2008年05月08日

愛すべき悪漢たち

毎日お祭りのようなカードが並ぶデルフィンアリーナ3連戦。
その中で5日のメインは異彩を放っていた。

ゼロ&GAINAvs秀吉&政宗

この日の超満員を数えるお客さんの中にはもちろん大阪プロレス初観戦の方も含まれていたと思う。
だからこの闘いの重みを理解できていない人もいたかもしれない。
それでもこの試合は組まれなければならなかった。
バッドフォースの最後にやりのこした心のメインイベント。
そして賽は放たれた。

まずは戦国タッグの入場。
入場口からどよめきが徐々にひろがっていく。
なんと秀吉は上半身のコスチュームを脱いだ姿。しかもマスクは漆黒に塗られ、飾りを排除し機能性を重視したもの。
身を包むのは黒一色。鍛えられた肉体が強調され、その姿からこの一戦に向けた切なる覚悟がビシビシ伝わってくる。
なにか胸にドシンと衝撃を感じた気がして生唾を飲み込む。

080505main02.jpg 080505main00.jpg

続いて「大阪タッグチャンピオン」とコールされゼロとGAINAの入場。
コスチュームも前回のタイトルマッチと同じ。いつもと変わらぬ、押しも押されぬ鉄壁の王者。
秀吉はすでに前のめり。赤コーナーの二人を一点に見つめる。

開始のゴングとともにぶつかり合うGAINAと秀吉。彼らが望むのはもちろん力の真っ向勝負。組み合ってお互いをグイグイロープ際に追い込んでゆく。
秀吉「来いや!」と叫んでタックル勝負。マットを揺らす衝撃。さらに腕を取って絞る秀吉。GAINA浴びせ返すラリアットで返していきなりブレーンバスターを狙う。もちろん投げさせない。どっしりと腰を落とす秀吉。

080505main04.jpg 080505main03.jpg

代わったゼロと政宗は素早い攻防。交わるたび相手の技が肉体に刻まれる。政宗の鋭いサッカーボールキック。
後を受けて秀吉はロープ際のゼロに重たいチョップ連打で追撃、代わって入ったGAINAにもチョップとラリアット。
ダウンすると今度は政宗が足を極めにかかる。GAINAは苦悶の表情。
起こしてはGAINAに崩れ落ちるまで連続のチョップ&コーナーラリアットを叩き込む秀吉。
今日の秀吉は肉体の隆起がハッキリ見える分迫力が違う!気合が違う!場外に予想を超えたトペ・スイシーダ!!
政宗はゼロを痛めつけてリングに戻す。待ち構えていた秀吉はラリアットから逆片エビ。ゼロを半回転させたところに政宗の顔面ドロップキック!
目まぐるしく柔と剛が切り替わる戦国タッグ。真似のできない以心伝心タッチワーク。呼吸の乱れない連携。まさに熟練。

080505main05.jpg


080505main06.jpg 080505main07.jpg

080505main08.jpg


しかしここからペースは王者チーム。秀吉をフットスタンプで動きを止めると、狙いを軽量の政宗に向ける。
GAINAのなぎ倒すラリアット。ゼロは首極めに首筋エルボー。そこから腰の入った逆片エビとジワジワと政宗のスタミナを奪いにかかる。
終わったと思えば今度はGAINAの圧力。急降下ダイビングエルボー!
返したまま座り込んで動けない政宗をゼロは休ませない「オラどうした!もっともっと来いや!」とサッカーボールキック。
なすがままの政宗、軽々と持ち上げられツープラトンのパワーボム投下!なんとか肩を上げる政宗。秀吉が感情外に出すなら政宗は内に秘める。寡黙に耐える!こんな程度では終わらない、終われない。
それならばと「もう一丁!」と叫んで煽るゼロ。GAINAに乗っておんぶスプラッシュ。
政宗が一瞬「く」の字!そのままフォールもここは秀吉が寸ででカット!怒涛の波状攻撃は王者の王者たる所以か!

080505main09.jpg 080505main10.jpg

080505main11.jpg 080505main12.jpg

080505main13.jpg 080505main14.jpg

「マサー!マサムネー!」必死に檄を飛ばす秀吉の声が届く。
起死回生ドロップキックで脱出の政宗。代わった秀吉は入りざまGAINAとラリアット相討ち。ゼロとは壮絶な蹴りあい。
「オマエ来いやー!」「今度はオマエ来いやー!」ノーガードですすんでキックを浴び続ける両者。
重い衝撃音が鳴り響く!体に浸み込む衝撃は彼らにしか交わせない魂の会話!
打ち勝った秀吉はゼロにバックドロップ!

080505main15.jpg 080505main16.jpg

両者スイッチ、GAINAは政宗を捕獲、ジャンピングして体ごと浴びせるパワースラム!続けざまリバースブレーンバスター!顔面強打の政宗はうずくまる。なおも迫るGAINA!
力でねじ伏せようとするGAINAに対して政宗、逆転アンクルホールド!GAINA苦悶の表情でロープを求める!
動きの止まったGAINAだが政宗にジャーマンのお返し!この巨体でこの見事なブリッジ!大きく弧を描く!
代わった秀吉はGAINAとのチョップに勝つとロープに振って重爆ドロップキック!!入ってくるゼロを排除して戦国はコンビネーション、GAINAにパワーボムの要領で政宗を叩きつける荒業!

080505main17.jpg 080505main18.jpg

080505main19.jpg 080505main20.jpg

080505main21.jpg


試合時間はは20分を過ぎ、命を削る消耗戦!
GAINAは政宗に投げっぱなしパワーボム!しかし挫けない!政宗はコーナーに上ってGAINAに体を浴びせると再度のアンクルホールド!
ゼロには秀吉のスピアー!ゼロは浮き上がって吹っ飛ぶ!続いて強烈なパワーボム!
その秀吉にGAINAがラストライド!脅威のスタミナ!猛攻に切り返し食い下がる政宗にはゼロのカオスブレイク!
ダメージでリング上の全員がダウン!気力で起き上がろうとする4人!時間よ止まれ!

080505main22.jpg 080505main23.jpg

起き上がりシャイニングウィザードでペースを掴みたかったゼロだったがコーナーで秀吉が肩車。そこから政宗、雪崩式フランケンシュタイナー!ゼロは叩きつけられバウンド!
ここで秀吉の猛攻!ゼロに落城、GAINAには秀吉雪崩式ブレーンバスター!リングが壊れそうな爆音!
この好機に政宗はゼロを抑えようとするも逆に道険笑歩拳!そして隠し技WRをくらって場外で戦闘不能!

080505main24.jpg 080505main25.jpg

息を吹き返したゼロとGAINAは秀吉に集中砲火!GAINAは秀吉に投げっぱなしパワーボム!続いて狙ったラストライドは秀吉が踏ん張って踏ん張って切り返しそのままフォール!
それでも後が続かずGAINAにラリアットを食らってしまう!
次第に孤立していく秀吉、スタミナは限界!それでも食い下がってゼロにラリアット!
しかし2発目を狙う秀吉にゼロは道険笑歩拳!
思わぬカウンターに秀吉仰け反る!
踏ん張って再度のラリアットにもかいくぐるように道険笑歩拳!今度こそ崩れ落ちる秀吉!
うつぶせで動かない秀吉にゼロの飛翔、魔界一スプラッシュ!
終わったか!それでも秀吉はあきらめない!肩を上げる!残ったのは精神力だけ!
ゼロは反対のコーナーに登ってとどめの正調魔界一のスプラッシュ!
28分51秒の死闘に終止符!!

080505main26.jpg 080505main27.jpg

080505main28.jpg 080505main29.jpg

080505main30.jpg 080505main31.jpg

080505main32.jpg 080505main33.jpg

動けない4人、ようやく政宗がマイクを握る。

「おい、チャンピオン!沖縄に勝ち逃げかオマエら?汚ねぇな!おい!オレらともう1回勝負しろぃ!だがな、俺たち今日は負けちまったからな。次のタッグフェス、オレたちが優勝する!そのときは挑戦させてくれ!もう1回だ、もう1回!もう1回!どうですか!」

場内後押しの大歓声!政宗は秀吉に後を託す。

「おい!ゼロ!GAINA!...バッドフォースはなぁ、解散なんかじゃないぞ!オレたちのなぁオレたちの胸の中にいつでも生きてるんだぞオイ!沖縄、大阪そんなん関係ねぇぞ、俺たちはそんな甘ったるい絆じゃないだろうが!これからもオレたち成長していって、そしてまたやるぞ!このメンバーで!」

今にも泣き崩れてしまいそうな涙声。多分マスクの中の顔はクシャクシャなんだろう。
秀吉の、そしてバッドフォースと名乗ったメンバーの気持ちをすべて代弁するかのような熱い言葉。
彼らの闘いの歴史を凝縮したこの試合の濃密さは、すべてのファンの心に間違いなく感動を流し込んだ。
ドッと涙があふれてきた。

最強の悪漢達から最高の優しい気持ちをもらったこの日。どう一言で表したらいいのだろう。
浪花節?そんな簡単な言葉では括れない。ファンたちでは知りえないたくさんの裏の顔。苦しみ、泣き、笑いとともに過ごした彼らの時間の集大成がかくも素晴らしい闘いになって表現された事、それを目撃することができた人は本当に幸せだったと思う。

いつの間にか雨が落ちてきていた。ゼロの、GAINAの、政宗の、そして秀吉の涙雨。
ファンのみんなの涙雨。

しかし雨は上がりやがて光差す。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

この日の写真を見ていただければお分かりいただけるとは思うが、この日はいつもの2階席ではなく1階北側。
しかもコーナーポストのほぼ真後ろとポジションは良くなかった。
これは既にほぼ完売状態だった指定席から無理言ってミラコーさんに取ってもらったチケット。
申し訳ないが最初のうち不満だった。
でも2階のように全体を把握できない反面、選手たちの息遣いが生々しく聞こえてきた。
場外に落ちるたび、汗まみれになった4人が気力の最後の一滴まで搾り出すようにリングに戻っていく様を間近で観た。
彼らがいつもより近くにいた。
普段ではありえないこの日だけの素晴らしい特別。
運命って面白い。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

とにかく気持ち入りまくりの試合でした。
こんなに感動したのどれだけ振りだろ?
観戦記の試合の流れ、時系列が違っていたらゴメンナサイ。
特に最後の方はシャッター押すのも忘れてしまう場面もあって映像の証拠と記憶がちぐはぐなトコもあって...。
違ってたら教えてください、改訂します。
さすがに完璧な観戦記できません(弱音)。まだまだ知識と経験不足です。
文章力ないのもキツイ。やっぱり気持ちだけでは書けないもんですね。

だからってワケじゃないですが、最近は文章ばっかりじゃなくても楽しめるサイトにしたいなあと思案してます。まあ書き物多くて時間がかかるのもあるんですが。
近日中にブログ自体もリニューアルしようと思います。もっと自分自身が遊べるブログにしたいなぁと。
大阪プロレスさんから苦情来ない範囲内で(笑)

それにしても、やっぱりプロレスって、大阪プロレスっていいなぁ。


posted by ラポン at 09:29| Comment(4) | TrackBack(0) | 大阪プロレス観戦記2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして!
いつも楽しみに読ませていただいてます。
私も一階の北側の中央辺りで観戦してました。
実は私もラポンさんと同じように長年プロレスから遠退いていました。理由は長くなるので割愛しますが、ファンに戻るきっかけを与えてくれたのが大阪プロレスです。
まだ半年過ぎたばかりの新米ファンですが思い入れは強く、バッドフォース魂の五日のメイン、私も男泣きしました。
観戦記事なかなかどうして素晴らしいですよ!今思い出しても熱いものが、込み上げます。
私も無謀にも香川県で大阪プロレスLoveです。お互い遠征が大変ですが頑張っていきましょう!
Posted by さぬきうどん at 2008年05月08日 14:59
>さぬきうどんさん

ありがとうございます。
コメントとても励みになります。

さぬきうどんさんも以前から選手のブログへのコメントで大阪プロレス愛を拝見させていただいてますよ。

以前転勤で香川の松縄辺りに住んでた事があるんですが大阪行くの大変ですよね。

お互い遠距離ですがプロレスファンのカムバック賞目指して頑張りましょう (^◎^)/

Posted by ラポン at 2008年05月08日 16:37
レス、ありがとうございます。
松縄って高松市ですよね。美味しいうどんは食べられましたか?
ペン子さんに朗報です!もう、ご存知とは思いますが、さくら会では秀吉選手も選択可能になっています。フリマの間にショップで、さくら会に入ったんですがその時に店員さんに聞きました。
また熱い記事を楽しみにしています。
Posted by さぬきうどん at 2008年05月08日 21:39
そうです、その松縄です。

当時の昼飯は毎日さぬきうどんでした。あれ以来さぬきうどんの触感しか体が受け付けません(笑)
もう10年近く行ってないんで久しぶりに訪ねてみたいものです。

さくら会の件、ペン子に知らせたら、ものすごく喜んでました。
ありがとうございます。

自己満足の強いブログですがこれからもよろしくお願いします。
Posted by ラポン at 2008年05月08日 23:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ブログのトップに戻る
pwrtitleb3.jpg

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。