2009年04月20日

サタナイ4/18試合結果 with マイベストショット

090418a.jpg

                      ※写真は当日の大会のものです

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

@20分1本勝負
 ○アジアン・クーガー
 (7分59秒クーガーロック2号)
 ×三原一晃

090418b.jpg

◎序盤から一直線に攻める三原に対してクーガーは場外戦を絡めたムチャリブレで圧倒。イスを使ったベースボールスライドなどでペースを掴む。
三原も水車落しからコーナースプラッシュ、セントーン、フライングソーセージと反撃するものの最後はエプロンギロチン、ペディグリーからクーガーロック2号でクーガーの勝利。

やっぱり今の三原君ではムチャスタイルには太刀打ちできない印象。でもその洗礼を浴びるのもまた経験なんですよね、頑張れ!

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

A3WAYマッチ30分1本勝負
 ○くいしんぼう仮面
 (9分04秒関空トルネード→片エビ固め)
 ×えべっさん

※もう一人は松山勘十郎

090418c.jpg

◎勘十郎のロープ渡りやくいしんぼうの欽ちゃんジャンプなど定番ネタが飛び交う中、組体操やホイッスルで気を吐くえべっさん。
しかし試合は終盤くいしんぼうが三原ムーブからラ・ケブラーダとペースを掴み、最後は山門を狙う勘十郎を突き落としての関空トルネードで勝利。

3人の個性がバランスよく詰まった一戦。面白かったっす。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

B8人タッグマッチ30分1本勝負
 ビリーケン・キッド&小峠篤司&原田大輔&×タダスケ
 (9分46秒満月の夜→片エビ固め)
 ○タイガースマスク&ブラックバファロー&ヲロチ&政宗

090418d.jpg

090418e.jpg

※試合中、政宗の攻撃がヲロチに誤爆。先週、先々週の事もあり、この行為にタイガース、バファローは激怒。政宗もろとも正規軍を攻撃したり、終盤ではタイガースが明らかにわざとともとれるハイキックを政宗に見舞う。試合はタイガースが勝利するが、完全に政宗との亀裂が生じる結果となった。

◎試合開始と共に最悪軍団が急襲するもののビリーが展開を変えるとB&Gの3人がコンビネーションで盛り返す。
一方の最悪軍団は政宗が孤立状態で微妙に歯車が狂った状況。政宗はタッチもしてもらえず、しまいにはタダスケと一緒にトレイン攻撃まで受けてしまう。
最後は政宗に故意にとしか思えないハイキック誤爆を浴びせたタイガースが、タダスケを急所攻撃からの満月の夜(バズソーキック)で始末。

政宗の立ち位置が8人タッグで明確化。若干そこで試合の流れが悪くなる場面がありながらもさすがは充実メンバーの8人タッグ、魅せてくれました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

C30分1本勝負
 ×菊タロー
 (8分04秒ミラクルドライバー→片エビ固め)
 ○ミラクルマン

090418f.jpg

090418g.jpg

※菊タローのケツ攻めにも負けず勝利したミラクルは「じゃあ約束どおり4月29日はえべっさんでやってもらうぞ!」と言うが、菊タローは「約束なんかしてへんやんけ!」と鋭いツッコミ。ミラクルは土下座までして菊タローに頼み込むが、菊タローは土下寝で対抗。ミラクルは「次週、また菊タローを呼んでみんなで楽しく試合をして自分からえべっさんで試合がしたいと言わせてやる!」とあきらめない姿勢をアピールした。

◎ミラクルがカンチョーを出せば菊タローはロープを利用した連続急所攻撃やサンセットフリップ、強烈なミドルキックなど多彩に攻める。
それでも菊タローのブルドッキングヘッドロックがスッポ抜けるとミラクルが反撃開始。コーナーからの飛びつきウラカンラナを見せると続いてミサイルカンチョー。
しかしミラクルのセコンドに付いていたくいしんぼうが突然の裏切り。巧みな連携の前に苦戦のミラクル。
ところが菊タローの指示した「俺ごと刈れ」はくいしんぼうが菊タローだけを刈ってしまう。このチャンスにミラクルはくいしんぼうをカンチョーで黙らせるとステップ延髄斬りからミラクルドライバーで菊タローから3カウント。

それでも頑として初代えべっさんになる事を拒否する菊タロー。土下座で頼むミラクルには寝下座で対抗。
でもここでミラコーさん得意の「オレはしつこいぞ」宣言。来週も呼んで試合を使って説得の模様。

試合はやっぱり他の団体のシングルで見るより菊ちゃんの持ち味が出てた感じ。ミラコーさんがボヤいて相乗効果出してましたから。やっぱり他団体では大阪みたいにお笑いvsお笑いの構図は作りにくいですし。
でもまだ空気的にが相殺し合ってる部分も感じました。慣れてくればもっともっと面白くなるんだろうなぁって改めて思ってしまったワケで。

これにて結論はまたも先送り...まぁ確かに約束はしてませんでしたけどねぇ(笑)
初代えべっさんの登場はもちろん10周年の価値を上げる意味があるんだろうけどここまで来るとお互いの意地の問題かも(笑)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

D「佐々木健介戦対戦者決定戦」60分1本勝負
 ×秀吉
 (14分31秒ザ・バウンス→体固め)
 ○The Bodyguard

※5月20日後楽園ホールにて行われる佐々木健介の対戦者はThe Bodyguardに決定。

090418h.jpg

090418i.jpg

090418j.jpg

※激しいパワーとパワーのぶつかり合いに場内はヒートアップ。場外では両セコンド陣が激しくぶつかり合う。秀吉が経験とテクニックでThe Bodyguardを押すものの、The Bodyguardは3カウントを許さない。終盤、ラリアットの打ち合いを制したThe Bodyguardが渾身のザ・バウンスで秀吉を叩きつけ勝利。試合後、秀吉を暴行するルード軍に政宗が駆けつけ蹴散らしていく。政宗は「お前等には愛想が尽きた!俺はルード軍を辞めさせてもらう!」とルード軍脱退を表明。タイガースは「てめぇ俺らを裏切ったからにはただで済むと思うなよ!」と吐き捨てる。正規軍には目もくれず去っていく政宗に秀吉は「助けてくれてありがとう。嬉しかった。」と声をかけた。戦国タッグ復活となるのか!?

◎心配された介入も無く真っ向勝負の展開。チョップ、タックルそして手四つの攻防と互いのパワーでしのぎを削る秀吉とボディガー。
場外戦で暴れまわると今度はラリアットの打ち合い。これに勝ったボディガーはリフトアップスラムからエルボードロップ、キャメルクラッチ、ベアハッグとパワー全開。
それでもザ・バウンスを回避した秀吉はDDTで反撃開始。フライング、ラリアートからランニングサッカーボールキックから刀狩へ。
これをロープエスケープしたボディガーに今度はフットスタンプ連打で追い込む秀吉。そしてぺディグリーから大技狙い。
ところがボディガーは抱え上げようとする秀吉にダブルハンマーを叩き込み、バックを取りスリーパーを狙えばそのまま前に投げ捨てるパワフルぶり。
しかし次第にスタミナが切れてきたボディガー。ここで秀吉は再度のザ・バウンスを凌ぐと強烈なスピアー。
再び睨み合った両者は、お互いの佐々木健介戦への資格を問うような激しいラリアットの相討ち。しかし何発も受け合ううちに次第に仰け反ってゆく秀吉。
最後はボディガーのラリアットが秀吉を打ち抜き、ついに必殺のザ・バウンスを決めて秀吉をマットに沈めた。

試合終了後、我が物顔でマットを占拠する最悪軍団。正規軍は場外に追放され秀吉はリンチ状態。
しかしその時走りこんできた政宗がリングに滑り込んで最悪軍団を一掃。
政宗は「テメェらにはウンザリだ」最悪軍脱退宣言。タイガースはその政宗に対して来週からの制裁を予告。
痛む体を起こしながら政宗に歩み寄ろうとする秀吉。政宗はその秀吉を斜に見つめながらも何も語ることなくこの場を立ち去る。
秀吉は去りゆく政宗にマイクで「助けてくれてありがとう」と告げると、この敗北を糧にさらに強くなることをファンに約束する。

激しい試合でした。
かなり秀吉がボディガーに付き合った一戦だったでしょうか。そのチャンスがあったにもかかわらず蹴りはほとんど出さず。
これは秀吉的に仮想佐々木健介を意識した結果でしょうか。ラリアットやチョップに関してはいつも以上の力がこもってました。GAINAやゼウスがいなくなってから大阪プロレスでこれだけの打撃戦を見るのは本当に久しぶりな気がします。
スタミナ的には2回目に挑戦のザ・バウンスをよろけるなどボディガーはまだまだな感じ。終盤は目に見えてペースダウン。
秀吉は完敗と言うけれど、観る者にとっては「パワーでは」完敗かなと。付け入る隙は充分にあったのかなと。

ボディガーには佐々木健介が短期決戦で倒せるような存在ではないだけに、更なる切磋琢磨をしてほしい。スタミナに加えプロレスとしての組み立ての部分で。
後楽園ホールで佐々木健介とシングルマッチをするボディガーを初めて観る人は否が応にも彼が大阪プロレス代表だと思うわけですから最悪軍団だろうと責任は重いです。
別にボディガーを否定するわけではないけれど、持ち上げる持ち上げないといった大味なだけの試合にして欲しくない。ゲストが多く参戦する10周年記念大会の内容の良し悪しは、これからの団体交流などにも係わってくると思うから。

正直、秀吉にそのチャンスを与えたかっただけに悔しい気持ちはあります。
秀吉には大阪プロレスに収まらず、団体を越えた存在になっていって欲しいと心から思いますし。
だからこそ政宗との問題も含めてこれからも注目してますよ!もし戦国復活となれば狙うは彼らしかないでしょ!

               ※大阪プロレス公式HP及びメルマガより抜粋

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
posted by ラポン at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪プロレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ブログのトップに戻る
pwrtitleb3.jpg

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。