。

09032123.jpg 09032124.jpg

両陣営のカットが入ってリング上は小峠と政宗。
体力回復の小峠は高速ロープワークからフライングレッグラリアート、低空顔面ドロップキック、スワンダイブボディプレスと一気に畳み掛ける。

09032125.jpg 09032126.jpg

しかし政宗は小峠のソバットをヒラリかわすと懐に飛び込んでコンプリートショット。
続くアンクルホールドに捕らえられた小峠は苦悶の表情。

09032127.jpg 09032128.jpg

またしても小峠に狙いを定めるルード軍。タイガースの串刺しハイキック、政宗のブルーサンダーと立て続けに食らってしまう小峠。

09032129.jpg 09032130.jpg

「ことうげ頑張れー!」の声がひときわ大きく響く。うるさいとばかりにルード軍はダブルのクローズライン。
しかしこれを潜り抜けた小峠はドロップキックで二人まとめて場外に追放する。
そして足踏みで観客を煽ってトップロープ越えのトペ・コンヒーロ追撃弾。

09032131.jpg 09032132.jpg

「小峠(タイガースを)上げろー!オレが天誅を食らわしてやる!」と意気上がるビリー。
無理やりリングに戻されたタイガースは「堪忍したってください!」と許しを乞う。

それでもビリー、観客の後押しを受け「これは小峠の分!!」とライガーボム。

09032133.jpg 09032134.jpg

続いて「天誅ーっ!」と叫ぶとタイガースをトップロープから吊り下げて...、

09032135.jpg

「これはキミの分だぁーっ!」と子供にアピールしてからの強烈な串刺しドロップキック。

09032136.jpg 09032137.jpg

そのままビリーはコーナーに垂れ下がったままのタイガースを肩に担ぐと「これは会場のお客様の分だー!ベルティゴー!」とフィニッシュ宣言。

しかしここはタイガースが暴れて回避。そして間髪いれずのファール攻撃にビリー悶絶。
観客は大ブーイングだが、そこに小峠が「食らえタイガース!」とナイスフォローのコルバタDDT。

09032138.jpg 09032139.jpg

場外ではビリーと政宗が乱闘状態。
ビリーの「決めろ小峠!」の声に小峠は威力充分のトラースキック。
ここからロープに走る小峠だがタイガースがいきなり蘇生。不意に立ち上がるとカウンターのラリアットを小峠に浴びせてみせる。
途端に失速の小峠にタイガースは垂直落下ブレーンバスター。

09032401.jpg 09032141.jpg

そしてタイガースにとどめのバズソーキック「満月の夜」を食らってしまった小峠はKO状態。そのまま3カウントを聞いてしまうことに。

09032142.jpg 09032143.jpg

勝ち誇るルード軍。タイガースは最後まで必死に正規軍を応援していた子供の方を向くとマイクを握る。
「どうだ!分かっただろう!マジメにやってもダメなんだよぅ!
小僧!よく覚えておけ!マジメにやったってなぁ、いい事なんてひとっつも無いんだよ!!」

09032144.jpg 09032145.jpg

「そんなことない!」と自信たっぷりに言い返す子供。観客は拍手。

するとタイガース「だがな!オマエが今後の人生で勉強をよく頑張り!友達ともよく遊び!何よりお父さんのことをよーく聞いてたら勝てるかもしれないなぁ!
だがオマエにはムリなこった!ハハハハッバカヤロウ!」
ウィットの利いたマイクにブーイングと拍手が入り混じる場内。

09032146.jpg 09032147.jpg

ビリーはルード軍が去った後、悔しさをにじませながらもマイクを取る。
「タイガース!オレ達は諦めないぞ!何度負けても!何度敗れてもオレ達は立ち向かってゆく!そしてオレ達の考えが正しいって事をハッキリ証明してやる!」

入場口で冷やかすタイガースたちに「見てろ!努力は必ず報われるって事を証明してやるからな!」と言い放つビリーはなおも続ける。
「すぐには結果は出ないかも知れません!でも、諦めず!挫けず!一歩一歩前進することが大事なんです!
その結果!必ず最高の勝利を!最高の瞬間を味わうことができるんです!
これからも小峠と一緒に頑張っていきます!みなさん今日はどうもありがとうございました!」
拳を突き上げる彼らを観客は大声援で包んだ。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

何気ない子供の声援から、試合は激しいながらも笑いあり、そして最後は感動ありの一昔前の特撮ヒーローもののような展開に。
何かビリーやタイガースの言葉を聞いててこそばゆい感じもしたけれど、それはきっと現代人が日々思っていることをタイガースが、そして奥底に眠っている熱い気持ちをビリーがほじくったからなのだと思います。

この試合はベストバウトなどと評価される試合とは違う。だけどハッキリと心に残った素晴らしい試合でした。
あの時の子供がビリーとタイガースのマイクを聞いてどう思うか。それは間違いなく将来的に良い方向なのだと思いますよ。

ここまで言うとオーバーかもしれないけどこれこそプロレスの教科書。技とか技術とかいう話ではなくて、今の世間にプロレスが発信しなければいけないのはこういったプロレスが持つ立ち向かう精神なのではないかと思うんです。
これがホリパラの何の変哲も無いタッグマッチでフト生まれるのが大阪プロレスの凄いトコ。
いや、いいもの観させていただきました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ビリーケン・キッド&×小峠篤司
(13分43秒満月の夜→片エビ固め)
○タイガースマスク&政宗

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

メインイベント タッグマッチ60分1本勝負
アジアン・クーガー&松山勘十郎
     vs
くいしんぼう仮面&えべっさん

09032148.jpg 09032149.jpg

ユニーク軍の中に一人迷い込んだアジアン・クーガー。
迷える子羊か、はたまた食物連鎖の頂点か。

先発はクーガーとえべっさん。
勘十郎は自信たっぷりに「相手はえびすだぞ!秒殺だ!」とクーガーを煽る。
ところがクーガー「勘十郎!先輩やないか先輩!謝れ!」といきなり不協和音。

09032150.jpg 09032151.jpg

「...スイマセン」とあっさり謝る勘十郎にクーガー「カッコ悪い」と今度は非難。

すると今度はえべっさん「チョット待てや!カッコ悪いってこういう役いつもオレがやっとるんや!それをカッコ悪いってどういう事や!」と怒る。
そんなえべっさんにクーガー「まぁまぁまぁ」とクイッと飲むしぐさ。

飲み仲間のクーガーとえべっさん、スグに仲直りしたところで二人向かい合ってファイティングポーズ、そしてパートナーにタッチ。
「何もしてないやないか」とツッコむ吉野レフェリー。

09032152.jpg 09032153.jpg

代って勘十郎とくいしんぼう。
バックの取り合いからアームドラッグ合戦。勘十郎はいつものようにヘッドスプリングで起き上がって得意顔。

09032154.jpg 09032155.jpg

「カッコええやろ」と自慢する勘十郎に「くいしんぼうかてできるわ!」とえべっさんが代弁。
その言葉通り見事ヘッドスプリングを決めてみせる勘十郎。

09032156.jpg 09032157.jpg

続いて難易度の高いヘッドスプリングもこなした生意気なくいしんぼうに勘十郎「これはできんやろ!よぉ見とけよ!」とトップロープのコーナーパットを使ってのヘッドスプリング。
観客は勘十郎の妙技に喝采。

09032158.jpg 09032159.jpg

それでもえべっさん「それくらいできるわ!くいしんぼうを見とけよ!」と自分の事のように自信たっぷりの宣言。

しかしコーナーに上ったくいしんぼう恐がってプルプル。
「オマエできんのなら降りて来いや!」と近付く勘十郎。
くいしんぼう待ってましたとダイビングボディアタック。

09032160.jpg 09032161.jpg

そのままフォールに入るくいしんぼう。返す勘十郎。
くいしんぼうの足をすくってフォールの勘十郎。返すくいしんぼう。
吉野レフェリーの足をすくってフォールのくいしんぼう。返す吉野レフェリー。

3人揃ってファイティングポーズ。

09032162.jpg 09032163.jpg

「わしもやりたい」とえべっさんリングイン。
ところが出てきたのはクーガー。
ここからバックの取り合い。そしてクーガーの背中から顔を覗かせるえべっさん「今日はドコ飲みに行こ?」

クーガー「行ったばっかやがな!」

えべっさん「喰い放題でえぇトコあるからいこ!」

クーガー「いつ行こ?」と喜ぶクーガーだが油断したところをえべっさんガッチリとコブラツイスト。

09032164.jpg 09032165.jpg

これを簡単に振りほどいてしまったクーガーにえべっさん「大丈夫?大丈夫?」とおそるおそるの妙なフォロー。
憮然とするクーガーに「まぁ機嫌直してや、こんなこともあろうとコレを用意して来てるがな」と小指を立てるえべっさん。

「さすがえべっさん」とコロッとオチるクーガー。

えべっさんは客席に向かって「ヨネ子ちゃーん!ヨネ子ちゃんこちらへー!」と手を振ってみせる。

そして思わずのめって覗き込むクーガーに「...そう言ったら来ると思ったやろ」とえべっさん。

クーガーは「来ないんかい!」とオーバーアクションで受け身。しかし会場は見事なくらいにウケずシーン。

精神的に大ダメージを受けたクーガー、恥ずかしさを紛らわすべくえべっさんとオイオイ小突きあって「ユッフォ!」

09032166.jpg 09032167.jpg

少し気まずさの残るリング上に勘十郎とくいしんぼう。ルチャムーブをお約束で転ぶ勘十郎。
そこからクルクル回ってくいしんぼう、みんな揃って欽ちゃんジャンプ。お客さんは大喜び。

09032168.jpg 09032169.jpg

ならばと続く勘十郎「いーざぁー♪」とロープ渡り。
蝶々役は同じチャンピオン同士とクーガーを指名する勘十郎。
しかしクーガーの蝶々は好き勝手に飛び回る。
「どこにいくねん!」とキレる勘十郎。

09032170.jpg 09032171.jpg

リング上はまたしてもクーガーとえべっさん。
今度はクーガーのコブラツイストがえべっさんを捕らえる。

「今日ドコ行く?」とまたも油断させようとするえべっさん。

「またそれか!」とよりキツく絞め上げるクーガー。

09032172.jpg 09032173.jpg

ここで勘十郎のハリセンがえべっさんを追撃。
痛がりながらもなんとかロープを掴んで逃れたえべっさんは勘十郎をコーナーに投げつけて串刺しラリアット狙い。もちろん勘十郎はハリセンで迎撃。

09032174.jpg 09032175.jpg

ここで凶器には凶器と竹刀を持ち出すくいしんぼう。
竹刀の前にハリセンは叩き飛ばされくいしんぼうの乱打をまともに受ける勘十郎。
そして竹刀リバース・インディアンデスロックに「ぐあぁー!」と悶絶する勘十郎。

09032176.jpg 09032177.jpg

起き上がる勘十郎になおも竹刀を振り下ろすくいしんぼう。勘十郎はキレてビンタで返す。
こっちもキレたくいしんぼうが竹刀を投げ捨ててたちまちビンタ合戦に突入。
くいしんぼうにはフルスイングで張られ、吉野レフェリーにも壮絶な一撃を食らってしまう哀れな勘十郎。

09032178.jpg 09032179.jpg

ヨロめく勘十郎にくいしんぼうは素早くスクールボーイ。ここはクーガーが出てきてカット。
えべっさんも入ってきてリング上、ヘッドロックごっつんこから全員仲良くフラワーダウン。

09032180.jpg 09032181.jpg

リングに残ったクーガーとくいしんぼう。
くいしんぼうはクーガーを倒そうと何度も走りこんではラリアット。「来いやコラ!」と微動だにしないクーガー。
その横っ面にグーパンチのくいしんぼう、続いてヘッドロックから指をクルクルッと回すUターンポーズでクーガーのマネ。
勢いよくUターンブルドッキングに挑戦のくいしんぼうだったがUターンの勢いでそのまま放り投げられてしまう。

09032182.jpg 09032183.jpg

見本を見せてやるとばかりに「Uターン行くぞ!」と本家本元クーガー。
鮮やかにUターンブルドッキングヘッドロックを決めてみせる。

09032184.jpg 09032185.jpg

ここからが見せ場とクーガー、くいしんぼうをセットするとリングからエプロンに飛んでギロチンドロップ。
しかしこれをかわして見せたくいしんぼう、同じようにクーガーをセットするとリングからエプロンに飛んで...着地してうまか棒。

09032186.jpg 09032187.jpg

場外で立ち上がるクーガーにくいしんぼうは追い討ちのラ・ケブラーダ。
会場からはおぉーっと歓声。

09032188.jpg 09032189.jpg

リングでは勘十郎とえべっさんがモンゴリアンチョップ合戦。
これに打ち勝ったえべっさんは串刺しラリアットからブレーンバスター。

09032190.jpg 09032191.jpg

劣勢の勘十郎だったが豚の角煮ですぐに逆転。思わず場外に落ちたえべっさんに間髪入れずにトペ・スイシーダを放つ。

そして今度こそクーガーの出番、面目躍如の場外弾トペ・コンヒーロから場外チェアアトミコとえべっさんとくいしんぼうに大ダメージを与える。

09032192.jpg 09032193.jpg

この好機に勘十郎はフラフラのくいしんぼうをリングに戻すと、コーナートップで「絶景かな!絶景かなぁー!」と見栄を切ってからのダイビングボディプレス「山門」。
勘十郎、必殺技で3カウントを奪い見事勝利を収めてみせる。

09032194.jpg

晴れ晴れと胸を張りマイクを握って勘十郎。
「みなさん!今日はどうもありがとうございました!
大阪お笑いチャンピオンと大阪プロレスタッグチャンピオンの夢のチーム、見事勝利を掴みました!」

観客の大歓声に満足そうな勘十郎、なおも続ける。
「えべっさんが試合中にもかかわらずクーガーを散々飲みに誘っていましたが、こんなにもお客さんに喜んでいただいたのなら、えべっさんもさぞかしオイシイお酒が飲めることでしょう...ねぇえべっさんっておおぉ!!」

いつの間にかリング中央で前触れなく危篤状態のえべっさん。

09032195.jpg 09032196.jpg

驚いて歩み寄る勘十郎「えべっさん!なんか手ぇ組んでる!これはえべっさんが余命幾ばくもない状態...
ではえべっさん!事切れる前に何か!何か一言!!」

えべっさん口元にぶら下げられたマイクに向かって息も絶え絶え「クーガーさんまた一緒に飲もうや...
飲んでぇー飲んでぇー飲まれてぇー飲んでぇー(中略)静かに眠るのでしょう♪」とコブシを利かせて熱唱。
すすり笑いに包まれる会場。

そのあまりのグダグダ加減に勘十郎「えべっさーん!半分以上歌えてないよー!こんなんじゃ終われないよ!ここは何か明るい曲でもポチッ!」と胸の選曲スイッチを押す。

するとえべっさんブフッと一人笑いしながら「飲んで飲んでー♪飲んで飲んでー♪飲んで飲んで♪飲んで飲んで♪飲んで飲んでキュ♪モロキュー、オバQ、肩脱臼♪」と歌いだす。

とりとめもなく壊れてゆくえべっさんを勘十郎が手刀で介錯「えべっさーん!!えべっさーん!!自分で笑いすぎじゃー!!
...あっ、えべっさんが奇跡的に息を吹き返した」
何事もなかったように甦るえべっさん。

09032197.jpg

締めの役目は結局勘十郎「...というワケで大阪プロレス、笑いあり、熱狂あり、涙あり、感動ありでお一人でも、カップルでもご家族連れでも皆さんに楽しんでいただけることを約束いたします!
どうぞ皆様またお気軽に遊びに来てください!本日はどうもありがとうございました!」

最後はメインの全員で手を挙げて観客にアピールしハッピーエンド。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

クーガーさんのキャラクターをも笑いで吸収してしまったユニーク軍。すでに貫禄の舞台です。
定番ネタをうまく進化させて常に新しいものを見せ続ける事は、同時にそのネタとネタの間を繋ぐしっかりとしたレスリング能力が無いとできない事。
ホントは凄い危険の中でやってることなんて微塵も感じさせないリング内。
プロレスと笑い。どっちもできるかと問われれば一般の人はどっちもできない。
だからこそそのパワーをもらいにくる価値があるんですよ。


全5試合、とくにこの日は勘十郎の言った「笑い、熱狂、涙、感動」を詰め込んだ大阪プロレスらしい興行だったと思います。
プロレスがお約束事ばかりだと思っているなら一度デルアリに来て欲しい。
まさにライブ感。その会場の空気を吸っているからこそ感じられる面白さ、爽快さ、そして驚き。是非とも体験していただきたいです。
自信たっぷりに選手が待ってますよ。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

アジアン・クーガー&○松山勘十郎
(14分39秒山門→体固め)
×くいしんぼう仮面&えべっさん

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

数日前からシステム改良されてケータイでのブログ画像がサムネイル表示されるようになったみたいです。
これを観戦記が読みやすくなったと見るべきか、それともより表示が遅くなってよりイヂメのようなブログになったと判断すべきか(汗)

とにかく1ページ毎の表示は設定で現時点より少なくできるみたいです。要は今より一度に表示するデータを少なくできるって事です。
そうするべきなのかどうなのか分かりません。なにかご要望ありましたらご意見くださいませませ。
posted by ラポン at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪プロレス観戦記2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ブログのトップに戻る
pwrtitleb3.jpg

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。