2008年04月24日

でら名古屋な夜

先週の土曜日の話になるんですが、でら名古屋プロレス(以下、でらプロ)のちゃんこ交流会に行ってきました。
落ち着いて書きたかったのでアップが遅れてしまいましたが、報告したいと思います。

開催されるのは毎日プロレスのリング(?)にもなったスポーツ・バーのスポルティーバ。
会費2000円で飲み放題とちゃんこ食べ放題という、まさにお腹にも懐にも優しいイベントでした。
もちろんでらプロの選手も全員集合です。

チョット時間遅れてお店に着くとすでに中は大盛況。
でらプロの赤いジャージを着た選手たちが並んで出迎えてくれます。ホストクラブみたい。ゴツイけど。
ちゃんこの美味しそうなにおいが漂う中、ラポンは席に案内されます。どんな人の隣になるのかは結構ドキドキ。
緊張で少し小さくなるラポン。いないだろうな、ここじゃ大阪プロレス好きな人...。
そんな中、角隣から座ってた3人組(母娘&彼氏かな)の方にお話ができました。
そしたらナント3月に大阪プロレスが参加した名古屋の企業イベント「わくわくニッペランド」に行ってファンになったって言うじゃないですか。
隣に座れちゃうなんてなんたる偶然。しかもクローズドイベント行けたなんてスゴイうらやましい。
それよりなによりやっぱ出会えたことが嬉しい!名古屋で出会う大阪プロレスファン1号(から3号)です!

080422dera2.jpg

※スイマセン。写真週刊誌のようになってしまいました。キチンとしたの渡します。連絡ください。

お話を聞くと、お母さんは即行でゼロのファンになってしまったらしくて、来月5月6日のゼロのラスト試合はみんなで行くのだそう。
他にも名古屋の南、知多半島に「チビゼロ」くんってゼロのコスプレして応援する大阪プロレス好きの一家が住んでいるんだとか。
なんだ、名古屋って大阪プロレスファン多いじゃん♪
さっきの不安はどこへやら、一人有頂天になって談笑。他にも原田選手が他のブースでチアリーディングのショーやってるの夢中になってみてた話とか色々聞くことができました。
男の子だねぇ大輔くん。
お3人ともプロレス大好きみたいでいいなあ。見ててすごい微笑ましい。

ここで、でら名古屋プロレスの斉藤取締役本部長から選手紹介と乾杯の音頭。
いかんいかん、今日の目的はでらプロの選手と楽しむことだぞ。

ここから選手たちは思い思いの席に座ってファンとの交流開始。練習や学業とかで大変なのにお疲れ様です。
ちゃんこも振舞われ始めます。ドデカい鍋で作ってたんで味加減難しいはずなんですが、そこらへんは絶妙でスゴイおいしかったです。
ちなみにちゃんこ作ったのはでらプロ所属で通称「名古屋のラストサムライ」ことSHIGERU選手です。将来は居酒屋を経営したいんだとか。
まあ何十年後の話ですね。そう簡単にやめてもらっちゃ困ります。でもこの腕前ならすぐにでもできそう。

スピーカーからはでら名古屋プロレスのためにレコーディングされたテーマソングも流れ、店内は良い雰囲気。
そこに、彼氏さんが高井憲吾選手兼コーチを呼び込んでくれました。ナイス!
でらプロはDDTの高木三四郎選手兼社長が監督として就任していますが、マッスルやユニオンのようにDDTの別ブランドというワケではなくて、あくまでも地元法人として独立した団体なんです。もちろん関係上DDTの選手も参戦してくれるとは思いますが、名古屋ででらプロが大きくなっていくにはまず生え抜きが頑張って盛り上げることが絶対必要。だって名古屋ってなんのかんの言っても地元愛着心が強いから中日ドラゴンズみたいな特別な思い入れを持ってもらうことが集客の第一歩だしね。よってその選手を育てるコーチの存在はすごい重要。だから高井選手からはぜひとも話を聞きたかった。

初めて間近で見る高井選手はやっぱりプロレスラーって感じ。当たり前か。
でもラポンはこういったプロレスラー的な体型の選手って好きなんだよね。キチンとトレーニングして筋肉作って、その上に脂肪が乗って、そこにまた筋肉を作る。そうして出来上がったケガをしにくい理想的なプロレスラー。高井選手はまさにその典型って感じ。
高井選手にはでらプロの話はもちろん、大阪プロレス時代とかガロガ時代のお話も聞けました。話しづらい内容もあったかとは思いますが優しく語ってくれました。
とにかく高井選手、「頼れるコーチ」って雰囲気がプンプンしてます。この人に任せておけばでらプロ大丈夫でしょ、絶対。

おっとここで写真撮らなきゃ。周りの人との楽しそうなツーショットもブログに...アレ?カメラにバッテリーが入ってない!家で充電してて忘れたぁぁぁぁぁ!!
テンション地下3000m...。携帯のカメラじゃこんな薄暗いシチュエーションじゃ写せないし。

すると、以前「お花見プロレス」で一人ぼっちのラポンを癒してくれた「優しいお姉さん」2人のうち1人が声かけてくれました。2人が来てるのはスグ分かってたんだけど別のテーブルにいたから話できないでいたんだよね。
「カメラ同じ機種だからバッテリー貸しましょうか?」
うぉーっ感謝・感謝・大感謝!もうお世話になりっぱなしです!これもプロレスの生んだ人情物語です!感動巨編です!涙ドバドバです!
...すいません少しオーバーでした。
ホントありがとうございますってワケで今回の掲載写真は優しいお姉さんNO.1さんのおかげです。NO.2さんもコメントありがとう。

そしたら良いタイミングでテーブルに今度の30日新木場での「プロレスサミットへの道〜若武者」でデビューする期待の「ガッチリボーイ」こと入江茂弘選手にも座っていただきました。
なんとも贅沢な組み合わせです。
それにしても入江選手、体大きくなったなぁ!以前3月のマンモス半田自主興行「マンモス2」で偶然話したときにも体大きかったけど、なんて言うか迫力がまだなかった。
早く着すぎて一人ぼっちで待ってたラポン(このシチュエーション多いな)にプロレスへの熱い想いを話してくれた入江選手。
エンリョがちに「自分のこと覚えてますか?」って聞いてみました。
「もちろん覚えてますよ。ブログにも載せていただいてありがとうございます」との返事。
うぉーっ感動・感動・大感動!覚えててくれましたか!これはプロレスの生んだ奇跡!もうラポンは一生アナタに付いていきますっ!ダァーッ!
...すいません少しオーバーでした。
テーブルには3人組(名前聞いておけばよかったです)・高井選手・入江選手そしてラポン。ここから入江選手に若武者にむけての質問攻め。
ごめんね入江くん。余計にプレッシャー与えちゃったかな。でも体も分厚くなって準備は着実に進んでるみたい。相手はZERO1MAXの高西翔太選手。新日本との対抗戦でも活きのいいファイトしてました。まあ相手が誰だろうとデビュー戦なんだから気迫をぶつけるのみだよね!
頑張れ頑張れ入江選手!

080422dera.jpg

というワケで高井&入江選手のツーショット写真。そのとき「自分、高井さんとタッグのタイトル取るのが夢なんですよね...」とチョット恥ずかしそうに話した入江選手。
初々しいなあ。
なんかこの2人って雰囲気似てるんです。高井選手の若い頃ってこんな感じだったんじゃないかなってフト思っちゃったくらい。
タッグベルト?絶対に取れますって!早くこの2人のチームを見てみたい。師弟タッグ、想像するだけでワクワクしてきちゃうよ。
これからの入江選手の成長、ホント楽しみです。
この後2人は強烈なチョップ合戦に突入してました。あらら胸にミミズ腫れが。
時間があれば他の選手ともお話はしたかったんですよね。「現役高校生ファイター」に「現役大学生ファイター」そして「戦う花屋」、興味そそります。

こうして宴もたけなわ、突然「プロレス観たいかぁー!」の叫び声。
「観たいー!」「観たいぞー!」
さーイキナリ始まりましたプロレスアワー。こういうスポルティーバさんの遊び心あふれた予定調和って大好きだよ。
もちろんここで出てくるのはマンモス半田!相手は同じく地元インディー代表の戸川選手!
ノリはまさに毎日プロレスリターンズって感じで、予想通り久○大通公園での場外戦に突入。あー路上でもやっちゃってるよ。今回は2人とも私服だから一見するとただの酔っ払いのケンカ。しかしマンモス息上がるの早いよ(笑)
内容ですか?グダグダすぎて覚えてません。マンモス半田すーぱーりあるなふぁいとは写真で想像してください。
まぁみんな喜んでたからソレでいいんですよ。エンターテインメントとしてお客を楽しませるファイトがプロレスならこれも立派なプロレス。

まあマンモス半田氏がエンターテイナーかどうかは別としてですが。

manmo.jpg

080422manmo2.jpg080422manmo3.jpg

※優しいお姉さんNO.1さん。マンモス半田追っかけてバッテリー返すの遅れてスイマセンでした、反省。

こうして余興も無事終了しあっという間に時間は過ぎてゆく。
夜も更けて電車の時間も気になる頃、ここでひとまず中締めってことで、でらプロの選手から旗揚げに向けてのメッセージ。

宮本選手「でら名古屋プロレスしか興味が集中するような素晴らしいプロレスを目指していきたいと思いますのでよろしくお願いします」

入江選手「名古屋に骨うずめるつもりで一所懸命頑張っていきますのでよろしくお願いします」

笠木選手「選手一丸となって頑張りますので応援よろしくお願いします」

榊原選手「これから頑張って強くなっていきますので応援よろしくお願いします」

高井コーチ「ホフ!旗揚げまでに練習生をプロレスラーとして恥ずかしくないように鍛え上げていきます。自分も最高のコンディションで望みます。応援よろしくお願いします!」

SHIGERU選手「今、腰を負傷中で旗揚げまでに治るか分かりませんが、当日は死ぬ気で闘うんで応援よろしくお願いします」

素朴な言葉に好感が持てた。それでいいんだよね。まだまだみんな若いんだし。

イベントは盛況のうちに終了。飲み放題はまだまだ続いたらしいけど(笑)


でら名古屋プロレスは現役選手達を集めて作った団体ではない。だからスター選手と呼べる選手が揃っているわけでもなく、人数もコーチ含めて6人と自分の団体だけではまだまだ興行自体が成り立たない状態。
しかし地元密着団体とはこうあるべきではないか。そこに住んでいる人が成長を見守って、大きくなっていく。最初は暗中模索でもいい。見ているみんなが後押しして良いファイトにはいっぱい声援を送って、いまいちなファイトなら素直にそう伝えればいい。選手そしてファンが考える理想のプロレス、名古屋だけでなく愛知の気風にマッチしたプロレスのスタイルをみんなで創造していけばいい。そうしたら自然と他団体とは違うでら名古屋プロレス独自のカラーが際立ってくるものなのだから。
だから、まずは観客席で暖かい気持ちをもって見守ってあげよう。
将来には名古屋を、いや全国を代表とする団体になってほしい。様々な団体で闘っている愛知出身のプロレスラー達が、所属させてくださいって向こうから頼んでくるような魅力的な団体になってほしい。
幸運にも高木三四郎というプロレスラーとしてもプロデューサーとしても実績のある選手が監督に就いてくれている。きっとでら名古屋プロレスはプロレスファンが目を離せないドラマチックな団体になると信じている。
ラポンが好きな大阪プロレスは大阪で9年という長い月日を経て、立派に根付いてきた団体である。もちろんここまで行き着くに数々の逆境があったことだろう。でもそれが団体としての自力を生んでいるんだと思う。
誇ることができるプロレス団体がある大阪の人はうらやましい。これはブログ開設当初から書いてきたこと。そして名古屋にもやっと誕生する。ラポンはあまり地元意識に執着するタイプではないけれどこの事を素直に喜びたい。

沖縄プロレスの旗揚げによって新たなるチャレンジで望む大阪プロレス。そして6月7日に旗揚げを迎えるでら名古屋プロレス。
プロレス界全体からすれば小さなムーブかもしれないけれど、両団体ともメジャーには成しえない未知の可能性がある。
大阪プロレスに対してと同じように、でら名古屋プロレスとも喜んで泣き笑いを共有していきたいと思う。
そしてこのイベントで選手へのファンの暖かい気持ちをたくさん感じた。きっとその人たちも同じ気持ちなんだと確信する。

この熱よ、広まってゆけ!

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

実はイベントの序盤である映像が流れました。
先日の毎日プロレス最終日の後、ZERO1MAXの大谷晋二郎選手兼社長がスポルティーバに来店されたそうです。
もちろん毎日プロレスで来ていたスパーク青木選手とプラグ今井選手も参加して、お酒も入りながら熱いプロレス談義になったとの事。

映像は大谷社長が帰った後、酔って素直な自分の気持ちをさらけ出すプラグ選手。細かくは覚えていませんが、

「プロレスが楽しいんです。自分はプロレスでしか生きられないから...。だから頑張ります。今はプロレスが楽しくて仕方がないんです」

聞いててジーンときてしまった。きっとプロレスはこういった熱い気持ちに支えられて半世紀以上の長きに渡って続いてきたんだと思う。
だからこそもっとプロレスは人気を取り戻して欲しい。それによってプロレスラーが将来の憂いなく思う存分働ける土壌が欲しい。

だってプロレスで生きていきたい人がいるならば、その人にはプロレスで生きられる人生を与えるべきじゃないか

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ハイクブログを設置しました。大阪プロレス関連から詠んでいきたいと思います。
まあ季語がないので俳句というより川柳ですが。
他のプロレス俳句を覗いてみたら、マンモス半田の題材が多くて笑いました。
すこしづつ腕前をあげていきたいと思います。
オレ(ワタシ)の方がうまいと思ったらぜひ投稿してください。コメントで送っていただければ作者表記の上で掲載します。

だんだんブログがラポンのオモチャ箱状態になってきました。あとはブログペット飼いたいなあ。
posted by ラポン at 14:24| Comment(4) | TrackBack(0) | でら名古屋なインディー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
NO.1に伝えておきます。
花見の時に、「友達に大阪プロレス大ファンがいるので、いつか紹介できたら…」と話したものの、紹介する間もなく、アッサリお隣に座られるとは(笑)
いろんな楽しさがつまった会になりましたね。
Posted by ともみ at 2008年04月25日 01:58
ハイ、プロレスの神様が引き合わせてくれました♪

交流会ほんと楽しかったですね。
プロレスファンって暖かいなぁと改めて思うワケで。
Posted by ラポン at 2008年04月25日 02:22
ありがとうございます!
一生懸命がんばりますんで、よろしくお願いします!
Posted by 入江茂弘 at 2008年04月25日 10:03
>入江選手

こちらこそ力いっぱい応援させていただきますよ!

気持ちがいっぱい表現できるレスラーになってくださいね。
Posted by ラポン at 2008年04月26日 05:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ブログのトップに戻る
pwrtitleb3.jpg

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。