2008年04月26日

今週の大阪さん

今週の大阪さん

最近1週間が早いなぁ。
無事に試験の合格通知もあり、頭の中はプロレス一色のラポンでございます。

これ書き終わったらデルアリにゴー。
でもチョット早く着きすぎるから途中観光していこうかな。これが車移動の魅力ですね。

というワケで、今週末の私的見所を(時間の許す限り)書き放題。

今日もドラマが待っている!

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

080425zero.jpg 080425tig.jpg

どうしてもメインの大阪タッグ選手権に興味が集中してしまうんだけど、サタナイはバッドフォースの最終戦争の様相。

第1試合のコンドルとタコヤキーダー王子は変化球vs直球の勝負。どちらもパワフルな選手ではないだけに、王子にとっては参考にする部分も多いのではないか。コンドルのインサイドワークが備われば王子のファイトに幅が出る。沖縄組がいなくなり、新人がデビューすれば王子も自動的に中堅へとクラスアップしていく。今の王子の上から潰されても立ち向かってゆくスタイルも魅力的だが違う一面も見てみたい。ズルい王子がファンに受け入れられるかは分からないが。もちろん一朝一夕で身に付くものでもないだろうが、そういったうまさを教えられる選手にも育っていって欲しいものだ。

セミのB&Gvs戦国タッグwith小峠はゴールデンウィーク後にどう立場が変わるかによっては観られなくなるカード。
B&Gはここでメインを食うくらいのファイトを展開したいところ。ゼウスにしても曙戦を前に最後のシリアス。純粋に仮想できる相手はいないものの、秀吉クラスのパワーファイターとは互角以上の闘いをしておかないと苦しい。
「曙を投げる」と発言したゼウス。新崎人生に続いて曙を撃破できれば注目度も上がり、さらにステップしてゆけるだけに大一番を前に勢いをつけたいだろう。
対する3人は今日まではバッドフォースとして活動するわけだが次のアクションはあるのだろうか。奇しくもIMP大会もコンドルを加えたほぼ同じメンバーで闘いに挑む。現状の枠組みとしては3人ひとかたまりといった感じだ。タダスケの小峠への勧誘とも取れる発言もあり、戦国タッグにしても契約更改のタイミングもあってどうしても去就が気になる3人。バッドフォースに代わる第3のユニット結成に向けて動き始めるのか。まずはゼロ&GAINAそしてコンドルがいないことを想定した上での存在感を示しておくことが大事か。

メインもタイトルマッチは色々な思惑が入り混じった激戦になるだろう。もし王者組が防衛すれば、沖縄プロレスの旗揚げまでベルトが封印される可能性が高い。もし防衛してベルト返上(しないとは言っていたが)となればさらにタチが悪い。挑戦者組にとってこんな格好悪い事はないのだ。ベルトは還ってきたが「最強タッグ」の精神は沖縄に持っていかれる。
挑戦者組が勝利するにしろ内容も問われる。目の当たりにするファンが納得する勝ち方も求められるであろう。タッグ屋としての実力が追いつかなくても気持ちで勝れば勝機は見えてくる。
その気持ちの上では挑戦者組が上回ると信じたい。タッグチームとして結成間もないが戦国タッグ、B&Gと立て続けに破ったタイガース&バファロー組にとって、今回のタイトル戦はファンに認められるための最終関門となる。タイガース個人としても大阪シングルチャンピオン、天王山2007優勝の称号を持ちながらも存在感という部分では長年団体を支えてきたゼロに押されている部分も多い。団体のトップとしてハクを付けるため、何より恩師を送り出すため、ゼロ越えは避けて通れないのだ。
もちろんゼロ&GAINAが敗れるとしたら心境は複雑である。沖縄プロレスの流れがなければ、団体をまたにかけて活躍しベルトの権威を引き上げていたであろう2人。
本人達に悔いがあるのかは不明だが、勝敗は別としてもゼロ&GAINAが安心して志を任せられるようなインパクトを出せるかがカギだ。

それにしてもゼロという人気のあるマスクマンが消えてしまうのは本当に惜しい。誰かが継いで欲しいと思うのはラポンだけだろうか。ゼロは唯一無二だという意見が大半なんだろうが、将来小峠あたりが被ってくれたらなんて密かに期待してしまったりもする。そうするとゼロ自身が復活できなくなってしまうが。

第2試合の社長と絹川選手とのタッグも面白い。沖縄では違う形で見られるのだろうが、大先輩のファイトを間近で見ることによって何を掴み取るのかが楽しみだ。

このサタナイで唯一のユニークであろう第3試合のタッグマッチ。勝敗は別としてベルト紛失事件はどう決着するのか。盗難だとすれば、証拠は現場に残された大きなネジと包帯。予想されるのはミラクルマンとも松山勘十郎とも因縁があるあのレスラーの犯行。行動から見てもベルトを狙う意思があることは間違いないのだが大阪名物世界一はIMPで決まっている。思わぬ横ヤリでタイトル戦が3WAYマッチにならないことを祈りたい。もしそういった企みがあるとすればこのサタナイに一波乱あるかもしれない。

サタナイばかり書いてしまったが、ホリパラではB&Gとユニークの抗争(?)がついに勃発する。戦国タッグにバファロー&王子が激突するカードも魅力的だ。タイガース・コンドル・社長の3WAYもハッキリ言って予測不可能(ユニークのニオイがプンプンするが)。バッドフォースの面々が解散後にどんなスタイル変更があるのかも気になるところだ。

まあホリパラまで書く時間がなくなってしまっただけなんだけど、今回ラポンはサタナイに集中したいと思います。
それでは行ってまいります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

IMPはサプライズがある(かも)とブログで発言していた阪上会長。何か知ってますねぇ。
誰かが現れて参戦表明?
まさか同じくブログで参戦の約束をしていたハッスルの坂田亘選手?んなワケないわな、負傷中だし。
でも特別参戦ならそのうちありそう。
posted by ラポン at 05:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 今週の大阪さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
気をつけて行ってくださいね。
僕も見に行きます。
お互いに楽しみましょう。
Posted by にゃんま at 2008年04月26日 08:50
そうですね
お互いガンガン応援しましょう! (p^∀')q
Posted by ラポン at 2008年04月26日 10:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ブログのトップに戻る
pwrtitleb3.jpg

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。