2009年04月27日

サタナイ2009/4/4観戦記  -セミファイナル-

image/2009-04-28T02:02:441

スイマセン、アップする画像枚数が軽く100枚を超えてしまったのでセミとメイン分けてます。
まずはセミからどうぞ。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

大阪プロレス 4月4日(土) デルフィンアリーナ大会

「SATURDAY NIGHT STORY」

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

セミファイナル 大阪プロレスお笑い選手権試合時間無制限1本勝負
<王者>菊タロー vs えべっさん<挑戦者>

09042501.jpg 09042502.jpg

えべっさんがゆっくりとリングサイドを練り歩いた後、チャンピオンの菊タロー入場。
選手権試合宣言、ベルト返還と進む中、ちょっかい出しまくりで早くも場を暖める菊タロー。
そしてタコヤキーダー「んふっ、んふっ」と喉を整えてから国歌斉唱。

09042503.jpg

記念撮影も滞りなく(?)終わり選手コール。
「チャレンジャー!笑う門には福来たる、えべっさん!」
「大阪お笑いチャンピオン!初代えべっさん、菊タロー!」しかし紙テープが飛ばなくてご立腹の菊タロー。

09042549.jpg

試合開始のゴング、睨み合う両者。
先制攻撃はえべっさん、突然に「オイご先祖様!いや、菊タロー!今アンケート取ってんのやけどオマエ小松みどりと五月みどりどっちが好きや!?」
菊タロー「よぉ分からんなオイ...まぁしいて言えば五月みどりや」

えべっさん「気ぃ合うなあ」

...そして流れる沈黙。

「...なんやねん!間がおかしいやろ!」耐え切れずキレる菊タロー。
「こういう間の取り方ですから」とフォローする吉野レフェリー。

09042551.jpg 09042505.jpg

またも唐突に「じゃあプロレスしよか」と提案するえべっさん。
すると菊タロー「なんや、もうアンケート無いんかい」と振り返す。
「ん...アンケート?あ、あ...」もちろん困るえべっさん。

するとくいしんぼうがエプロンから菊タローに耳打ち。アンケートのネタかと思いきや、
「...車売るとかどうでもえぇねん!昭和58年式のハイエースとか価値無いやろ!」とキレてハタく菊タロー。

09042548.jpg 09042550.jpg

どんどん取り留めの無くなっていくリング上。
えべっさんの「プロレスしよか」に菊タロー「レスリングしようや!」
なのにえべっさんに腕を絞られて「はぁーっす!あぁーっす!」と悶えてみせる菊タロー。しかもロープワークに付き合わず「アホかっコラ!」と蹴り。

09042508.jpg 09042509.jpg

続いて激しいコブラツイストの掛け合いでグルグル...かと思えば腕を組んでのルンルンダンス。
ある意味ノンストップバトル。

09042510.jpg 09042511.jpg

そして試合も序盤だと言うのに早くもゼイゼイ言ってる二人。
「息切れるやろ!」とドツくえべっさん。
「オレかて息切れるわい!」とドツき返す菊タロー。
「やるんかい!」「やんのか!」とオイオイとハタき合い二人揃っての「ユッフォ!」完成。

「息ピッタリやないか!」と喜ぶえべっさん。

09042512.jpg 09042513.jpg

ここでえべっさんチョップ攻勢へ。菊タローもチョップで返すと思いきやいきなりのグーパンチ。
「コラ!パンチ!どストレートやないか!」と注意の吉野レフェリー。
「パーや、パー」と菊タロー。

09042514.jpg 09042515.jpg

「分かった、グーパンチはあかんのやな」と菊タロー、今度は目突き。
「チョキもダメ!サミングやろ!」と再びツッコむ吉野レフェリー。
「あぁーそういう言い方もすんのね」とうそぶく菊タロー。

完全にやられ損のえべっさん、続いてボディスラムからのサンセットフリップを食らってしまう。しかしフォールはカウント2で跳ね返す。

09042516.jpg 09042517.jpg

今度は菊タローから厳しいチョップ。その音に場内から「おぉーっ!」と歓声。
これに「ブルブルブルブルッ!」と拳を握り自らを奮い立たせるえべっさん。

09042518.jpg 09042519.jpg

「何しとんじゃ!」と菊タロー、えべっさんのシャツをめくって背中に一撃。「おぉーっ!」とえべっさん、呻きながらも同じようにシャツをめくってお返し。
菊タローの「ああぁーっす!」という官能的な叫びが場内に響き渡る。

09042520.jpg 09042521.jpg

これに調子に乗って「ブタ!白ブター!黒ブター!」と女王様チックに叩きまくるえべっさん。
「ああぁーっす!ああぁーっす!」と親指を噛んでクネクネ悶える菊タロー。

09042522.jpg 09042523.jpg

えべっさん呆れて「オマエそんな趣味あったんか!」
菊タロー「違うわ!オレは普段ドSやコラ!」と思いっきりカミングアウト。
「何や、やるんかい!」「やんのか!」とまたまたオイオイとドツき合って二人。
しかしユッフォポーズの代りにグーパンチの菊タロー。「ユッフォグエッ!」とえべっさん。

09042524.jpg 09042525.jpg

「やれやぁー!!」と嘆くえべっさん。
それに構わず菊タロー「終わりや!」とえべっさんにブルドッキングヘッドロック...もちろん「あれー!」とスッポ抜け自爆。
今度は菊タロー「やれやー!」
これを捕まえて攻勢に出るえべっさん。菊タローに串刺しラリアットから景気回復プレス。しかしカウントは2。

09042526.jpg 09042527.jpg

続いてボディスラムからいちいちロープに飛んでのエルボードロップ3連発、そしてフォール。
これを返されるとまたもエルボードロップ3連発。これも返されるとまたまたエルボードロップ3連発。やっぱり返される。
ついには「なんでや!」と吉野レフェリーにクレーム。

09042528.jpg 09042529.jpg

ここまで追い詰めておいて「疲れた」とヘロヘロ状態のえべっさん。
「やる気出せよ」と吉野レフェリー。
それを見逃さない菊タロー、低空ドロップキック2連発でえべっさんのヒザを打ち抜いて次第に武藤化。
そして菊タロー、フラフラと片ヒザのえべっさんに照準を合わせて...

09042530.jpg 09042531.jpg

「いぃやぁーっ!」とプロレスLOVEポーズから閃光魔術シャイニング菊ザード。
しかしこれはえべっさん腕を構えてガード。足を押さえてうずくまる菊タロー。

09042532.jpg 09042533.jpg

このチャンスに吉野レフェリーを利用した攻撃を狙うえべっさん。断固拒否する吉野レフェリー。
ああだこうだやっている内に背後ガラ空き、結局捕まって菊落としを食らってしまうえべっさん。
「よっしゃ決めるぞー!」とフィニッシュ宣言の菊タロー。

09042534.jpg 090420355.jpg

そしてコーナートップに登った菊タロー、大の字のえべっさんにムーンサルトプレスを投下。
ところがえべっさんこれを転がって回避。菊タローは壮絶な自爆。

09042536.jpg 09042537.jpg

ここでえべっさん今度こそと吉野レフェリーを捕まえて菊タローにスローイング攻撃。
それを菊タローがかわすとリング上は吉野レフェリーを巻き込んでの振り振られのスローイング合戦に。

09042538.jpg 09042539.jpg

バタバタの攻防の中うまくえべっさんを吉野レフェリーに激突させた菊タローは、更にその背中を押して吉野レフェリーDDTをアシスト。
「ナイスDDT」と菊タロー、続いて吉野レフェリーをスローイングし返すと今度はレフェリーコルバタが炸裂。呆気なく放り投げられるえべっさん。

09042540.jpg 09042541.jpg

作戦が完全に裏目のえべっさん。
菊タローこれを捕まえてセット、ダメ押しフィニッシュのムーンサルトプレス炸裂。
えべっさん堪らず3カウント、菊タロー堂々の初防衛。

09042542.jpg 09042543.jpg

再びチャンピオンベルトを巻いて菊タロー、勝利者マイク。
「何とか防衛できました、皆さんありがとうございます!
そして三代目、日々えべっさんという名前を守ってくれてありがとう!
まぁ大阪プロレスを辞めて4年経つんやけど、今のえべっさんは初の動物からの神様っていう事で。
君が元ペンギンだったってことを知らない人もいるかもしれないけれど、僕は君がペンギンになる前から知ってるから。
...まぁ二代目は僕の先輩やったから本人がやりにくかったかもしれんけど、今は三代目がえべっさんを、そして大阪プロレスを守ってくれてる。本当にありがとう!
これからも僕とくいしんぼうがヒットさせたものから更に良いものをみんなで作っていきましょう!」

菊タローのぶっちゃけトークに慌てふためくえべっさんだがガッチリと菊タローの握手を受ける。

09042544.jpg 09042545.jpg

ここで突然くいしんぼうがリングイン。
「なんや!さっきのハイエースの事はもうえぇから」と菊タロー。
すると持ち込んだ袋の中から初代えべっさんのマスクを取り出したくいしんぼう、これを菊タローに渡す。
何か言いたげなくいしんぼうをえべっさんが代弁「くいしんぼうはね、IMP10周年記念興行メインで初代えべっさんとして自分と試合をしてくれ、と言うてるんですよ」

しばしそのマスクを見つめる菊タロー。
「あぁー!なるほどねぇ、だから...ってなめてんのかオラ!!
権利関係でオレがどれだけ苦労したのか分かってんのか!」怒ってくいしんぼうに掴みかかる菊タロー。

09042546.jpg 09042547.jpg

菊タロー「オレは今、菊タローの名前の商標まで取ってんのや。
今更えべっさんになってなんのメリットがあんのや!権利くれるんか!?
名前ってのは大事なんや。えべっさんに1回なったらみんな喜ぶかもしれん、でも4年間やってきたオレはどうなるねん。
えべっさんの名前を失って、他団体で死に物狂いで頑張って...えべっさんやったらなぁと思うこといっぱいあるよ。
でも大阪プロレスが商標取ってんねん。だからオレも菊タローって名前を残していかなあかんねん。
くいしんぼう悪いけど...みんなも見たいかもしれんけどオレはオレで菊タローって名前を守っていかなあかんから。
そういうことで...悪いけどメリット無いから...」

そう言ってリングを降りる菊タロー。
しょぼくれるくいしんぼうを「そう肩を落とさんと...」と慰めるえべっさん。

このままくいしんぼうの夢は潰えてしまうのか。


<王者>○菊タロー
(11分31秒ムーンサルトプレス→片エビ固め)
<挑戦者>×えべっさん

※菊タローが初防衛に成功

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

メインは書きあがり次第アップしますです。
posted by ラポン at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪プロレス観戦記2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ブログのトップに戻る
pwrtitleb3.jpg

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。