2009年08月23日

今週の大阪魂さん

0908235a.jpg

−−−−−8月23日(日) 「大阪魂(OSAKA-DAMA)2009」−−−−−

D「マスカラ コントラ カベジェラ」マッチ
 ビリーケン・キッド vs タダスケ

C大阪プロレスタッグ選手権
 <王者組>秀吉&政宗 vs 小峠篤司&原田大輔<挑戦者>

B長州力&冨宅飛駈&ミラクルマン&三原一晃
     vs
 タイガースマスク&ブラックバファロー&ヲロチ&The Bodyguard

Aボリショイキッド&くいしんぼう仮面&えべっさん
     vs
 救世忍者乱丸&松山勘十郎&タコヤキーダー

@アジアン・クーガー&ツバサ
     vs
 アルティメット・スパイダーJr&フラッシュムーン

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

大阪魂2009。その名称からは大阪プロレスの魂を見せようという主旨が垣間見える。
それは10年間の間に積み上げられた激しい闘いであり洗練された笑いの歴史の集大成...と言うとちょっとオーバーなのかもしれないが、それくらいの心意気を持って名付けられた大会名なのだろうと期待せずにはいられない。

0908235b.jpg

しかし大会の締めはチャンピオン無きメインイベント。しかもマスカラ・コントラ・カベジェラ戦。

これは賛否両論ある、というか色んな人の話を聞いてもあまり肯定的な意見は出てこない。
まずここに至った過程を見る限りメインのリングに渦巻くのは憎悪。これが常連ファン以外にも多くの層の観客を集めるビッグマッチのメインの雰囲気として相応しいのか。

そしてかつてハリケーン2008でタイガースとバファローが見せたマスカラ・コントラ・マスカラに比べて、決まるまでの経緯にストーリーの厚みが無いように感じるのも問題かもしれない。
もちろんあの時は結果論として感動を生んだという事なのだけれども。

それに両者の負けたときのリスクの差は相当でかい。
剃った髪の毛は生えてきて記憶から消す事ができても、マスクマンが一度素顔を晒したらその事実はもみ消せない。
マスク剥ぎというのは宣伝文句としてはセンセーショナルだけれど安易にそれを連発して欲しくないというのもある。

ならばなぜ?

考えるのはタダスケ...つい最近まで一若手と見られていた男が背水の陣となった百戦錬磨の前チャンピオンにとってどう脅威となりえるかという事。

ここ一番のビリーケン・キッドは恐ろしいまでの冷徹にタダスケを追い詰める事だろう。
そこには経験という慢心は無くひたすら強い存在としてのビリーがいるはず。
勝負論としてはタダスケは自らを不利な死地に投げ入れた事になるのだ。
それを分かっているだろうタダスケがどうしてそこまでビリーを再三挑発し、追い詰めなければならなかったのか。

個人的な見方としてはこれは世代闘争。それも最短距離をひた走る下克上。
ビリーケン・キッドという高みを名実共に越えなければいけないタダスケ。
ならば追い越すと同時に追い落とさなければならない。
それにはマスクを賭けさせるというインパクトが必要だったのかもしれない。

0908234a.jpg

そう考えるならばセミで桃の青春タッグも同様だ。
彼らを迎え撃つ戦国タッグもタッグチャンピオンとしてより勢力を強め、高すぎる程高い壁としてその前に立ちはだかる。

それでも青春タッグはタッグチームとしての完成度をタッグフェスで証明し、今の戦国タッグに最も相応しい相思相愛の相手として指名を受けセミのリングに上がってみせた。
これは混乱の中メインの権利を勝ち取ったタダスケとはまた違った善行の積み重ねによる権利獲得だ。

タイトルマッチであるかどうかはこの際置いておいて、不純物が混ざらぬ闘いとなるセミの風景は団体そのものを愛している大多数の大阪プロレスファンを大いに困らせるはず。

高いからこそ越えねばならぬと小峠と原田。
認めているからこそ叩き潰す。それが秀吉と政宗の総意だろう。

0908234b.jpg

こうして小峠、原田とタダスケは立ち位置こそ違ってしまったものの大阪プロレス最高峰に挑むという点においては足並みを揃えた。

この数ヶ月で世代間の力差は急速に縮まったように見える。しかし個々が持つ存在感という点ではどうか。
それを確かめるにはいつもより大きな舞台。そこに圧し掛かるプレッシャー。それを背負ってなお輝きを放てるのかが問われる。

消さねばならないのはベテランと若手の間にあった平穏ゆえの閉塞感と格上格下感。
闘いの果てに大阪プロレスの未来は見えるのか。

LOVの介入も予感させられる混沌のメインと、闘いの精神が集合し研ぎ澄まされたセミとのコントラスト。
これはこの大会の大きなテーマなのかもしれない。
世代を超えるに必要なものは何なのか。それは手段を選ばず下されるべきなのか。

ビリーの反攻開始か?タダスケの早咲き天下か?

戦国タッグの底力か?青春タッグの勢いか?

結末は歓喜か?衝撃か?

言うなればダブルメイン。どっちが大会が終わって後に長く語り草となるのか。

0908233a.jpg

そして良くも悪くも大阪マットを激動させ続けるLOVの動きはどうか。
ここ最近はタダスケのサポートに重点を置いていたような印象のあるタイガース達だがこの大阪魂でのスペシャルマッチの狙いは一つ、長州力だろう。

0908233b.jpg

メンバーを見る限り総合力では既にLOVなのだが、彼らと長州との対戦はその瞬間瞬間が全て楽しみだ。
もちろんLOVには臆することなくラフ攻撃を仕掛けて欲しい。ここでタイガースがどこまで冷酷に徹する事ができるかはそのまま彼らのユニットの勢いとなる。
その上で長州とバファローの力勝負ラリアット勝負は見せ場の一つか。

0908233c.jpg

長州というストロングスタイルの第一人者とヲロチのような怪奇派との闘いも、昭和プロレスのような未知との遭遇的な妄想を掻きたててくれる。

0908233d.jpg

ボディガーとの闘いにしても長州と対峙するのを想像してみるとヲロチに負けない違和感、良い意味での異次元マッチ的なテイストに溢れていそうで興味は尽きない。

もちろんその中でミラクル、冨宅、三原といった大阪プロレスの元気者達がどう試合を盛り立てていくかにも注目したい。

入場曲から始まりラリアット、ストンピング、そしてサソリ固めと気がついたときには自分色でリングを染め上げてしまっている長州力。
果たして長州のメジャー級オーラは大阪プロレスワールドをも包み込んでしまうのか。

0908232a.jpg

くいしんぼう仮面のボリショイキッドへのご執心に端を発した第2試合のお笑い6人タッグマッチは勘十郎のやっかみもあって荒れ模様となること間違いなし。
ビッグマッチでは恒例となった乱丸の参戦もあって華やかな一戦となりそうだ。
目立ちたがり屋の集まった特別演目これ如何に。

0908231a.jpg

ムチャルチャの登場する贅沢なオープニングマッチはその相手にも要注目だ。
2008年を最後に行方をくらましていたフラッシュムーン復活に合わせてそのパートナーとして謎のレスラー「アルティメット・スパイダーJr」が戦列デビューする。

いきなりタッグチャンピオンをも経験したコンビとの対戦は期待の高さがうかがえるが、その正体も含め風貌、ファイトスタイルも不明。
フラッシュムーンと組むという事でリンピオなのだろうが、それならば尚さら正も邪も使い分けるクーガーとツバサを相手にどこまで通用するのか。「アルテイメット・スパイダー=究極なる蜘蛛」が華やかなデビューを飾れるか楽しみなところだ。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

その日、東京ではDDTのビッグマッチ、両国国技館大会が話題を集める。13年目の団体が満を持して仕掛ける大勝負だ。
ならば尚のこと西の地で10年、「大阪プロレスここにあり」をその内容をもって示して欲しい。
それこそ会場の大きさも、派手な演出も、そして豪華なゲストさえも必要ないまさに「大阪魂」の見せ所なのだから。
posted by ラポン at 02:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の大阪さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ブログのトップに戻る
pwrtitleb3.jpg

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。