2009年04月08日

でら名古屋プロレス活動休止

090407dera.JPG

先週末、でら名古屋プロレスの代表が起こした不祥事(→毎日.JPの記事はコチラ)を受けて4月6日の夜、高木監督が団体の休止を発表いたしました。

以下は公式HPのブログに掲載された全文。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

でら名古屋プロレス活動休止のお知らせ

でら名古屋プロレスはこの度の代表の不祥事について責任を重く受け止め、団体としての活動を休止させていただくことをご報告いたします。応援していただいたファンの皆様、また団体、選手を支えていただいた方々、更にはプロレスに関わる全ての方々にご迷惑をおかけいたしました事を心よりお詫び申し上げます。

尽きましては7月26日午後5時30分より中村スポーツセンターで予定しておりました、
一周年記念大会は中止とさせていただきますが、同日同時間にでら名古屋プロレスを応援していただいた方々にお詫びと感謝の気持ちをこめて入場無料のラスト興行をさせていただき、けじめの形を取らせていただきたいと思います。なお前売り券をすでに購入されているお客さんは当日、受付にてチケット料金をご返金いたします。
(昼のDDTとの通し券は半額分を返金いたします)

選手達は現役を続けていく強い意思を持っています。
でら名古屋プロレスの所属選手であったSHIGERU、入江茂弘、宮本武士、笠木峻は高木三四郎、高井憲吾で責任を持ってこれからも活動の場を提供していきたいと思います。今後も変わらぬ応援、ご支援よろしくお願いいたします。

今まででら名古屋プロレスを応援していただきまして誠にありがとうございました。
重ねてお詫び申し上げます。


平成21年4月6日
でら名古屋プロレス
高木三四郎 高井憲吾 SHIGERU 入江茂弘 宮本武士 笠木峻 スタッフ一同

             ※でら名古屋プロレス公式HP及びブログより抜粋

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

事実の程は捜査が進まないと分からない部分もありますが、少なくとも関与はしているのは間違いないわけで...。
個人的にも面識もあった方なので第一報があったときは目を疑いました。
土日と大阪にいる間も何度もその事が頭をよぎって、なんとか団体の存続だけは...と願っていたのですが。

でも、今回の決定は当たり前と言ってしまえば当たり前。
プロレスだろうと他の業種だろうと今回の事件が与える社会的影響、そしてそこから発生する社会的責任を考えればこれ以外に道は無かったのかもしれません。

このブログの開設当初から大阪プロレスと並行と言う形ではありましたがその成長を期待していた者としてはやはりショック。
でら名古屋プロレスの発展と共に名古屋のインディープロレス界が相乗的に底上げされていく様をワクワクしながら見守っていました。
まもなく1周年、そんな矢先のこの出来事。

そして昨日の夜、活動休止という四文字を目にした時に最初に浮かんだのはやはり所属していた選手達の受け皿はどうなるのかという事。
生え抜きの入江茂弘、宮本武士、笠木峻、そして彼らの兄貴分SHIGERU。
果たしてこれからも名古屋で彼らの活躍は見られるのか。そして一つになっていた素晴らしいチームは何らかの形で存続するのか。
それらは今の時点ではハッキリしていません。

でも救いはあります。
こんな事があっても彼らのプロレスへの情熱は冷めていない。
負けても負けても這い上がってきた彼ら、中途半端に投げ出すようなことは決してしないはず。
彼らの心の強さはファンだけでなく、彼らが肌を合わせた多くの団体の選手達にも伝わっているはず。
高木監督と高井コーチだってこれからも皆を支援していくと約束してくれているのだから。
間違いなく言えるのはこれからも彼らのその成長を目にしてゆくことができるという事。

もちろんこの痛手を忘れるには時間が必要かもしれない。
しばらくは心の傷となって残るのかもしれない。
それでも、でら名古屋プロレスという名の運命が引き合わせた彼ら若武者達。その心の中にある闘志はこの逆境を乗り越え、これまで以上に強く燃え盛るに違いない。

将来この名古屋で芽生えた力が日本、いや世界のプロレス界に羽ばたきますように。

ありがとう、でら名古屋プロレス。

そして選手のみんな、これからもよろしく。
posted by ラポン at 01:41| Comment(2) | TrackBack(0) | でら名古屋なインディー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ホント残念なニュースですわ。
選手達なーんも悪くないのに、戦いの場がなくなっちゃうなんて.....

「でら名古屋プロレス」ってラポンさんのブログを通し
自分もけっこう気になってたんですよ。
入江選手に関しては何度か東京で試合見てるしね。

この先、個々の選手がそれぞれの道で頑張れることを祈りましょう。(^^)




Posted by ふぉんりー at 2009年04月09日 22:22
>ふぉんりーさん

正直ショックは隠せません。
でも一番ショックを受けているだろう選手達が強い意志で続ける気持ちを持っているのは幸いです。

ならば運命を切り開くのも彼ら選手次第ということです。
今回の事がプラスに働くかマイナスに働くかは分からないのですから。

もし名古屋が基盤で無くなったとしても彼らを応援していきますよ(*≧∇≦)ノ
Posted by ラポン at 2009年04月10日 05:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ブログのトップに戻る
pwrtitleb3.jpg

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。