2009年08月08日

今週の大阪さん

090808cooger.jpg 090808mircle.jpg

090808sengoku.jpg

−−−−−−8月8(土) 「SATURDAY NIGHT STORY」−−−−−−

D大阪プロレスタッグ選手権
 <王者組>秀吉&政宗
     vs
 <挑戦者組>アジアン・クーガー&ミラクルマン

C小峠篤司&原田大輔
     vs
 ヲロチ&The Bodyguard

Bビリーケン・キッド&三原一晃
     vs
 ブラックバファロー&タダスケ

A松山勘十郎&ロベルト田中
     vs
 くいしんぼう仮面&えべっさん

@タコヤキーダー vs タイガースマスク

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◎ラポン的見どころ : メインはルードの絡まない大阪タッグ選手権。LOV=最悪軍団を相手にタッグフェス優勝、そしてタッグベルトをもぎ取った戦国の2人にとって、次に決着をつけなくてはならないのはタッグフェスで引き分けた桃の青春タッグでありビリペロが先なのであろう。
それでも挑戦者として選ばれたのは決定戦でヲロチ&ボディガーを破ったアジアン・クーガーとミラクルマンのムチャムチャコンビ。
これには青春タッグの2人が別の問題に囚われていた事や、ペロの参戦の見通しが立っていないなどの処々の理由もあるのかもしれないが、これは兎にも角にもムチャムチャに対するファンの期待の後押しがあるのではないか。
タッグフェスが化学反応的に生んだムチャムチャコンビ。勝敗こそ振るわなかったものの大事な局面での活躍ぶりは他コンビ以上のインパクトを残した。それが彼らコンビのグレードををワンランク押し上げる事となったのだろう。

プロレスファン的な見方をすればこの二人の立ち位置は判官びいきの心を大きくくすぐるものだ。クーガーは昨年から今年にかけて大阪タッグのベルトを2度巻きながらいずれも初防衛を失敗、しかもシングル挑戦のチャンスもヲロチによって奪われている。その内容のいずれもが介入あり、トンチンカンありとクーガーのスタイルからすれば決して満足といえる内容ではないだけに、ファンからすれば本格的なクーガー時代を待ち望む気持ちは日増しに強くなっているのではないか。

ミラクルマンにしてもお笑いからルチャ、ハードコアまで器用にこなすオールラウンダーながらタイトル戦線に関しては一歩引いている印象が強い。
自ら欲さなければチャンスには恵まれない。もちろん実力者がひしめく大阪プロレスマットにおいて上を狙うことが容易ではない事はミラクルマン自身が一番知っているのかもしれないが。
それでも今までの現状はミラクルマンに味方していなかった。だからこそファンからすれば彼が頂点に挑む晴れ舞台を見てみたい。そしてその実力が錆びていない事を確かな形として証明してほしいのだ。

この2人がハードコアファイターとなった時に放つ特有の泥臭さは、コスチュームカラーも統一され洗練された戦国とはまた違った哀愁みたいなものが漂い、それがたまらなく魅力的だ。
もちろん戦力分析から言えば戦国に比べコンビとしての完成度は低いかもしれない。だがムチャムチャの危険を顧みないハードコア殺法が彼らの勝利へのリズム狂わせる可能性は大いにある。
これを戦国は定評のあるコンビプレーで押し切ることができるか。ハードコアに打ち勝つには秀吉がタフさを発揮し分断されることなく政宗につなぐ事が必要だろう。
かたやムチャムチャはスタミナの面でも上であろう戦国に対してイスやラダーを使った自分たちの土俵に持ち込むタイミングが重要だ。これは場外戦がカギとなるのか。

大阪タッグのベルトは他団体に視野を向ける戦国にとって必ず必要となる免罪符。しかも長期政権に向けての大事な初防衛戦、絶対的な強さを見せる事が要求される。
しかしこれはそのスタイルで他団体に撃って出たいムチャムチャにも通ずることなのだ。
戦国の夢、ムチャムチャの夢、ベルトが望むのはどちらなのか。
とにかくリンピオ同士、しかも大阪プロレスの人気者達によるタイトルマッチだけに応援にはほとほと困ってしまいそうだ。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

セミは先月の新宿FACE大会と同カード。青春タッグからすれば「やっぱり負けました」では格好が付かないだけに奮起が期待される。
第3試合は因縁が深まるビリーとタダスケが絡むタッグマッチ。タダスケの大阪府立大会メイン強奪はこのまま実現してしまうのか。
第2試合ではロベルトがまたしてもお笑い軍団の輪の中に。彼がどの方向に弾けていくのかにこれからも注目だ。
オープニングマッチでは非情なるタイガースの攻めに王子が一矢報いることができるか。
メインに向けて熱を帯びてゆく今回のサタナイ。どんなドラマが待ち受けるのだろうか。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

090809kuichan.jpg 090809kan010ro.jpg

−−−−−−8月9日(日) 「大阪HOLIDAY PARADISE」−−−−−

D松山勘十郎&小峠篤司
     vs
 ミラクルマン&くいしんぼう仮面

C秀吉&政宗&ロベルト田中
     vs
 タイガースマスク&ブラックバファロー&タダスケ

Bビリーケン・キッド vs えべっさん

A原田大輔 vs タコヤキーダー

@アジアン・クーガー vs 三原一晃

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◎ラポン的見どころ : メインは小峠と勘十郎の頭部がイヂられまくりだろうお笑いタッグマッチ。タイトル戦翌日となるミラクルのテンションが楽しみだ。
セミは戦国とロベルトが組んでLOVと激突する。ロベルトとタダスケのライバル心に火が点くか。戦国とタイバファの終わらない因縁にも注目したい。
第3試合はビリーのキレっぷりとえべっさんのノーテンキっぷりが爆笑を誘いそうで、原田を相手に王子の意地が爆発する第2試合に加え三原がクーガーの余裕を崩せるか期待のオープニングマッチと前半戦も見所満載だ。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

みっともない更新が続いておりますm(_ _)m
またも5日ほど更新滞ってました。相変わらず時間と戦う日々でございまして(汗)

例によって平日興行の結果はさかのぼって本日アップしますがお許しくださいませ。

正直心折れそうな部分もあるのですが...往生際が悪いもので(笑)
今の状況で自分がブログで何ができるのか考えてみます。
posted by ラポン at 15:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 今週の大阪さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
土曜日は、お疲れ様でした。「がんこ」でMアリのカリスマのとなりに座っていた者です。またの再会をよろしくおねがいします。
Posted by NAOMI at 2009年08月09日 22:29
>NAOMIさん

ご来場ありがとうございます♪

いやいや色んな意味で奇跡の会でしたね(笑)

今度はゼヒ真っ正面から濃いプロレストークしましょう
Posted by ラポン at 2009年08月10日 00:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ブログのトップに戻る
pwrtitleb3.jpg

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。