2009年11月06日

今週の大阪さん

091107mihara.jpg

−−−−−11月7(土) 「SATURDAY NIGHT STORY」−−−−−

D秀吉&ミラクルマン&原田大輔
     vs
 タイガースマスク&ブラックバファロー&The Bodyguard

C天王山2009出場権獲得マッチ
 タコヤキーダー vs 三原一晃

Bアジアン・クーガー vs 小峠篤司 vs 松山勘十郎

A政宗&くいしんぼう仮面
     vs
 ヲロチ&タダスケ

@ビリーケン・キッド vs えべっさん

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◎ラポン的見どころ : メインでは来週の開幕戦カードで組まれるミラクルとタイガースがタッグマッチで激突。その一方、第2試合ではこれまた開幕戦の対戦相手である政宗とくいしんぼうがコンビを組んでLOVを迎え撃つ。

昨年の天王山では1回戦の一騎撃ちでキラーの封印を解き、観る者を戦慄させたミラクルとくいしんぼう。どちらもどっぷりシリアスに浸ったときのファイトには定評がある。
クーガーとのムチャムチャ結成を経てハードコア殺法に磨きのかかったミラクルは果たしてどんな戦法でタイガースに挑むのか。
くいしんぼうは1回戦突破という壁を未だ打ち破れないでいる。今回は先週から既にキラーモードのスイッチが入っているようなので政宗とて油断できない相手、この日はコンビとはいえ敵情視察も兼ねた一戦だ。

例え日常的なカードであっても天王山目前という流れがもたらす微妙な変化。特に月曜日以外毎日試合のある大阪プロレスではカードのバリエーション上そういった感情の入り混じった部分がどうしても希薄気味になってしまうだけに天王山への味付けが先週、今週と2週かけてじっくりと描かれる事は個人的に大歓迎だ。

そしてそんな中、奮起した王子が天王山出場の枠を巡って三原に宣戦布告する。そして決まったセミでの決定戦という理想の舞台。
若手がLOVに決起した前回IMPまでのシチュエーションでさえ王子に目立った動きはなかった。しかしここに来てタッグマッチとはいえ上位陣からの三原が初勝利を挙げた事で、王子の心境に大きな変化が訪れたのか。

小峠に背中を押された部分があるとはいえ、王子が自己主張したという事実は大阪ファンにとっては喜ばしい。
その力の源泉が嫉妬であれ屈辱であれ、負傷続きで若手の出世レースの中で出遅れてしまった王子にとってこれは大きなチャンスなのだから。

もちろん既に天王山出場が決まっていた三原が簡単にその椅子を明け渡すワケは無く、2年目で天王山出場という快挙そしてその周りから受ける期待を背に王子の前に立ちはだかる。

この1年でひっくり返ってしまった王子と三原の序列。パワーと重さの三原に対して王子は何をぶつけていくのか。どちらにしろ結果はもとより周りが納得する内容が必要だ。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

091108masamune.jpg

−−−−−11月8日(日) 「大阪HOLIDAY PARADISE」−−−−−

Dビリーケン・キッド&くいしんぼう仮面
     vs
 ミラクルマン&原田大輔

C政宗&松山勘十郎&小峠篤司
     vs
 ブラックバファロー&ヲロチ&タダスケ

B秀吉 vs えべっさん

Aアジアン・クーガー vs 三原一晃

@タコヤキーダー vs タイガースマスク

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◎ラポン的見どころ : 天王山前とはいえホリパラはホリパラ。第3試合以降はユニーク軍絡みのカードが並ぶ。
それでも見方によっては違う可能性も見えてくるだけに興味深い。

多分えべっさんは仮想ボディガーとなって秀吉に立ち向かっていくのだろう。無謀この上なし。

セミの勘十郎の存在は非常に気になる。彼の存在がこのカードをユニークマッチに傾けるのか、それとも政宗と小峠に足並みを合わせてスピーディーなルチャワールドを築いてくれるのか。
どちらにしろLOVを動揺させるようなムーブを見せてくれそうだ。

メインもミラクルとくいしんぼうのテンションによってどう展開が変わるのか予想できない。もしかしたらここでも2人のキラー試運転が観られるかもしれない。
原田の痛めた肩の調子も気になるところだがビリーとくいしんぼう相手に大きく復調アピールして欲しいところだ。

オープニングマッチのタイガースと王子のシングルは前日の結果如何では非常に興味深いものとなる。師弟対決となるか、それとも単純にルードとリンピオの殺伐とした闘いになるのか注目だ。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

考えれば先月は一度もMアリに顔を出してないです。ブログの怠慢にしろ何にしろ忙しいのもあるんですがチョット色々ありまして...。

とにかく人間関係というのは難しい。人と人との距離というのは縮めようと努力するほど離れてしまうものなのかもしれないです。
携帯でのメールにmixiなどのSNS...文字だけで伝わるほど人の心というのは単純じゃない。文字の裏に隠れるもの、文字だけでは見えない素顔。

感情を読み取る事に不自由な社会になってきてるのかもしれません。でも、だからこそ直接会ってその人の表情を前にして話したい、感じ取りたい、そして表現したい。

書いてて当たり前の事だと思うけど、それが分かっていても色んな行き違いから起こってしまう悲しい出来事。

そして人の繋がりはあまりにも容易に切れて離れて見えなくなってしまう。

プロレスだってライブだからこそ伝わるものがいっぱいあるのに。注目のビッグマッチよりも、そこまでの道筋を示す試合の方が大事な事だってある。
結果ももちろんだけど、それより過程で相手に響いているか...それをおろそかにしたら何もかもズレてゆく。

それが分かってるはずなのに。

直接自分が関係しているわけではないです。でも、情けない程にそれでダメージを受けてしまう自分がいます。

でも...頑張らなきゃね。自分自身が落ちたら人を持ち上げられないもんね。
プロレスに癒されに、そして元気をもらいに行こうと思います。
posted by ラポン at 16:14| Comment(5) | TrackBack(0) | 今週の大阪さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ま〜くんゴチ。

観戦ついでに時間があったら「スペル」観て来なせぇ。
猛烈に面白かったっすww
Posted by ちゃー at 2009年11月06日 17:03
政さんがね。
八戸の〆の挨拶で「頑張ろう!」って言ってました。
何度も何度も頑張ろうって。

みんな一緒です。
みんなで一緒にいろんなこと頑張りましょう。
Posted by WAKA at 2009年11月06日 23:44
>ちゃーさん

遅筆でゴメン(汗)

「スペル」ってヤバいおばあちゃんで話題になったヤツですな(@_@)
最近劇場に行く機会がめっきり減ってしまってて(汗)

この前もウチで「呪怨」の日本版とハリウッド版見比べてケラケラ笑ってたし

でも「スペル」ってサム・ライミだったんだ
原点回帰って事でたしかに観にいく価値ありそ♪

個人的にはもうスグ始まる「2012」も行きたいんだよねぇ
Posted by ラポン at 2009年11月10日 01:39
>WAKAさん

うん、努力で自主興業成功させた政さんが言うだけに説得力あるよね

まぁラポンも周りの人の事で↑↓する前に自分自身のことどうにかしろってコトで(笑)

アリガト、元気出た(p^∀')v

頑張ります♪色んな事を色んな意味で
Posted by ラポン at 2009年11月10日 01:45
「スペル」は見とかないと絶対後悔するよん。レイトショーで行って来いww
サム・ライミの振り切り具合が半端無いっす。

「呪怨」は日本版を観ずに、海外版しか観てないっすわ(汗)

「2012」は、ストーリーはともかく、映像は凄そうですよね。
あと、タランティーノの「イングロリアス・バスターズ」やミラジョボ主演の「フォースカインド」もかなり期待大。わくわく〜。
Posted by ちゃー at 2009年11月10日 11:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ブログのトップに戻る
pwrtitleb3.jpg

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。