2009年04月04日

ホリパラ2009/3/15観戦記  -前半戦-

09040100.jpg

さぁて3月15日のホリパラ前半戦です。
シングル3連発、行ってみよー。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

大阪プロレス 3月15日(日) デルフィンアリーナ大会

「大阪HOLIDAY PARADISE」

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

第1試合 20分1本勝負
秀吉 vs 三原一晃

09040101.jpg 09040102.jpg

若手ながら体重を活かした技の威力が持ち味の三原。それを受け止めるはパワーファイター秀吉。

まずはロックアップでの力比べから秀吉のヘッドロック。三原を絞めあげて放さない。
何とか振りほどいた三原はタックル。それでも倒れない秀吉に三原は意地でタックル連発、ついには秀吉をダウンさせることに成功。
たまらず場外にエスケープの秀吉、リングに戻ると生意気ワンショルダーにミドルキックの連打。

09040103.jpg 09040104.jpg

その威力の前に呻き声を上げる三原をコーナーに叩きつけて秀吉は走りこんでの串刺しバックハンドエルボー。そしてそのままチョップ&ラリアット「いつものやつ」で三原を休ませない。
たまらず崩れ落ち倒れた三原を秀吉が押さえ込む。

09040105.jpg 09040106.jpg

まだまだとフォールを返してくる三原に、フットスタンプ連打などのエグい攻撃を続ける秀吉。そこから更にはブレーンバスターの体勢。

しかしこれを踏ん張った三原はブレーンバスターで投げ返してみせる。
ここから三原の猛反撃。串刺しのスプラッシュ、ボディスラム、フライングソーセージと続けてがむしゃらにフォール。

09040107.jpg 09040108.jpg

連続攻撃に面食らいながらもこれを返して見せた秀吉。お返しとばかりにブルドッキング・ヘッドロック、フライングラリアートと強力な技を浴びせてがっちりフォール。

しかし三原もカウント3を許さない。フラフラになりながらも秀吉のラリアットにラリアットを合わせ対抗してゆく。
それでも力差からかラリアットを振り抜かれダウンする三原。しかしここからのフォールも返す執念の三原。
そんな三原に秀吉はついに必殺の刀狩。さすがに三原これは耐え切れずギブアップ。

秀吉は片手を挙げて三原の健闘を称えてみせる。会場から湧き上がる大きな拍手も彼の頑張りが呼び込んだものだ。

○秀吉
(8分37秒刀狩)
×三原一晃

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

第2試合 30分1本勝負
ビリーケン・キッド vs えべっさん

09040109.jpg 09040110.jpg

リングサイドを練り歩いてえべっさん入場。

続いてベルトを携えてビリーケン・キッド入場。今日も素敵にハイテンション、カメラを向けるファンに嬉しそうにベルトを掲げてみせる。

09040111.jpg 09040112.jpg

「今日はホンマのレフェリングというもの教えたるからな。よう見とけ!」まずは吉野レフェリーに注文をつける不敵なえべっさん。
そのえべっさんを睨み付け、仇でも前にしたかのようにファイティングポーズを崩さないビリー。

09040113.jpg 09040114.jpg

ゆっくりと腕の取り合いの両者。しかし急にスピードアップのビリーはアームドラッグでえべっさんを放り投げて悠々と観客にアピール。
「早すぎるわ」とブツブツ言うえべっさん、今度はタックル合戦へ。

09040115.jpg 09040116.jpg

力強いフライングタックルでビリーを吹っ飛ばし場外へと送るえべっさん。手拍子で観客を煽って場外へダイブ予告。

09040117.jpg

しかしロープ際でブレーキのえべっさん。
「飛んでみろよ!」とキレ気味のビリー。

09040118.jpg 09040119.jpg

リングに戻ったビリー。その顔はキレているようにも笑いを堪えているようにも見える。

そんなビリーにえべっさんはコブラツイスト。そして片手でロープを握ると「見てみぃ、ロープ掴んどるやないか。これは反則違うんかい」と吉野レフェリーに説教。
「自分で言うか?」としぶしぶ反則カウントを数える吉野レフェリー。

09040120.jpg 09040121.jpg

早くもグダグダ感が漂ってきたリング上。
これを立て直そうとビリーはガットショットからえべっさんをコーナーに追い詰めてビリンコバスターに入るアピール。
そのビリーに注意を促す吉野レフェリー。

するとえべっさん「ここは、ビリーの見せ場やないか。見て見ぬふりをせんかい」とレフェリーの心得を諭す。
そして堂々とビリンコバスター(2発)を受けたえべっさんたまらず嗚咽。

09040122.jpg 09040123.jpg

観客の歓声で乗ってきたビリー、よろめくえべっさんを「カモン!」と挑発。
するとえべっさん「なんやて?カモン?」としつこく聞いてくる。
ビリーは「カモンに食いつくな!恥ずかしいじゃねぇか!」と逆上してえべっさんをコーナーに叩きつける。

そこから串刺しラリアットを狙ったビリー。しかしえべっさん逆にラリアットで迎撃すると間髪いれずにジャンピングDDT。

09040124.jpg 09040125.jpg

このチャンスにバックを取ったえべっさん。しかしビリーはジタバタと抵抗。
ショートレンジラリアットで反撃したビリーは素早くコーナートップに登りミサイルキックであっさり逆転。

09040126.jpg 09040127.jpg

えべっさんを引きずり起こしたビリーはもういいとばかりに「もう死んでくれ!ライガーボムだー!」とフィニッシュ宣言。
しかしこれを持ち上げてショルダースルーのえべっさん。

起き上がったビリーはすぐさまソバットを狙うもえべっさんこれを避けて素早くスクールボーイで丸め込む、しかしカウントは2。

09040128.jpg 09040129.jpg

なおもしつこくスクールボーイを繰り出すえべっさん。ことごとくカウント2で返すビリー。
たまらず「今のは3つやろ!」と吉野レフェリーに詰め寄るえべっさん。

09040130.jpg 09040131.jpg

「オマエが3つ叩かなきゃ誰が叩くんだ!命がけで叩け!」と意味不明の説教を繰り広げるえべっさん、目を覚ませとばかりに吉野レフェリーにビンタ。吉野レフェリーも張り返す。
そして感極まった両者、力強くハグ。

09040132.jpg 09040133.jpg

するとその隙にビリーがえべっさんをクルリと丸め込み。
そして言いつけ通りに魂込めて3カウントを叩く吉野レフェリー。

コーナーで勝利アピールのビリー。

一方呆気に取られたえべっさんだったが「さっきのスリーカウントはしっかり胸に届いた!この試合の勝者はビリーでもわしでもない!吉野オマエや!」と吉野レフェリーに合格点。
そしてえべっさんは吉野レフェリーにまたもビンタ。張り返す吉野レフェリー。そして力強くハグする二人。

果たしてえべっさんのレフェリー道は吉野レフェリーに伝わったのだろうか。

○ビリーケン・キッド
(10分31秒エビ固め)
×えべっさん

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

第3試合 30分1本勝負
小峠篤司 vs ヲロチ

09040134.jpg

這いずりながらヲロチがリングイン。待ち受ける小峠、大蛇退治なるか。

09040135.jpg 09040136.jpg

開始のゴングからいきなりスピード感溢れる攻防。ヲロチのラリアットを潜り抜けてロープワークの小峠。
そこにバックハンドエルボーを浴びせるヲロチ。続いてタックルで抱きかかえたまま突進。小峠はフワッと離れるとそのままロープに走って返す刀で打点の高いドロップキック。

09040137.jpg 09040138.jpg

倒れないヲロチにソバット一閃の小峠。片膝を付くヲロチ。小峠ならばとチョップ連発。

09040139.jpg 09040140.jpg

仰け反るものの効かないとばかりにヲロチ。小峠を掴んでボディスラムからストンピングの嵐。

09040141.jpg 09040142.jpg

負けじとソバットで反撃の小峠。そこからスリーパーホールドでヲロチを絞め上げる。
ところがヲロチその手に噛み付いて技を解いてみせる。噛み付きながらゆっくりと立ち上がるヲロチ。

09040143.jpg 09040144.jpg

動揺する小峠をヲロチは場外に投げ出すと会場を引きずり回しながら痛めつける。
リングに戻されてからも小峠はコーナーに宙吊りにされ反撃もできないまま急所攻撃を受け続ける。

09040145.jpg 09040146.jpg

そしてヲロチは小峠を抱え上げると2度3度と豪快にマットに叩きつける。鳴り響くマット音、その威力に拷問技と化すボディスラム。

09040147.jpg 09040148.jpg

充分にダメージを与えた小峠にヲロチは覆い被さっての噛み付き攻撃から胴絞めスリーパー。
じわりじわりとダメージを与え小峠を追い込んでゆくヲロチ。

09040149.jpg 09040150.jpg

これを何とか耐え抜いた小峠、ロープに振られるも逆にコルバタ式DDTを決めて反撃開始。
スワンダイブミサイルキック、そして高速ロープワークで幻惑してからのフライングレッグラリアートが連続でヲロチを捉える。

09040151.jpg 09040152.jpg

ここで怒ったヲロチは小峠を無理やりリバースブレーンバスターの体勢に。
しかしこれを背後に着地して見せた小峠は攻撃を狙うがヲロチは吉野レフェリーを盾にして防御。
一瞬ひるんだ小峠に後ろ蹴りで急所攻撃を繰り出すヲロチだが、これをかわした小峠は強烈なトラースキック。

09040153.jpg 09040154.jpg

「決めるぞオラ!」とうずくまるヲロチに近付く小峠。
ヲロチが中腰になったところでロープに走る小峠。しかし待っていたのはナックルパート。そしてすぐさま急所を蹴り上げるヲロチ。小峠は悶絶。

09040155.jpg 09040156.jpg

完全に動きの止まった小峠をヲロチは捻るようなチョークスラムで叩きつける。
そしてアルゼンチンバックブリーカーに抱えあげると旋回して落とす必殺の鬼風車が炸裂。

09040157.jpg 09040158.jpg

ピクリとも動けず3カウントを聞いた小峠はそのまま大の字。それを這いずりながら忍び寄ってきたヲロチが見つめる。
どこまでも不気味なヲロチに戦慄を隠せないまま小峠はその退場を黙って見つめるしかなかった。

×小峠篤司
(9分54秒鬼風車→片エビ固め)
○ヲロチ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

試合の雑感は対戦結果記事をどうぞ。
(→ホリパラ3/15試合結果 with マイベストショット)

試合は後半戦に続きます。
posted by ラポン at 01:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪プロレス観戦記2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ブログのトップに戻る
pwrtitleb3.jpg

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。