2008年04月21日

今こそ師匠越えのとき!

08042000.jpg

帰ってきてとにかく眠くて、横になったらハイ朝ということでヒマを見つけてやっと更新です。
ラポンは名古屋〜大阪間をオール下道でゆったりドライブで戻るから到着はいつも午前様ギリギリ。
眠気防止にミンティアのドライハード(タブレットの超刺激版)をバリボリ食べながら運転です。食べ過ぎると舌の感覚がなくなります。
さらに眠くなると大声で歌を歌いだします。それはJ-POPだったりアニソンだったり特撮だったりします。

週末の大阪で車外に漏れるほど大きな声でウルトラマン歌ってる名古屋ナンバーはきっとラポンです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

大阪プロレス2008年4月20日デルフィンアリーナ大会
「大阪HOLIDAY PARADISE」観戦記

−−第1試合−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

080420aa.jpg 080420ab.jpg

080420ac.jpg 080420ad.jpg

大阪プロレスの選手達は絹川選手と当たるのを楽しみにしていたんじゃないだろうか。2年間に及ぶ練習生時代を経てデビューにこぎつけた成果を肌で感じてみたいはずだ。
その第2戦の相手はタコヤキーダー王子。会場からは「キヌ!」の声援が飛ぶ。
試合は基本の組み合いから腕の取り合い、そして次第にストレートなぶつかり合いへと。
王子はあえて絹川のチョップの連打も受けて立ち「もっと来いコラ!」とゲキを飛ばしてからソバットのお返し。
「そんなもんかい!」と挑発。ここから絹川は打点の高い連続ドロップキック、続けざまにスピードのあるコルパタ。
しかし王子はじっくりと流れを変えて見せ、片逆エビ固めで動きを止めにかかる。
「立て!」の声に奮起する絹川は逆エビでお返し。そしてスキをついての見事なウラカン・ラナ。
しかしそれも王子に返され張り手合戦の一撃から最後はエグく体を反らせた逆エビにたまらずタップ。
王子は倒れる彼の耳元に二三言話しかけるとリングを後にする。

これから旅立ちの日まで、多くのキツイ餞別を受けるだろう絹川選手。先輩からすれば成長を見られないのは辛いが、それが運命なら少しでも未来につながるものを彼に刻み付けるのみ。今日は入り口近くにタイガース。そしてリング傍にはミラクルマン。特にセコンドをするでもなく、ただ彼のファイトを真剣な眼差しで見つめていた。彼らは闘うチャンスがあれば厳しくも慈しむようにプロレスのイロハを叩き込んでくれるはずだ。
短くとも大いに学べ。敗北そして失敗に臆するな。大阪で芽生えたものを沖縄で見事開花させよ。
頑張れ絹川選手!

−−第2試合−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

昨年に名古屋で行われた愛プロレス博2007。ここでバファローがウルトラマンロビン&ポイズン澤田JULIEと闘っている映像を見る機会に恵まれた。ちなみにこの映像DVD化どころか民放・CSの放送すらないという貴重映像。ここでバファローは天王山の真っ只中にもかかわらずロビンワールドと蛇界にノリノリ。ロビンの光線技でバファローのバットが燃えます、マジで(ちなみに別のカードでクーガーも出てます。こっちの相手も子龍とかペールワンとか...)。
そうなのだ。バファローはルードだった頃からユニークな世界を渇望していて、リンピオとなりマスクの呪縛から放たれた今、その機会を待っていたのだ(多分)。

080420ae.jpg 080420af.jpg

080420ag.jpg 080420ah.jpg

かくして「闘う千両役者」松山勘十郎と「暗黒猛牛」改め「黒毛和牛」(ウソ)ブラック・バファローの髪の毛サラサラ合戦が幕を開けた!
「バファロー!オマエには前から言いたいことがあったんだ!その長い髪!拙者と(キャラが)被ってるんだよ(一同エェーッ!)」
勘十郎のイチャモンから始まった戦い、まずはお互いが黒髪を掻き揚げてアピールする異様な展開。
テッドさんに「前髪が少ない」と敗北通告された勘十郎は怒って実力行使に訴える。
バファローがロープワークで勘十郎を顔面から転ばせれば、勘十郎もそっくりそのままお返し。
調子に乗った勘十郎はロープ渡りを試みるが、バファローが仏頂面で拒否。
「空気読めよ!歩け!」の言葉も虚しくロープを蹴られると勘十郎は足を滑らせトップロープに股間をダイナミックイン!
バファローの追撃の前に勘十郎は防戦一方だが勘十郎は腕に噛み付いて逃亡を図る。
もう一度ロープ渡りを繰り出す勘十郎だがそこから張り手の一方的な集中砲火とタックルの猛攻を食らってしまう。
「このままじゃ確実に負ける!っていうか殺される!こうなったら!」と最終奥義「愛しの乱れ髪」を持ち出す勘十郎だが、ここでバファローは一言「レフェリー!チョーク!」
動揺する勘十郎にバファローは取り上げたアイテムで逆「愛しの乱れ髪」!
身動きが取れなくなった勘十郎にバファローはラリアット一撃で爆殺3カウント!

080420ai.jpg 080420aj.jpg

バファローさん楽しそう。

−−第3試合−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

かつてアジアン・エクスプレスと呼ばれた2人、アジアン・クーガーとコンドル。彼らはいつしか袂を分かち敵対しあう間柄となった。

080420al.jpg 080420am.jpg

080420an.jpg 080420ao.jpg

お互いがロベルトと小峠をパートナーに始まった一戦。
まずはコンドル&小峠の急襲から幕を開ける。
連携が冴える2人は場外の乱戦を挟んで次第にロベルトが孤立させていく。
コンドルと小峠は名前を呼びあい、活き活きとした動きを見せる。まるで2人で闘える残された時間を精一杯楽しむかのように。
さらにコンドルはフラストレーション爆発寸前のクーガーに追い討ちするように舌戦を仕掛ける。
「よく見とけよオラ」とコンドル。
「オマエこそ見とけよコラ」とクーガー。
「何を見とくんだオラ」とコンドル。
ロベルトは何とか連携を切り抜けてドロップキックで応戦してからクーガーにタッチ。
待ってましたとクーガーは、まずコンドルにロープを利用してのUターンブルドッキング。続いて小峠にパイルドライバー。
しかし攻勢は長く続かず再びロベルトが捕まってしまう。しかしここは何とか耐えて次第に流れはクーガー&ロベルトに。
まずクーガーが小峠にリングサイドでのギロチン。ロベルトがコンドルにミサイルキック。
分断に成功するとクーガーは小峠に顔面スタンプからクーガーロック。
一度は返す小峠だったが再度顔面スタンプから片エビ固めでトドメ。

080420ap.jpg 080420aq.jpg

敵味方に分かれながらも同じ団体で過ごしてきたクーガーとコンドル。沖縄に旅立つ前にイーブンな関係に戻すシングルマッチはできないものか。
たった一戦で分かり合える。プロレスの世界ならそれができる。

−−第4試合−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ホリパラのオープニングで「嫌なことは忘れましょう」と声を揃えて話した大輔とタダスケ。惜しくも大阪タッグ挑戦者決定戦に破れてしまった大輔&ゼウスだが落ち込んでなどいられない。この開き直りこそが若さ最大の武器。あらゆる局面を自らの糧とせよ。

080420ar.jpg 080420at.jpg

080420as.jpg


ゼロとGAINAに、直接勝敗に関わる決定力を持ったポイントゲッター秀吉。このバッドフォース最強3人衆を迎え撃つブラドゥンガッツ。
いきなりの軽い乱闘の後リング上はゼロと原田大輔。大輔は当たり負けせずにゼロをフロントスープレックス。
大輔すぐさまタダスケに、ゼロはGAINAにタッチ。重量差タックル合戦からお互い早いタッチワークで秀吉とゼウスにでスイッチ。
恒例のパワー合戦は秀吉をリフトアップしたゼウスに軍配が上がるが、ここから試合はバッドフォースお得意の場外バトルに突入する。
両軍入り乱れる中で彼らの標的はタダスケ。リングに戻ってからも2人あるいは3人でいたぶってゆく。
これを安易にカットに走らず見守る大輔とゼウス。そのタダスケの頑張りはゼウスと大輔の逆襲を呼ぶ。
ゼウスはGAINAと秀吉のダブルのクローズラインを突破してまとめてラリアット。
GAINAにキャメルクラッチ、ブレーンバスター、チョークスラムの連続攻撃。
大輔も刀狩をさせずにフロントスープレックスで秀吉の闘いに打ち勝つ。
こうして優勢に試合を進めるかに思えたB&Gだったがタダスケがトリプルのパワーボムを食らったあたりで失速。
分断され孤立無援となったタダスケにバッドフォースは驚愕のトリプル嫁入りプレス!
悶絶するタダスケに秀吉がラリアットから刀狩で畳み込むような勝利。

080420au.jpg 080420av.jpg

080420ax.jpg

080420aw.jpg 080420ay.jpg

終わった後お互いを称えるようにリング上で集うバッドフォース3人の表情も良かった。ここ最近の名物ともいえたBGvsBFの6人タッグももうすぐ見られなくなる。
闘うたびにクオリティが上がっているだけに正直もったいない!

−−第5試合−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

予測不可能なトリオが完成してしまった。
タイガース&ツバサはシリアス。タイガース&ミラコーはユニーク。タイガース&ツバサもユニーク。
なんだ、ミラコーさんが悪いんじゃんか。

080420ba.jpg

080420az.jpg 080420bb.jpg

080420bc.jpg 080420bd.jpg


080420be.jpg 080420bf.jpg

そんな6人タッグは例のごとく入場時から怪しさ臨界点突破のタイガースが注目を集める。観客からもらったお菓子をリング上で貪り食うしぐさを見せる猛獣チックなタテ縞猛虎仮面。
昨日よりニューマスクのえべっさんはヒゲと赤いホッペのコラボが少々不気味。
出だしはミラコーさんとくいしんぼう。プロレスの定番ムーブをもミラコーいぢくりに変えてしまうハイテンションくいしんぼうは一方的なブリッジ要求で散々いたぶる。
そこから試合はツバサvsデルフィン、そしてタイガースvsえべっさんへ。
先々週に続いて決着戦を目論む2人はしりとりチョップ合戦。「ん」を言ってしまったタイガースは逆上してコーナー上から「氣」ボール攻撃。
前回はえべっさんの「ダジャレ三本締め」で落下してしまったタイガースだが、今回はダジャレ前に華麗にミサイルキック。
おいおい「氣」ボールの意味は?
ここでグダグダ気味な試合にご立腹なツバサを尻目にミラコーがリングイン。「ツバサまた怒ってるで。謝っとき」と助言するもタイガースは興奮状態。
同じくタッチを受けたくいしんぼうは「追撃〜追撃〜追撃され」コーナーラリアットから捕まってしまう。タイガースとツバサの連続コブラツイストにミラコーのモスキート。
「すっかり元気がなくなったようだな」「あと一息でっせ!」「虫の息!」といった壊れたスカウターのようなタイガースの分析に反してくいしんぼうはミラコーさん相手のときだけ復活してくる。それでもくいしんぼうのローンバトルがしばらく続く。
ミラコーのコーナー自爆からようやく替わったえべっさんは立ちはだかるもの全員(味方含む)を次々とボディスラム。そしてテッドさんまでも投げようとするがパワフルに投げ返される。
タッチを受けたタイガースは160kmチョップからランニングホームラン。そして「今こそ師匠越えのとき!」と宣言して前回失敗の新技ホームスチール!
予想どおりスチールは完全にアウト。「アホかオマエは!と叫びながらデルフィンは、ヘコむタイガースにスイング式DDTからデルフィンクラッチ。これはミラコーがカット。
ツバサとの連携で勝機を掴んだミラコーは、コーナーのくいしんぼうめがけてテッドさんをスロー。しかしこれは切り返されミラコーが被弾。
それがくいしんぼうの関空トルネードを呼び込み見事な3カウント!

080420bg.jpg 080420bh.jpg

080420bi.jpg 080420bj.jpg


音声は序盤のしりとりチョップ合戦と、試合終了後の「余命いくばくもない」えべっさんとタイガースのやりとり。最近のえべっさん良いですね。技の運びからユニークにつなげるのがスゴイうまくなったみたい。マスクはキモいけどそれもキャラを立たせてる。タイガースの脳の部品を総取っ替えしたかのような壊れっぷりも見事。
ツバサを入れたトコは絶妙なスパイスだね。さすがに目立ちきれなかったけど。
今回も外れるコトなく笑わせていただきました。今回メインは役者が多すぎてもったいなく感じたくらい。勘十郎がいなくてもコレだからね。1つの試合でこれほど爆笑を詰め込んだプロレスができる団体は世界中探しても絶対無い。

来週末もしかして登場のアノ人の事も考えると、これはユニーク戦国時代突入か!?

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

この後デルアリはフリーマーケット突入。
これは久々登場予定のペン子ネタを含めて次回アップします。
明日は試験があるので早めにアップしますね。

ってか試験勉強しろよラポン。

posted by ラポン at 15:33| Comment(4) | TrackBack(0) | 大阪プロレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
車で行かれてたんですね。
びっくりです。
どれぐらいかかるんですか?

ちなみに試験ってなんですか?
すごい興味あります。
Posted by 油の大将 at 2008年04月21日 23:57
ストレートに行って3〜4時間ってトコです。
寄り道多いんで実際はもっとかかりますけどね。

試験はプロレス検定ではありません(笑)
保険関係のスキルアップ試験です。
Posted by ラポン at 2008年04月22日 00:37
3〜4時間ってすごいですね。情熱を感じます。

でも保険関係って難しいって人に聞いた事があります。なのに大阪まで行くなんて、参りました。
Posted by 油の大将 at 2008年04月22日 00:55
試験前でコレですからね。

終わったら今月は26日デルアリ、27日DEP。
そして29日IMPから翌30日新木場の若武者に強行してやろうかと企んでます。

重症です。
Posted by ラポン at 2008年04月22日 01:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ブログのトップに戻る
pwrtitleb3.jpg

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。