2009年04月15日

サタナイ2009/3/28観戦記  -前半戦-

09032800.jpg

ストーリー的にはとっくに先に進んでますが先月末のサタナイの前半戦をどーぞ。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

大阪プロレス 3月28日(土) デルフィンアリーナ大会

「SATURDAY NIGHT STORY」

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

第1試合 6人タッグマッチ20分1本勝負
冨宅飛駈&ミラクルマン&新村一樹
     vs
タイガースマスク&ブラックバファロー&政宗

09032801.jpg

最近では珍しいオープニングからの6人タッグマッチ。
赤コーナーは冨宅とミラクルに加えハピウィクからサタナイへ初参戦の新村一樹を加えたトリオ。
青コーナーは何か企んでいる様子の最悪軍団。

09032802.jpg 09032803.jpg

ゴングが鳴り先発で出てくる新村と政宗。
がっちりとロックアップから新村はヘッドロックへ移行、それを解いてリストロックの政宗。まずはオーソドックスに試合を組み立ててゆく。
それを見守る冨宅とミラクル。

09032804.jpg 09032805.jpg

続いてミラクルとタイガース。
今度はスピーディーな攻防に変わるリング上。両者アームドラッグの応酬からタイガースはラリアット。
これを側転でかわしたミラクルはフライングクロスチョップ。タイガースは場外へ。

すぐさま入ってきたバファローをミドルキック連発でコーナーに追い詰めるミラクル。

09032806.jpg 09032807.jpg

ミラクルは冨宅と連携、ダブルのクローズラインでバファローをダウンさせる。

後を任された冨宅は起き上がるバファローにミドルキックの連発。
バファローはロープに走ってラリアットで反撃を試みるが、冨宅は屈んで回避、返す刀でドロップキック。そして座り込んだ背中に痛烈なサッカーボールキック。

09032808.jpg 09032809.jpg

冨宅のタッチを受けた新村はバファローにサイドスープレックス。
しかしバファローはタックルから形勢逆転。新村のテーピングした右肩にエグいニードロップを投下する。
続くタイガースもサッカーボールキック連発からボディスラム、そしてダウンする新村の側頭部にヒザを押し当てて冨宅とミラクルを挑発。

09032897.jpg 09032811.jpg

最悪軍団コーナーに捕らえられてしまった新村。
政宗は両手を掴んで新村の体を浮かせるとそのままストンピングでマットに叩きつける。代ったバファローはしっかり溜めを作ってのギロチンドロップ。

09032812.jpg 09032813.jpg

早いスイッチワークでの容赦ない攻めが続く。タイガースのエルボーには懸命にエルボーで返してゆく新村だが、顔面を掻きむしられるラフ攻撃で敢え無く失速。

09032814.jpg 09032815.jpg

そのままコーナーでのハイキックで新村をダウンさせたタイガース、今度はその後頭部にヒザを押し当てる。無理やり起き上がらせると首をロックしたまま何発もヒザを突き上げる。
「新村!戻って来い!」とミラクルの檄が飛ぶ。

09032816.jpg 09032817.jpg

その声に応えるように新村はタイガースのブレーンバスターを踏ん張って踏ん張って、逆に投げ返し脱出。
新村の反撃に大歓声が飛ぶ。
すでにコーナートップに登っていたミラクルはタッチを受けると追いすがるタイガースにミサイルキック。

09032818.jpg 09032819.jpg

ここで政宗が入ってきてミラクルを襲撃。
それでもミラクルは政宗にバファローへの同士討ちを誘うと、その政宗にステップ延髄斬りから「ドライバー!」と叫んで得意のミラクルドライバー。

09032820.jpg 09032821.jpg

そのまま場外のタイガースとバファローにプランチャを敢行するミラクル。
リング上では冨宅がミドルキックの応酬からバックドロップを狙う。

09032822.jpg 09032823.jpg

これを政宗が堪えると見るや瞬時にチキンウイングフェースロックに切り換えてみせる冨宅。そしてそのまま引き倒して今度は腕ひしぎ逆十字固め。

09032824.jpg

完全に腕が極まったと思われた矢先、今度は政宗の腕が冨宅の左足に絡みつきアンクルホールドで立場逆転。
スタンディングに移行され苦痛に顔をゆがめる冨宅だったがここは新村がすぐさまカットプレー。

09032825.jpg 09032826.jpg

これに呼応するようにリングになだれ込んだ最悪軍団は再び新村を標的に。
コーナーに叩き付けた新村にタイガースのバックハンドエルボー、政宗の政宗のエルボースマッシュ、そしてバファローのラリアットと3連続のトレイン串刺し攻撃。

ここから再びバファローのラリアットを食らってダウンの新村。しかしカウント2で肩を上げてみせる。
ならばとバファロー「終わりだ!」とバックドロップ。しかし新村は体を浴びせ返してプレス、そのままフォール。焦ったバファロー、何とか2カウントで返す。

09032827.jpg 09032828.jpg

場内からは「新村!」の声援が飛び交う。
しかしスタミナを使い果たし足元がおぼつかない新村。そこにまたもバファローのラリアット。
それでもカウント3は許さない意地の新村。その粘りに更にヒートアップの場内。
手を焼くバファローだったが、捻りを加えたエグさ抜群のバックドロップ、ついにとどめを刺してみせる。

09032829.jpg 09032830.jpg

意外に手こずったといった顔つきの最悪軍団、やれやれと退場。

そして大きなダメージを食らいながらも立ち上がる新村選手に場内から大きな拍手が送られる。
ミラクルは「新村選手のナイト初登場合格!これからも応援してやってください!」と冨宅と共に新村の頑張りを称えてみせる。


冨宅飛駈&ミラクルマン&×新村一樹
(9分44秒バックドロップ→片エビ固め)
タイガースマスク&○ブラックバファロー&政宗

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

第2試合 30分1本勝負
くいしんぼう仮面 vs えべっさん

09032831.jpg 09032832.jpg

たっぷりと入場時間をかけて「中小企業の守り神」えべっさんと「道頓堀の大食い自慢」くいしんぼう仮面の入場。
「くいしんぼうの方がお菓子多いな?」とテッドレフェリーに言われ、しどろもどろに反論するえべっさん。

09032833.jpg 09032834.jpg

試合は始まるなり大くいしんぼうコール。
「くいしんぼう!チャッチャッチャッ♪くいしんぼう!チャッチャッチャッ♪」

負けじと大えべっさんコールも湧き上がる。
「えべっさん!チャッチャッチャッ♪えべっさん!チャッチャッチャッ♪」
嬉しそうに煽るえべっさん。

09032835.jpg 09032836.jpg

続いてなぜかテッドレフェリーにもコール。
「テッド!チャッチャッチャッ♪テッド!チャッチャッチャッ♪」
照れながらもポーズを取るテッドレフェリー。

...なのにお構いないに闘うくいしんぼうとえべっさん。
「待てオイ!オレがポーズやってるのに何オマエら闘ってるんだよ!」とキレるテッドレフェリー。

09032837.jpg 09032838.jpg

こうしてやっと組み合う両者。
すると投げられて軽やかにクルリと前転して「ピッ!」と得意げにポーズを決めるくいしんぼう。
えべっさんも「ピッ!」と回ってポーズ。
テッドレフェリーも無理やり投げられて「ピッ!」。しかしこれも無視して闘い始めるくいしんぼうとえべっさん。

当然欽ちゃんジャンプもテッドレフェリーが一人でジャンプ。
もてあそばれる熟年の名レフェリー、ついには怒って退場してしまう。
すると再び場内は「テッド!チャッチャッチャッ♪テッド!チャッチャッチャッ♪」の大テッドコール。
「ちゃんとやるならな」と照れ臭そうに帰ってくるテッドレフェリー。

09032839.jpg 09032840.jpg

やっとプロレスが始まるリング上。
えべっさんボディスラムからフォール、返してくいしんぼうカウント2。
いきなり「遅い!カウントが遅い」とテッドレフェリーにクレームのえべっさん。

09032841.jpg 09032842.jpg

えべっさん再びボディスラムからフォール、これも返すくいしんぼう。
「だからカウント遅いって!ワーッ!って叩けや!」と詰め寄るえべっさん。
「ワーッ!って叩けばいいんだな!」とテッドレフェリー。

なおも素早く手を3つ叩いてみせて「このくらいや!」と早いカウントを要求するえべっさん。
その背後に忍び寄ったくいしんぼう...クルリとスクールボーイ。
「ワーッ!ワン、ツー!」と高速カウントのテッドレフェリー。必死こいて返すえべっさん。

09032843.jpg 09032844.jpg

えべっさんゼイゼイ言いながら「何すんねんワレ!」と胸をどつく。
テッドレフェリーもどつき返してオイオイとエスカレート...しかし「ユッフォ!」はまたもテッドレフェリー一人。

キレるテッドレフェリーを無視して今度はえべっさんホイッスル攻撃。
交通誘導チックに「ピッ!ピッ!」と休まずロープに走らせくいしんぼうのスタミナを奪う作戦。

09032845.jpg 09032846.jpg

すると今度はトラック誘導みたくバック誘導して自分に引き寄せるえべっさん。
ところが止まらないくいしんぼう、えべっさんに乗り上げてメチャメチャに踏みつける。

09032847.jpg 09032848.jpg

踏まれまくるえべっさんの「ピピッ!ピピーッ!」という苦悶の叫びがこだまする。
挙句の果てには頭をシェイクされ呼吸困難。息も絶え絶えのえべっさんにくいしんぼうのうまか棒が飛ぶ。場外転落のえべっさん。
そしてそこに追い討ちのラ・ケブラーダのくいしんぼう。えべっさんの「ピーーー...」という断末魔の声。

09032849.jpg 09032850.jpg

ホイッスルは外したものの苦しそうにコーナーにもたれ掛かるえべっさん。
そこにくしんぼうのミドルキック、そしてローリングソバット。容赦のない腹部へのハードヒッティング。

09032851.jpg 09032852.jpg

続いて追っかけ串刺しラリアットでえべっさんを攻めるくいしんぼう。
しかし「早い!早い!」という観客の声も聞かずえべっさんを追い越してしまうくいしんぼう、逆に串刺しラリアットを食らうハメに。
このチャンスにブレーンバスター合戦からくいしんぼうを投げてみせるえべっさん。

09032853.jpg 09032854.jpg

そしてくいしんぼうをスローしてコーナーに叩き付けたえべっさん、そこに向けて秘密兵器テッドレフェリーをスローイング。
しかしテッドレフェリーはくいしんぼうに切り返されえべっさんに突進。思わずラリアットで迎え撃ってしまうえべっさん。
ダウンするテッドレフェリー、慌てて駆け寄るえべっさん。それを尻目にくいしんぼうはコーナーでコソコソ。

09032855.jpg 09032856.jpg

「これは余命幾ばくもない状態、テッドさーん!」と嘆くえべっさん。その横からチョンチョンと突つくくいしんぼう。中華マスクを被ったくいしんぼうは「なんや?」と振り向いたえべっさんに自分のスペアマスクを渡す。

09032857.jpg 09032858.jpg

ワケも分からずに立ち尽くすえべっさん。そして顔を覆ってマスクを取られたフリをして嘆くくいしんぼう。
これを見たテッドレフェリー「わーっ!反則!反則!」と即座にえべっさんのマスク剥ぎによる反則負けを宣告。

09032859.jpg 09032860.jpg

「何やってるんだよ!マスク取っちゃダメだろ!」と注意するテッドレフェリー。
弁解できないえべっさん、そのショックからか「今日のメインでは...ウッ!」とマイク途中でダウン。

そのえべっさんに「フンッ!フンッ!」と鼻息荒いくいしんぼう。どうやらえべっさんが「余命幾ばくも無い」と言いたいらしい。
こうしてマイクを向けられたえべっさん「今日のメインでは...菊タローが...勘十郎に...挑戦します。みんなも勘十郎を...応援したってな...ガクッ」
言うだけ言って事切れるえべっさん。笑いどころが無くてビミョーな会場のムード。
えべっさん自分で息を吹き返して逃げるように退場。
くいしんぼうもキョロキョロしてその場の雰囲気から逃走。


○くいしんぼう仮面
(7分51秒マスク剥ぎ→反則)
×えべっさん

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

第3試合 タッグマッチ30分1本勝負
小峠篤司&タダスケ vs 原田大輔&三原一晃

09032861.jpg 09032862.jpg

次週に控えるK−DOJO大石真翔の持つインディージュニアベルトへの挑戦権を懸けたB&G3人による3WAY、その前哨戦ともいえるこの日のタッグマッチ。
小峠篤司とタダスケは今日のところはパートナー。原田大輔の隣には「男は黙ってワンショルダー」三原一晃。

09032863.jpg 09032864.jpg

先発は小峠を抑えてタダスケ。その挑発に乗る形で原田。
いきなり両者突っ込んでの激しいエルボー合戦。交錯する肘と肘。
振りかぶって渾身のエルボーを打ち込む原田。ならばと後退しながらもロープに走ってタックルで返すタダスケ。
それでもエルボーを打ち返してくる原田を、雄たけびを上げながら再度のタックルで吹っ飛ばしてみせる熱血タダスケ。

09032865.jpg 09032866.jpg

続くリング上は小峠と三原。
三原は小峠をコーナーに振ると体重を活かしたコーナースプラッシュ。これを間一髪ジャンプしてかわす小峠。
しかしこれを三原は身を翻してキャッチ。小峠を軽々と抱えリング中央に持ってゆく。
なんとかジタバタと逃れた小峠だが続いての三原のタックルはかわしきれず衝撃で場外へ。

09032867.jpg 09032868.jpg

代ったタダスケもダブルスレッジハマーで止めた三原はスリーパーホールド。そして原田とダブルのタックルを決めてのうまいスイッチワークを見せる。

09032869.jpg 09032870.jpg

この勢いのままにタダスケを攻め立てる原田。ボディスラム、チンロック、ジャンピングエルボードロップ。その一つ一つをパワフルに決めてゆく。

09032871.jpg 09032872.jpg

しかし代った三原を捕まえたタダスケはタックルを浴びせ流れを変えると小峠にスイッチ。
小峠はまずコーナーの原田を急襲してから三原に低空ドロップキック、側頭部へのハイキック。そして首四の字固めでジワリジワリ三原のスタミナを奪いにかかる。

09032898.jpg 09032873.jpg

そこからタダスケが重たいハンマーの連打、そしてエルボー。その威力にグラつく三原だが「ウォーッ!」と咆えて突き上げるようなエルボーで反撃。
それでもタダスケ、ロープに走って強烈なフロントハイキック。そしてダウンした三原の腰に「デイーヤ!」と叫びながら、これでもかのエルボードロップ3連発。

09032875.jpg 09032876.jpg

逆片エビ固めで三原の腰に追加のダメージを与えたタダスケは再び小峠にスイッチ。
小峠はミドルキックの連打からコーナーへの串刺しエルボー。ところが三原はそのまま小峠を抱きかかえるとリング中央まで持ってきて水車落し。

09032877.jpg 09032878.jpg

ようやくタッチを受けた原田は小峠にラリアット。
タダスケにはタックル合戦からのフライングフォアアームで場外追放。

09032879.jpg 09032880.jpg

原田は串刺しエルボーで小峠を追撃するが、続く2発目は小峠がフライングラリアートでお返し。
小峠は素早く距離を詰め飛びつくとコルバタ式DDTで原田の頭をマットに打ち付ける。

09032881.jpg

そしてダウンする原田にロングレンジのスワンダイブボディプレスの小峠。
しかしそこに原田が剣山で待ち受ける。

09032882.jpg 09032883.jpg

原田はボディを押さえて呻いている小峠に走りこんで原田ピストル。
急いでカットに入るタダスケだったが、そこに三原のベイダーハンマーが連発で襲い掛かる。

09032884.jpg 09032885.jpg

ここから三原の波状攻撃が始まる。コーナースプラッシュ2連発、タックル、ボディスラム、フライングソーセージとリングを揺るがす体重技。
しかしこれをものともせずにタダスケのアラバマスラムが三原を急降下でマットに叩きつける。

09032886.jpg 09032887.jpg

そしてそのまま乗り上げて必殺WCの体勢のタダスケ。顔を歪めてギブアップ寸前の三原。
しかしここは原田がタダスケの背中にドロップキックを放ってカット。

09032888.jpg 09032889.jpg

その原田に小峠はスワンダイブミサイルキックを発射。
しかしこれを読んだ原田はスライドして回避。だが小峠も着地してすぐさまニールキック。

09032890.jpg 09032891.jpg

続いて小峠はハイキック。ここも原田は素早く伏せて避ける。
そして激しいバックの取り合い。ここは原田が勝ってジャーマンスープレックス。
小峠はこれを自らバク転して着地すると高速ロープワーク。高度な読み合いが続く。

09032892.jpg 09032893.jpg

原田のラリアットを屈んでやり過ごす小峠。なおも走って返す刀を狙った小峠だったが原田はこれを一足早く飛び込んでその体をキャッチ。そこから豪快にフロントスープレックス。

09032894.jpg 09032895.jpg

ところがここでタダスケが意表を突くクロスタックル。無防備だった原田はまともに受けてしまい小峠に連れられ場外離脱。
タダスケはダメージの深い三原の腰をワンハンドバックブリーカーで粉砕するとその根性も一緒にねじ伏せるようなWC。
三原これは堪らずギブアップ。小峠タダスケ組の勝利。

09032896.jpg

試合終了とともに会場が暗転しスクリーンにK−DOJOの大石真翔と旭志織の姿が。

大石「オイ!このインディージュニアチャンピオンの大石真翔様に挑戦するヤツは決まったのか!?
原田?タダスケ?小峠?誰だってやってやるよ!誰だって同じなんだよ!IMP大会最後に立っているのはこのオレ!大石真翔だ!」

旭「5月20日の後楽園大会、オマエらカード空けとけよ!オレ達オメガがもう1回相手してやるからな!イヤだとは言わせねぇぞ!赤っ恥かかせてやるからな!」

これを受けて小峠がマイク。
「オーケー。もうオレたちもえぇ加減にしとこうや!
アイツらもあぁ言ってくれてる事だし。後楽園も参戦して来てくれるって言ってんだからよ!
もうラストにしようや。来週がラスト!それで勝ったヤツがIMPで大石の持つベルトに挑戦できるってこっちゃ!
後はもうチーム戦に集中したいから!それでえぇな!」

うなづく原田とタダスケにマイクが回る。

原田「オレが一番強いってところ見せて大石のベルトに挑戦しますよ!」
タダスケ「来週、試合に勝ってベルトに挑戦します!」

次週の挑戦者決定3WAY、健闘を誓い合うB&Gの3人。


小峠篤司&○タダスケ
(10分35秒WC)
原田大輔&×三原一晃

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

試合の雑感は対戦結果記事をどうぞ。
(→サタナイ3/28試合結果 with マイベストショット)

試合は後半戦に続きます。
posted by ラポン at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪プロレス観戦記2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ブログのトップに戻る
pwrtitleb3.jpg

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。