2009年05月11日

愛プロレス博 〜勇気〜 5/3試合結果 with 伯爵の一言

image/2009-05-11T06:15:361

※写真は当日の大会のものです

ゴールデンウィークの5月3日にZeppNagoyaで行われた「愛プロレス博〜勇気〜」の試合結果と雑感などを。

ただし撮影が2階からだったもので大したものは撮れてません。そこで普通の試合結果だけでは面白くないので、当日解説をしてらっしゃったフリーライターの須山浩継伯爵(須山さんはシーランド公国伯爵であらせられます)のお言葉をピックアップして載せちゃいたいと思います。

中には口走っちゃった的な言葉もありますが、ラポンは須山さんの分かりやすく的確で、かつ一瞬ファンに戻ってしまう熱い解説を尊敬しております。
自分がダラダラと書く雑感よりよほどその試合を言い表しているかもしれません。
赤字は須山さんの解説コメント。※は自分の他愛無いツッコミです(笑)

それではどうぞ。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

第0試合
○ウルトラマン・ロビン
(ダイビングボディアタック)
×エイリアンガッツ

09050397.jpg 09050301.jpg

オープニングも始まらないうちにいきなりエイリアンガッツがZeppNagoyaを襲撃。するとビジョンに変身シーンが流れウルトラマン・ロビン登場。

昼間のポートメッセなごやでのフリマイベントでザ・グレートサスケとともに佐藤秀&佐藤恵と闘ったロビン(リングそっちのけでフリマ会場を暴れまわったあげくゼットンとメフィラスの乱入でノーコンテスト)。
この日2戦目となるもロビンはコルバタ、サイドスープレックスから最後はダイビングボディアタックでエイリアンガッツを返り討ちにする。

須山氏曰く「ウルトラマンって1日に2度も変身できるんですかねぇ

※ごもっとも。

09050302.jpg 09050398.jpg

勝ち名乗りを上げるロビンだが再び会場が暗転、怪獣が姿を現す。
しかしこれもスペシュウム光線をピンポイントで命中させ(付近の観客には被害が無かった模様)撃退。

09050303.jpg

今日も名古屋の平和を守りまくったウルトラマン・ロビン、「1、2、3、ディスティニー!」で早くも1回目の締め(笑)

頑張れボクらのウルトラマン・ロビン!翌日のスケジュールは大阪プロレスだ!

◎いきなりでカメラの用意が(汗)
それにしても名古屋のプロレスビッグイベントに欠かせない存在となりつつあるロビン様。それに危惧感さえ覚える今日この頃(笑)

※ちなみにうまく撮影できなかったナゴラさんはこんな感じです。マンモス半田自主興行「マンモス3」より。

image/2009-05-11T06:15:362

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

第1試合
小仲=ペールワン&×TAKASHI
(13分50秒 脇固め)
○澤宗紀&矢野啓太

09050304.jpg 09050305.jpg

VOMIT Wrathの演奏(記事トップの画像)を挟んで第1試合。
懐かしのアンディ・ボガード風コスチュームのTAKASHIを澤と矢野が打撃とサブミッションでかわるがわる痛めつける。
ペールワンが座禅式(?)串刺しドロップキックなど変則殺法で気を吐くもTAKASHIの出番になると途端に戦況が悪化する図式は変わらない。

須山氏曰く「つなぐ前に自力で一発返したいですねぇ

※当たり前だけど逃れるんじゃなくて返さないと試合の流れが繋がっていかないし、本人の経験にもならないですよね。

09050306.jpg

ようやく交代したペールワンはバトラーツ2人をまとめて相手にする。矢野のゆりかもめに捕まるも啓ちゃんボンバーにはペーちゃんボンバーでお返し。
TAKASHIも強い気持ちで澤と打撃戦を繰り広げるも伊良部パンチ、延髄斬り、シャイニングウィザード、脇固めと畳み掛けられギブアップ。

◎バトラーツコンビは余裕の試合運び。お世辞にも手が合うタッグマッチではなかったけれど、その中でTAKASHI選手の食らい付く姿勢は確かに見えました。
TAKASHI選手に対して今までは頼りないイメージが付きまとっていたけれど、こういった経験が成長のキッカケとなって欲しいと願います。
ただ大舞台を踏むにあたって師弟関係にあるらしいペールワン選手とTAKASHI選手の目立った連携が見られなかったのは残念。バトラーツの猛攻で出せなかっただけなのかもしれないですが。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

第2試合
×宮本武士&柴山貴哉
(11分30秒 合体ツームストンパイルドライバー)
飯伏幸太&○ケニー・オメガ(ゴールデンラバーズ)

09050307.jpg 09050308.jpg

翌日の後楽園大会の開催時間の関係で第2試合に登場のゴールデンラバーズ。
まずはケニーとDEP柴山がロックアップからタックル、アームドラッグと軽くご挨拶な攻防。

09050309.jpg 09050310.jpg

代った飯伏と宮本は当然のごとくキック勝負。しかし一発の重さで宮本が徐々に後退。
カウンターミドルからサッカーボールキックと返す宮本だが、飯伏の鋭いニールキックにダウン。

09050311.jpg 09050312.jpg

続く連携ではダブルリープフロッグから飯伏がにミドルキック、ケニーには跳び箱式フェースクラッシャーを食らってしまう宮本。
苦戦が続く宮本だったが柴山との連携のダブルドロップキックで脱出に成功する。柴山は低空ドロップキックにファイナルカット(ファイナルエルボー?)でケニーを攻めてからリバースのレッグロック。

須山氏曰く「ちょっと上下に攻めが分散してますね

※確かに攻めは下・上・下。この局面あたりから集中的にケニーのヒザを攻める展開になればゴールデンラバーズの勢いを削ぐことができたかもしれません。

09050313.jpg 09050314.jpg

これを飯伏にカットされると柴山も捕まる。ケニーのストップ延髄斬り、飯伏のその場飛びムーンサルトプレス。
そこからのゴールデンシャワーは何とか阻止するもののケニーの蒼い衝動を食らっってしまった柴山。

柴山は流れを変えるべく宮本のランニングニーとSTOのアシストを受けてロックオンタイムを投下するも結局ゴールデンラバーズの波動拳ジャーマンで戦闘不能に。
最後は粘る宮本をゴールデンラバーズが本邦初公開の合体ツームストンパイルドライバーで沈めてみせた。

◎久しぶりの試合という事もあって固い印象のあった宮本選手でしたがゴールデンラバーズ相手に気迫のこもった闘いぶりでした。
柴山選手もしっかりロックオンタイムまで決めて面目躍如。気持ちでは負けてないところを見せてくれましたね。
と書くと見上げるようなスタンスになってしまうんだけど(汗)

まぁ確かに飯伏とケニーの二人が組むと足し算を通り越して掛け算の強さを見せてくれますから。加えて光るような存在感。
柴山と宮本には須山氏が言われるような感じでその華のような存在感をむしり取るようなエゲツなさを見せて欲しかったですね。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

第3試合 ハードコアルール
×今井泪&マンモス半田
(11分4秒 神威落款)
○“黒天使”沼澤邪鬼、ジ・ウインガー

09050315.jpg 09050316.jpg

コール終了と共に急襲、場外に戦場を移す名古屋コンビ。いきなりテーブルやイスが繰り出される展開。しかし場数の差かすぐに沼澤ウインガーに逆転されてしまう。
テーブルクラッシュを狙う今井だが沼澤にイスで撃ち落され鉄柱攻撃で流血。戻ってもイスで潰されながらフォールされるなどやられたい放題の今井。
それでも臆することなく立ち向かう今井。対して試合開始から臆しまくりのマンモス。

須山氏曰く「今井選手は一回り体がでかくなりましたねぇ

※「男子、三日会わずんば刮目して見よ」という言葉通りでしょうか。自分が初めて見た時からもスゴい変わり様。酒の席で大谷晋二郎を横に「俺プロレス大好きなんですよ!」と泣いたって話を思い出すなぁ。
「好きはものの上手なり」ですね。

09050317.jpg 09050318.jpg

マンモスはハードコアな攻めに為す術も無くいたぶられるも次第に慣れてきたのか痛点がおかしくなったかついにラリアットで反撃。

09050319.jpg

すると今井もミサイルキックでそれに追随。

09050320.jpg 09050321.jpg

今井はイスがセットされたコーナーに沼澤を押し付けるとマンモスに「オレごと潰せー!」と叫ぶ。
マンモスは3連続のコーナースプラッシュ。これには沼澤(と今井)もダウン。

あわててフォローに入るウインガーにマンモスはドロップキックとジャーマンスープレックスを続けて放つ。

須山氏曰く「こんな技使えるようになったんですね

※「男子、三日会わずんば刮目して見よ」という言葉...マンモスに当てはまるかどうかは定かではありません(笑)

09050322.jpg 09050323.jpg

しかしウインガーのセントーンwithイス盛り、そして沼澤のパイルドライバーwithチェアというキツいお返しの前にマンモス失速。

沼澤はコーナーにテーブルでT字型の足場を組むと今井を上がらせてパワーボム狙い。しかし今井は逆にブレーンバスター。
カットに入るウインガーには今井バックドロップとマンモスチョークスラムの合体技と逆転に転じる名古屋コンビ。

09050324.jpg 09050325.jpg

なおも今井はマンモスのコードブレーカーをチャンスにフロッグスプラッシュ、ブレーンバスターと沼澤を追い込む。
そこからのフォールはウインガーにカットされるも続けて沼澤にムーンサルトプレスを敢行する今井。
ところがこれは沼澤が避けて自爆。沼澤はスタミナの尽きた今井から神威落款で一発フォール勝ち。

沼澤は片手を挙げて今井を称えるもそのまま背後に回ってバックドロップ葬。

◎最後の沼澤選手のバックドロップは久々にリングで再会した後輩への嬉しさの表現じゃないかと。それくらい今井選手の爆発力は凄かった。正直見る目が変わった。
さすがにスタミナ配分まではできなかったみたいだけど集中力は最後まで途切れなかったし。流血のハンデを感じさえない後半の粘りでした。

マンモスは最初ハードコアにビビってた感じしたけど途中からハイになったのか終盤に遅れを取り戻した感じ。「マンモス3」での非道戦とかがトラウマか?
でもハードコア慣れしてない事を考えれば健闘したと思う。

今回のウインガーはバイプレーヤー的に絶妙なフォロー。沼澤選手は今井選手に色々見せ場を作らせて成長を見届けてからトドメといった感じ。
やっぱり役者は違うんだなぁ。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

第4試合
○ミスター6号
(7分11秒 ミステリオ・ラナ)
×ランジェリー武藤

09050326.jpg

パジャマ姿に枕のミスター6号登場にたちまち癒されるリング上。
続いてランジェリー武藤がリングイン。武藤敬司のプロレスLOVEポーズもランジェリーがやるとひたすら怪しい。

須山氏曰く「どうしたものやら、という闘いですけれど

※攻略うんぬん以前の問題ですね。このキャラクターが犯罪にならないのがプロレスのリング上。

09050327.jpg 09050328.jpg

須山氏曰く「名古屋勢にとっては一番勝ち目のある試合だと思いますねぇ

※閃光露出師は何もしてないのにウィークポイントのヒザが悲鳴を上げてますから(笑)

対して序盤から冴える6号のルチャワールド。手四つの体勢からキレイなブリッジ、そしてヘッドスプリングからフライングメイヤー、ヘッドシザース。

須山氏曰く「見事なハイブリッジですねぇ

※弓なり、どころのブリッジじゃないです。芸術の域。

ただならぬ相手についに本気になるランジェリー、ブラを1枚外しキャミソールを脱ぎだす。

須山氏曰く「ハルク・ホーガンがTシャツを破るようなもんですかねぇ

※露出したいだけでは。

しかし軽量化も虚しくランジェリーはアームドラッグで投げられ、そのまま6号にボゥアンドアローを決められてしまう。

須山氏曰く「柔よく剛を制すの極みですね

※須山さん饒舌過ぎー(笑)

09050329.jpg 09050330.jpg

これによほど頭に来たか大人気ない戦法に出るランジェリー。低空ドロップキックからマスクをずらして視界を奪いにかかる。

須山氏曰く「自分でマスクをずらせばいいと思うんですけどねぇ

※身もフタもない事を(笑)

見えないながらもバックスライドでランジェリーをフォールの6号。何とかお父さんにマスクを戻してもらうも怒り心頭。お父さんの首を取ってランジェリーもろともコルバタで場外に投げ捨てる。
そして6号、一度フェイントを仕掛けてから美しく弧を描くラ・ケブラーダ。

須山氏曰く「小学2年生でやった人はいないでしょうね

※昔、学校でのプロレスごっこでは体育館マット上でプランチャが限界でした(笑)

09050331.jpg 09050332.jpg

しかし余裕を見せ6号ポーズを取ったところをランジェリーが襲い掛かる。

須山氏曰く「このあたりの詰めの甘さは小学生ですかねぇ

※というよりパフォーマーなんでしょう(笑)

ここでドラゴンスクリュー、シャイニング・ウィザードと畳み掛けるランジェリー。
ところが続いて登ったコーナーはフラついて股間からコーナーに落下してしまう。

09050333.jpg 09050334.jpg

これを見逃さない6号、ランジェリーに肩車するとそこで180度反転ミステリオ・ラナ、たちまち3カウントを奪ってみせる。

須山氏曰く「毎回見るたびに新しい技が増えていきますねぇ、見事でした

※試合運びも見事でした!

6号はマイクを握り「1、2、3、4、5、6号!で中締めしたいと思います。ランジェリーも負けたんだから一緒にやるよ」と6号ポーズ、そしてプロレスLOVEポーズ。

◎こんなに歓声とスポットライト浴びる気持ちよさを経験してしまったらこのままプロレス道突き進むしかないでしょって感じ。いや、それくらい6号君が楽しそうにやってるように見えたもの。
技の引き出しもスゴい。もちろん軽量だからできるものだってあるんだろうケドどんな練習したらあんな事できるんだろ(汗)
ランジェリーも軽量級の6号君相手にも技の流れが変わらないあたりただの変態じゃないね(笑)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

第5試合
小杉研太&×神谷龍
(16分5秒 那智の滝)
○崔領二&浪口修

09050335.jpg 09050336.jpg

いきなり試合前にNWAインタータッグのベルトを持つ浪口の口から「このベルト賭けてやってもいいんだぜ」の挑発。崔も相づち。
場内は大ブーイング。これは「地元プロレスを馬鹿にされた」というものではなく「浪口、何様のつもりだ」的な個人攻撃っぽかった。

須山氏曰く「管理団体の承認を得てないですしタイトルマッチとして認められるかは分からないですが、もしチャンピオンチームが負けるような事があればタイトル返上するくらいの覚悟があるという事ですね

※観客に「そんなベルト知らない、要らない」みたいなこと言われたら余計に権威見せ付けるために頑張るしかないですよね。

とにかくそれくらいの勢いで臨むと宣言したZERO1コンビ。崔は小杉を序盤からいきなりバックドロップ。浪口は神谷のドロップキックにも意地で踏ん張ってダウンしない。
軽量の神谷を捕まえたZERO1コンビはまず崔がリフトアップスラムからセカンドロープに登ってフットスタンプ。浪口はギブアップを奪ってしまいそうなほどの逆エビ固め。

09050337.jpg 09050338.jpg

容赦なく神谷を蹴りまくる崔。神谷はこれを耐えてゼロ戦キック、延髄斬りと続けるとようやく小杉にタッチ。

須山氏曰く「ただ技をかけるだけじゃ、この状況はひっくり返せませんよ。何か工夫しないとダメですね

※苦境を切り抜けるための攻撃ではなく相手を倒すための攻撃。ダメージを与えるだけじゃなく相手の精神にもインパクト与える術が欲しかったです。

09050339.jpg 09050340.jpg

小杉はエルボー、ソバット、ニーリフトと崔の打撃に真っ向から立ち向かう。
崔は浪口とのトレイン連携でペースを戻そうとする。

09050341.jpg 09050342.jpg

それでもその攻撃を振り切って浪口にナインティパーセント。
ここからDEPコンビの攻撃が連続する。神谷はゼロ戦キックから垂直落下式ダブルアームDDT。小杉は串刺しラリアットから垂直落下ブレーンバスター。
なおも神谷のスタナーに小杉ののラリアット。
しかしZERO1でヘビー相手に闘う浪口、簡単には3カウントを許さない。

09050343.jpg 09050344.jpg

そして浪口がフィッシャーマンバスターで神谷の動きを止めると崔の猛攻が始まる。
疲れの見え始めた神谷に対してミサイルキック、ノーザンライトスープレックス。
バックドロップは不知火で返してみせ粘る神谷だったが山折り、雪崩式ブレーンバスター、シドマス、那智の滝という大技攻勢の前についに力尽きる。

◎うーん、叩き潰すというスタイルからか大味な試合になってしまいましたね。受ける凄さを感じられなかったかな。
結果ZERO1チームからは強さは感じても圧力を感じなかった。打撃の鋭さはあってもグラウンドが無かったんで深さは感じられなかった。
こういったオーソドックスな試合形式では起承転結ってやっぱり大切だと思うんだよね。実力の差を見せ付けるのを意識し過ぎたんじゃないかな。
チャンピオンチームなんだし、若さを勢いにする程初々しい二人じゃないワケだから彼らの言う「どこの馬の骨だか分からない」選手達に「これぞプロレス!」ってものを見せるべきだったって思います。

DEPコンビも個々の力で叶わないと思うなら相手を驚かせるくらいの連携を用意して臨むべきだと思う。いきなり決まった出場ではないワケだし。
そうしないと形勢が変わったと思わせるほどの流れは生まれて来ないと思う。
小杉のパワーと神谷のバネを活かした攻略法があったはず。「オレが、オレが」で勝てる相手じゃあない。連携なら緩急で意表が突けたんじゃないかな
もちろん二人とも一目で伸びる方向性がハッキリ分かるだけにこれから楽しみですけど。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

セミファイナル
×高井憲吾&入江茂弘
(20分43秒 スパイラルボム)
○大谷晋二郎&田中将斗(炎武連夢)

09050345.jpg

あえて活動停止となったでら名古屋プロレスのシャツを着て現れる高井と入江、そして宮本。入場曲はでら名古屋のテーマソングであるVOMIT Wrathの「Lost...」
セコンドには東海地区のプロレスラーが勢揃い。まさに総力戦の構え。

09050346.jpg 09050347.jpg

相手コーナーにはプロレス界にその名を轟かせるタッグチーム「炎武連夢」
まずは高井と田中がガッチリと腕の取り合い。
続く入江のエルボー連打に田中もエルボーで返してゆく。
ここでタッチを受けた大谷は容赦ないストンピングにチョップ。入江をダウンさせると上に乗っかってキャメルクラッチ。

09050348.jpg 09050349.jpg

高井と入江はエルボーを中心に大谷を攻め込んでからダブルのタックル。
入江はそのままスリーパーで絞めつけるも大谷は立ち上がって田中にスイッチ。
炎武連夢は入江のエルボーをものともせず代わるがわる顔面を蹴り上げる。口を切ったか鼻血なのか次第に流血がひどくなっていく入江。
その入江を強烈な角度の逆エビ固めで反りあげる田中。

09050350.jpg 09050351.jpg

炎武連夢の攻めは続く。田中のキャメルクラッチで固定された入江の顔面に大谷の低空ドロップキック。
拳を握り締めてエルボーを返してゆく入江だが、大谷は張り手で黙らせるとエグく顔面ウォッシュ。
何とかランニングエルボーで脱出する入江は高井にタッチ。すると炎武連夢の矛先は高井の方に。

09050352.jpg 09050353.jpg

それでも田中をランニングエルボーで場外に追い出した高井は大谷をコーナーに横向きにセットするとホフロケットで反撃の狼煙。

09050354.jpg 09050355.jpg

しかしここで田中がフォローに入って入江をスタナー、高井をDDTに同時に決める「まとめて」
田中はなおもスタナーを決めるとブレーンバスターの体勢に。
しかし高井は逆に投げ返して入江にタッチ。

09050356.jpg 09050357.jpg

ここで入江は怒涛の反撃。田中に対してコーナースプラッシュ、アバランシュホールド、バンザイドロップ、そしてバックドロップ。
田中も負けじと突進を止めてスイングDDTから垂直落下ブレーンバスター、すぐさまコーナーに登ってスーパーフライ。

09050358.jpg 09050359.jpg

ここから大谷と高井が遠慮無用の大技合戦。
Xファクターで高井が大谷の顔面をマットに打ち付ければ大谷のミサイルキックが高井の後頭部をえぐる。続けて投げっぱなしジャーマンスープレックスの大谷。

09050360.jpg 09050361.jpg

これに高井も意地で投げっぱなしのジャーマンスープレックスを大谷に放つ。
しかし高井の反撃もここまで。大谷はレッグラリアートからパワーボムに繋げると最後はスパイラルボム。
入江がカットに駆け寄るも時既に遅し、叩かれる3カウント。

09050362.jpg

須山氏曰く「名古屋で活動してるメンバーでここまで容赦ない炎武連夢を相手に20分以上闘い抜いたという事実は感慨深いですねぇ

※凄まじい死闘でした。確かに名古屋勢の絡む試合でここまでお互いを削りあう熱戦は見た事ないです。

ここで高井選手がマイクを握る。

「名古屋の皆さんスイマセンでした。
そして大谷晋二郎さん、田中将斗さん、このような舞台でボクらの相手をしてくれてありがとうございます。
皆さん知っての通りだと思いますがボクらの所属する団体は代表の不祥事により活動停止になりました。
今まで試合の無い1ヶ月間すごい不安な時を過ごし、プロレスを辞めてしまおうかと考えた事もありました。
それでも名古屋の応援してくれるファンを裏切れない、そんな気持ちで今日このリングにあがりました
ボクらまだまだ名古屋で頑張ります!応援宜しくお願いします!」

会場からは割れんばかりの拍手。

すると今度は大谷選手のマイク。
「泣いてんじゃねぇよオラ!
何があったかは知らねぇがな!これだけのお客さんが観に来てくれてんだろ!それが答えだ!それなのに泣いてどうすんだ!
そんなオマエらにボクからプロレスの教科書をプレゼントしたいと思います。いいかオマエら耳かっぽじってよく聞けよ!」

「プロレスの教科書!
153ぺージ!
壁にぶつかった時こそ!
上を見ろ!
ツラい時こそ!
上を見ろ!
プロレスは!
絶対に裏切らない!!
オマエら!
頑張れ!!」

◎やられました、試合中から込み上げてくる感動やら何やら分からない色んな気持ちで胸が詰まりそうになりました。自分だけじゃなかったと思います。それが会場の叫ぶような歓声に表れてましたから。

「プロレスラーはリング上で技術や感情など全てを表現する」と言いますが言葉ほど簡単なものじゃないのでしょう。でも高井選手と入江選手は間違いなくほとばしる感情で強大な相手にぶつかっていたと思います。
それどころか技術より感情が大きく前に出てたはず。技がキツかったとかエグかったとかじゃなくて技一つ一つに込める気持ちがその技を説得力のあるものにしてた。
顔クシャクシャで血を噴出して何もかも泥臭くて...でもそれがたまらなくカッコよかった。

もちろん高井選手と入江選手がこれまで溜め込んだ悔しさをどれだけ爆発させようと、それを受け止めるほどの度量がある相手でなければダメでした。
だからこの日の二人の相手は炎武連夢以外にはありえなかったかもしれません。彼らを何のわだかまりも無く、ただ熱い気持ちだけで叩き潰せる炎武連夢が。
大谷晋二郎と田中将斗は、今回の闘いで高井選手や入江選手にだけでなくセコンドで見ていた選手全員に大切な何かを植えつけたような気がします。
炎武連夢の大きさにプロレスの大きさを感じました。これはこれまでプロレス界で生きてきた彼らのプライドが醸し出させているのかもしれません。
とともにこういった熱い気持ちを伝えながら一時代を築いてゆく選手がもっともっとプロレス界に現れないといけないんだなと切実に思いました。

絶対に名古屋のプロレスは高井選手と入江選手を手放してはいけないでしょう。彼らはそれを引き継ぐプロレス伝道者になりえるでしょうから。

ありがとう、本当に素晴らしい試合だった。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

メインイベント
×ザ・グレート・サスケ&マグニチュード岸和田
(17分35秒 スモールパッケージホールド)
○ヒデ・クボタ&ヤス・クボタ(クボタブラザーズ)

09050363.jpg 09050364.jpg

メインイベントを任されたのは「名古屋で一番強くて悪いタッグチーム」クボタブラザーズ。
彼らが迎え撃つのは「大阪で一番強い男」マグニチュード岸和田と「東北の英雄」ザ・グレート・サスケ。

試合はいきなりの場外戦を挟んでクボタブラザーズが岸和田を捕獲。
サスケは2階で攻め立てられ出遅れてしまう。
クボタブラザーズは連携から岸和田の左ヒザに照準を絞り低空ドロップキックからヒップドロップ、逆片エビ固め、ニードロップ、フットスタンプ、四の字固めなどなどまったくブレない見事な一点集中攻撃。

須山氏曰く「とにかくみっともなかろうと何だろうと、この状況を続けることですね

※クボブラの一箇所を攻めるための引き出しの多さはスゴい。ここまで連携を絡めて駆使できるタッグチームは見た事ないです。

サスケは度々カットに入ろうとするが簡単に阻止されてしまう。

須山氏曰く「あっさり蹴散らされてしまいましたね。でもこれはクボタブラザーズの連携がうまく機能しているという事ですね。
もうレフェリーも完全にクボタブラザーズがコントロールしてます


※こんなにもズルさと巧さを併せ持つタッグチームだったとは。見識不足でした。

09050365.jpg 09050366.jpg

苦戦の続いた岸和田だったがクボタブラザーズのダブルブレーンバスターを投げ返すとやっとサスケの出番。
サスケはヒデにミサイルキック、ヤスにはトペ・レベルサ。そして逆トペ・スイシーダ。
早くも息を吹き返した岸和田はヒデにコーナースプラッシュ、ミサイルキック、ムーンサルトプレスと凄まじい反抗。

09050367.jpg

そして岸和田のコブラツイストとサスケの卍固めの競演。
しかしそこからサスケがヤスを羽交い絞めにしての岸和田ラリアットはきれいに誤爆。

須山氏曰く「お客さんの8割くらいは誤爆すると思ってたんじゃないでしょうかね

※ハイ、思いました、相手がサスケだけに(笑)

09050368.jpg

すぐさまクボタブラザーズはサスケを連携の断頭台ギロチンドロップ。
しかし続くヤスのムーンサルトプレスがサスケにかわされると、そのヤスに岸和田が力任せの垂直落下ブレーンバスターからコーナーに登ってのダイビングボディプレス。

09050369.jpg 09050370.jpg

ダウンしたままのヤスの肩口にサスケのセグウェイが突き刺さる。それはヒデがカットするも岸和田はヤスを逃がさず今度はマンドリラー。

09050371.jpg 09050372.jpg

それでもカウント3を許さないヤスに岸和田はラストライドを狙う。ところがこれをフランケンシュタイナーで切り返すヤス。岸和田は勢いで場外へ。
これをヤスが追い討ちの三角飛びプランチャ。
リング上でヒデはサスケに758iを狙うがサスケがこらえるとそのまま逆さ押さえ込み。
これを返すサスケにヒデは急所蹴りから首固めに捕らえるとなんとそのまま3カウントが入ってしまう。唐突ながら東北の英雄からピンフォール勝利のクボタブラザーズ。

須山氏曰く「ある意味サスケさんらしい負けっぷりでしたね

※最後まで損な役回りでしたね、サスケさん。

09050373.jpg 09050374.jpg

勝利を存分にアピールしてヒデがマイクで咆える。
「やったぞオラー!これが名古屋魂だ!勝ちは勝ちだー!」

続けて会場の名古屋勢を呼び込んで更に続ける。
「テメェら何下向いて歩いてんだよ!後ろめたい事なんて何もしてねぇだろ!
これだけたくさんのお客さんが名古屋を応援してくれたんじゃねぇのか!
オレたちは勇気の名の下に今日集まったんだろうが!じゃあ今日からまたその勇気を持って名古屋のプロレス熱くしていこうぜ!」

観客からは今日闘ったレスラー達を称える大きな歓声と拍手。

09050375.jpg

ここからサインボール投げ。名古屋の選手全員からファンへのお返し。

09050376.jpg

そして会場からの大きな声援の中マイクを渡されたサスケ。戸惑いながらも愛プロレス博の最後を締める。
「みなさんが一人でもいる限り、そして今日最後の最後まで勇気を振り絞って闘ってくれたレスラーの一人ひとりがいる限り、愛プロレス博は永遠に不滅だ!」

09050377.jpg

◎頼もしいの一言に尽きます。名古屋のプロレスという殻を突き破る程のその実力を存分に堪能させていただきました。
まさかこれほどまでとは。
もちろん結果として勝利しただけで、例え負けていたとしても何らクボタブラザーズが見せたプロレスのクォリティを下げるものでは無いです。
見事なまでの流れるような一点集中。ラフだけれどもゴツゴツしたプロレスなんかよりもキレイな攻めじゃないかとさえ感じるくらい。
そしてこれは名古屋の中で育んだプロレスが着実に成長している証なんでしょうね。
これにはもちろん愛プロレス博を始め東海地区の団体に快く参戦してくれる岸和田選手やサスケ選手といった方々の力も忘れてちゃいけないでしょう。
そのおかげで潰されるほどに逞しくなる雑草のような強さを名古屋のプロレスは手に入れたんだと。

名古屋のプロレスは勝てるワケ無いから、勝てるかも、そして勝てるに少しずつ変わりつつあります。

今まで愛プロレス博はタイミングが悪くて行けなかったんですが、今回の初観戦で名古屋のプロレスは個々での力はまだまだでも力を結集すれば一級のエンタテインメントを作れるところまで確実に来ているんだと実感しました。
地元びいきしてるワケじゃないです。名古屋って比較的閉鎖的だけど閉鎖的だからこそ生まれる共感し合う個性ってのがあるんだという事です。
これを全国に発信できるかとなると別問題ですし。

とにかく試合の内容だけじゃなくその進行、ZeppNagoyaの照明や音響の効果、テーマソング担当のVOMIT Wrathさん、実況の弥武芳郎さん、解説の須山浩継さん(勝手の言葉引用してゴメンナサイ)、そして東海地区のプロレスラー達、みんな最高です。

素晴らしい時間をありがとうございました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ちなみにシーランド公国の伯爵号は4500円で購入できます。
シーランド公国の公式Webサイトはコチラ(→The Principality of Sealand)
誰でもなれるってワケでもないかもしれませんが、ネタとして購入考えてみるのも面白いかもですよ(笑)
posted by ラポン at 06:16| Comment(0) | TrackBack(0) | でら名古屋なインディー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月02日

今日はDEP。

image/2009-05-02T17:11:382image/2009-05-02T17:11:381
刈谷あいおいホールのDEP第19戦に来てます
なのに着ているのはバファTの新色(笑)

目的はまず入江茂弘vs柴山貴哉☆
入江君さっきチラッと出てたんですが撮り忘れちゃいました(汗)

画像はポートレート完売御礼の正岡大介君♪
メンズクラブWESTも頑張ってー!

あと岸和田兄さんにGENちゃん、ディックさんにサムライさんも出ますよー!
posted by ラポン at 17:22| Comment(4) | TrackBack(0) | でら名古屋なインディー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月08日

でら名古屋プロレス活動休止

090407dera.JPG

先週末、でら名古屋プロレスの代表が起こした不祥事(→毎日.JPの記事はコチラ)を受けて4月6日の夜、高木監督が団体の休止を発表いたしました。

以下は公式HPのブログに掲載された全文。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

でら名古屋プロレス活動休止のお知らせ

でら名古屋プロレスはこの度の代表の不祥事について責任を重く受け止め、団体としての活動を休止させていただくことをご報告いたします。応援していただいたファンの皆様、また団体、選手を支えていただいた方々、更にはプロレスに関わる全ての方々にご迷惑をおかけいたしました事を心よりお詫び申し上げます。

尽きましては7月26日午後5時30分より中村スポーツセンターで予定しておりました、
一周年記念大会は中止とさせていただきますが、同日同時間にでら名古屋プロレスを応援していただいた方々にお詫びと感謝の気持ちをこめて入場無料のラスト興行をさせていただき、けじめの形を取らせていただきたいと思います。なお前売り券をすでに購入されているお客さんは当日、受付にてチケット料金をご返金いたします。
(昼のDDTとの通し券は半額分を返金いたします)

選手達は現役を続けていく強い意思を持っています。
でら名古屋プロレスの所属選手であったSHIGERU、入江茂弘、宮本武士、笠木峻は高木三四郎、高井憲吾で責任を持ってこれからも活動の場を提供していきたいと思います。今後も変わらぬ応援、ご支援よろしくお願いいたします。

今まででら名古屋プロレスを応援していただきまして誠にありがとうございました。
重ねてお詫び申し上げます。


平成21年4月6日
でら名古屋プロレス
高木三四郎 高井憲吾 SHIGERU 入江茂弘 宮本武士 笠木峻 スタッフ一同

             ※でら名古屋プロレス公式HP及びブログより抜粋

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

事実の程は捜査が進まないと分からない部分もありますが、少なくとも関与はしているのは間違いないわけで...。
個人的にも面識もあった方なので第一報があったときは目を疑いました。
土日と大阪にいる間も何度もその事が頭をよぎって、なんとか団体の存続だけは...と願っていたのですが。

でも、今回の決定は当たり前と言ってしまえば当たり前。
プロレスだろうと他の業種だろうと今回の事件が与える社会的影響、そしてそこから発生する社会的責任を考えればこれ以外に道は無かったのかもしれません。

このブログの開設当初から大阪プロレスと並行と言う形ではありましたがその成長を期待していた者としてはやはりショック。
でら名古屋プロレスの発展と共に名古屋のインディープロレス界が相乗的に底上げされていく様をワクワクしながら見守っていました。
まもなく1周年、そんな矢先のこの出来事。

そして昨日の夜、活動休止という四文字を目にした時に最初に浮かんだのはやはり所属していた選手達の受け皿はどうなるのかという事。
生え抜きの入江茂弘、宮本武士、笠木峻、そして彼らの兄貴分SHIGERU。
果たしてこれからも名古屋で彼らの活躍は見られるのか。そして一つになっていた素晴らしいチームは何らかの形で存続するのか。
それらは今の時点ではハッキリしていません。

でも救いはあります。
こんな事があっても彼らのプロレスへの情熱は冷めていない。
負けても負けても這い上がってきた彼ら、中途半端に投げ出すようなことは決してしないはず。
彼らの心の強さはファンだけでなく、彼らが肌を合わせた多くの団体の選手達にも伝わっているはず。
高木監督と高井コーチだってこれからも皆を支援していくと約束してくれているのだから。
間違いなく言えるのはこれからも彼らのその成長を目にしてゆくことができるという事。

もちろんこの痛手を忘れるには時間が必要かもしれない。
しばらくは心の傷となって残るのかもしれない。
それでも、でら名古屋プロレスという名の運命が引き合わせた彼ら若武者達。その心の中にある闘志はこの逆境を乗り越え、これまで以上に強く燃え盛るに違いない。

将来この名古屋で芽生えた力が日本、いや世界のプロレス界に羽ばたきますように。

ありがとう、でら名古屋プロレス。

そして選手のみんな、これからもよろしく。
posted by ラポン at 01:41| Comment(2) | TrackBack(0) | でら名古屋なインディー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月04日

でら名古屋ハウスバトル中止のお知らせ

090403dera.jpg

昨日(4/3)20時より開催予定だったでら名古屋プロレスハウスバトル、急遽中止となっていたそうです。

...申し訳ありません。気付くのが遅かったです(汗)

以下は公式HPからの転載です。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

■でら名古屋ハウスショー中止のお知らせ

本日(4月3日)20:00より開始予定のでら名古屋プロレスハウスショーは諸事情により中止させていただくことになりました。ファンの皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますこと、お詫び申し上げます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

...少し放心状態です。
posted by ラポン at 02:41| Comment(0) | TrackBack(0) | でら名古屋なインディー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月02日

今週のでら名古屋さん

090402takai.jpg 090402kasagi.jpg

                      ※写真は過去の大会のものです

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

4/3(金) でら名古屋ハウスバトル
名古屋市鶴舞・スポルティーバアリーナ(開場18:00 試合開始20:00予定)
入場料1000円(別途ドリンク代500円)

@今井泪 vs 田中祐樹(石倉道場)

AでらEP提供3WAYマッチ
 柴山高井哉 vs 笠岡峻介 vs 花宮龍

B入江茂弘&マンモス半田 vs ヤス久保田&ヒデ久保田

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

大阪の石倉道場から田中祐樹選手が参戦。先日の大阪プロレスにも参戦して根性あるファイトを見せてくれました。当たりの強い今井さんをどう攻略するか興味ありますねぇ。

でらEP?...DEP?...でらEP提供試合(笑)
何か紛らわしい名前が並んでますがマニアな臭いのするカードですことf^_^;

メインは入江君とマンモスがクボタブラザーズと激突です。
クボタブラザーズのタッグ能力は言わずもがなですが、ここんとこパワフルさに磨きをかけてきたマンモスが入江君とのコンビで彼らに雪辱できるかに要注目!
posted by ラポン at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | でら名古屋なインディー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月01日

でら名古屋スペシャルハウスバトル3/28試合結果

090330dera.jpg 090330kubota.jpg

                      ※写真は過去の大会のものです

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

@30分1本勝負
 ○宮本武士
 (9分11秒 ハイキック→体固め)
 ×TAKASHI

A30分1本勝負
 ○今井泪
 (7分53秒 BMH→片エビ固め)
 ×グレートカイザー

B30分1本勝負
 ○ヒデ久保田&ヤス久保田
 (14分29秒 758i→踏みつけ式体固め)
 笠木峻&×マンモス半田

C30分1本勝負
 ○男盛
 (12分25秒 バーミヤンスタンプ)
 ×小仲=ペールワン

D時間無制限1本勝負
 ○高井憲吾
 (14分16秒 でらホフバスター→体固め)
 ×入江茂弘

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

でら名古屋プロレス発のオールナイト興行。
同時に入江君のバースデー興行でもあったんですねー。
3月28日をもって21歳、おめでとうございます!

メインでは高井コーチから手荒いバースデープレゼントを食らってしまったようです♪

それにしても男盛とペールワンって(汗)
何が起こったのやら...考えてもろくな妄想が浮かばん(笑)
この目で見届けたかったかも。
posted by ラポン at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | でら名古屋なインディー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月27日

今週のでら名古屋さん&ここ最近の試合結果

090327irie.JPG
 
                     ※写真は過去の大会のものです

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

3/28(土) でら名古屋プロレス スペシャルハウスバトル
名古屋市鶴舞・スポルティーバアリーナ(試合開始25:00予定)
入場料3000円(全席自由ドリンク付)

※全5〜7試合予定

【参戦予定選手】
高井憲吾、入江茂弘、笠木峻、宮本武士、久保田ブラザーズ、今井泪、グレート・カイザー 他数名

【追加参戦決定選手】

男盛(AO/DC)

           ※でら名古屋プロレス公式HP及び公式ブログより抜粋

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

DDTやユニオンが新木場でやるオールナイト興行のスポアリ版ですね。楽しそう♪
しかも男盛が参戦...この発想に行き着いてしまったか(汗)
まぁ時間的にお子様達は寝てるはずなので好きにやっちゃってください(笑)

で、公式HP見たら公式戦(第5戦)の試合結果発表されてましたので先日のDDTのでら名古屋勢の結果と共に下記に。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

090327dera.JPG

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

3月8日(日)中村スポーツセンター
「でら名古屋プロレス第5戦 名古屋vs刈谷」試合結果

第1試合 30分1本勝負
×宮本武士
(7分21秒 カミヤ・ラナ)
○神谷龍

第2試合 30分1本勝負
○高井憲吾
(12分37秒 でらHOFバスター)
×柴山貴哉

第3試合 ハードコアルール30分1本勝負
○高木三四郎
(11分30秒 シットダウンひまわりボム)
×小杉研太

第4試合 30分1本勝負
×笠木峻
(13分10秒 DK)
○正岡大介

第5試合 30分1本勝負
×入江茂弘
(15分47秒 ラストライド)
○豊臣太郎

2-3でDEPの勝利。

ボーナストラック 5対5イリミネーションマッチ
○でら名古屋プロレス(5-4)DEP×

※1人残りで、でら名古屋プロレスの勝利

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

これは近々DVD化されると思いますので、チョットした雑感だけ後日書こうかなと思います。今更ですけどね(笑)
でら名古屋は結果的にイリミネーションマッチでは勝利したものの、対抗戦では高木監督と高井コーチのベテラン2人が勝利したのみ。
でもこれはあくまでも結果。宮本、笠木、入江の3人は内容的にはすごく頑張ってた。あと一歩を感じさせてくれた。

次回の公式戦は7月の1周年記念興行。次こそは!

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

090327kasagi1.jpg 090327kasagi2.jpg

090327kasagi3.jpg 090327kasagi4.jpg

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

3月20日(金)DDT 中村スポーツセンター大会
「一文字流斬岩剣in名古屋2009」でら名古屋試合結果

第2試合 30分1本勝負
佐藤光留&○タノムサク鳥羽&松永智充
(6分56秒 バックブロー→片エビ固め)
高井憲吾&入江茂弘&×笠木峻

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

笠木君が鳥羽さんを怒らせた一戦でした。
鳥羽さんと真っ向から蹴りあうなんて...(汗)
とにかく笠木君は序盤から泥臭く攻めて相手に「何を若造!」って感じでキレられるワケですが、これがまた魅力的。
結果入江君の出番は少なかったワケですが(笑)

これからは入江君と笠木君のコンビでも関東出撃して欲しいですねぇ。どんどん他団体の若手と競い合ってもらいたいっす。
posted by ラポン at 15:23| Comment(2) | TrackBack(0) | でら名古屋なインディー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月20日

今週のでら名古屋さん

090319takai.jpg 090319irie.jpg

                      ※写真は過去の大会のものです

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

DDTプロレスリング 3/20(金祝)名古屋・中村スポーツセンター大会  

一文字流斬岩剣in名古屋2009決定カード

○第0試合 マイケルキャリアアップ五番勝負第3戦
 中澤マイケル vs マンモス半田

○飯伏幸太 vs 正岡大介(DEP)

○ヤス・ウラノ&石井慧介(仮)
     vs
 クボタブラザース

○梅村パソコン塾スポンサードマッチ
 男色ディーノROAD TO 両国シリーズ シーズン1 大盛イタリアン四人がけ
 男色ディーノ vs フランチェスコ・トーゴー、アントーニオ本多、PIZAみちのく、ササキアンドガッバーナ

佐藤光留&タノムサク鳥羽&松永智充
     vs
 高井憲吾&入江茂弘&笠木峻

○ルイ高梨14世&ジャック・ド・アツシーヌ
     vs
 大鷲透&安部行洋

○銀河大戦争!!
 ウルトラマンロビン&高木三四ロビン
     vs
 MIKAMI&ポイズン澤田JULIE

※高木三四ロビンのコメント:「ポイズン澤田JULIEとMIKAMIという、プロレス界きっての凶悪怪獣が名古屋を襲うらしい有力情報をキャッチした。名古屋にはこっちの世界の英雄ウルトラマンロビンがいるが、さすがに今回ばかりはウルトラマンロビンだけでは名古屋は守りきれまい。なので私がM78星雲から駆けつけるぞ!待ってろ悪党MIKAMI!PSJ!」

【日時】2009年3月20日(金祝) 会場:14:00 開始:14:30
【大会名】一文字流斬岩剣 in 名古屋2009
【会場】名古屋・中村スポーツセンター
【席種】スーパーシート6000円(当日6500円) 指定席5000円(当日5500円) 自由席3000円(当日3500円) U-18チケット1000円(当日のみ・要身分証)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

DDTプロレスリング 3/22(日)新木場1st.Ring大会

Dramatic 2009 March Special決定カード

○マイケルキャリアアップ5番勝負第4戦
 中澤マイケル vs 高木三四郎

飯伏幸太&入江茂弘
     vs
 関本大介&岡林裕二

○ルイ高梨14世&ジャック・ド・アツシーヌ&フランチェスコ・トーゴー&ササキアンドガッバーナ
     vs
 大鷲透&安部行洋&ヤス・ウラノ&タノムサク鳥羽

○DDTエクストリーム級選手権試合
 <王者>星誕期 vs 挑戦者未定

他数試合予定

<参戦予定選手>MIKAMI ポイズン澤田JULIE 男色ディーノ 松永智充 石井慧介(仮) 佐藤光留 田村和宏 
アントーニオ本多 PIZAみちのく

【日時】2009年3月22日(日) 開場:12:00 開始:12:30
【大会名】Dramatic 2009 March Special
【会場】新木場1st.Ring
【席種】指定席5000円(当日5500円) 自由席4000円(当日4500円)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

今週はハウスバトルは無い模様ですが、でら名古屋勢はDDTに参戦です。

名古屋大会は佐藤&鳥羽&松永というクセ者トリオとのタッグマッチ。
笠木−佐藤、入江−鳥羽、高井−松永あたりのぶつかりが面白そう♪

しかしそれ以外にもこの大会、ディーノの四人がけがあったり、マンモス(半田ね)がいたり、ロビンがいたり良くも悪くも盛りだくさん(汗)

しかも高木三四ロビンとはこれいかに(笑)

個人的には飯伏君と正岡君の一騎打ちも楽しみだったりしますが。


新木場は入江君が飯伏君と組んで関本&岡林の筋肉オバケコンビと。
これ、見たいっすねー。
入江君にとっては、でら名古屋第4戦のリマッチっぽい一戦。そのときは高井さんをパートナーに見事勝利。今回も返り討ちにできるか!?

あと3/21(土)のウルティモ・ドラゴンプロデュース「Lucha Fiesta」岐阜商工会議所大ホール大会にも、でら名古屋プロレスが参戦って話もあるんだけど...
週プロモバイルでは第1試合が地元提供試合って事になってるけどどうなんでしょ?
posted by ラポン at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | でら名古屋なインディー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月17日

でら名古屋ハウスバトル3/13試合結果

090315shun.jpg

                      ※写真は過去の大会のものです

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ダークマッチ30分1本勝負
 ○マンモス入江
 (3分20秒ゴア→片エビ固め)
 ×グレートカイザー

@30分1本勝負
 ○今井泪
 (4分7秒ライオンサルト→片エビ固め)
 ×シュン・バンダム

A30分1本勝負
 ○ヤス・久保田
 (9分35秒タイガー・スープレックス→体固め)
 ×宮本武士

B30分1本勝負
 ○高井憲吾&マンモス入江
 (8分35秒でらホフバスター→体固め)
 ヒデ・久保田&×ジェイソン・ザ・TSE

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

忙しさにかまけてアップを忘れておりましたm(__)m

シュン・バンダム、どうバンダムだったのかが一番気になる(笑)
残念ながら負けちゃいましたがライオンサルトでフィニッシュってどんだけ凄いライオンサルトだったんでしょうか今井さん(汗)

ライオンサルトと言えばライオン・ハート(今のWWEスーパースターのクリス・ジェリコね)が思い出されますな。
10年以上前、WARに参戦してた彼がライオン・サルトを決めてくれるとスゲい得した気分になったもんです。
懐かしいなぁ。
テッドさんから買ったWARのビデオを観返したくなりました♪


そしてどうやら今週は金曜のハウスバトルはない模様(入江君が言うには、ですが)
それでも金曜日(3/20)のDDT中村スポーツセンター大会にでら名古屋勢が参戦するのでそちらを応援に行こうと思います。
posted by ラポン at 01:36| Comment(4) | TrackBack(0) | でら名古屋なインディー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月13日

今週のでら名古屋さん

090313derap.jpg

                      ※写真は過去の大会のものです

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

3/13(金) でら名古屋ハウスバトル
名古屋市鶴舞・スポルティーバアリーナ(開場18:00 試合開始20:00予定)
入場料1000円(別途ドリンク代500円)

◎スペシャルダークマッチ(カード未定)

@シュン・バンダム 対 今井泪

A宮本武士 対 ヤス久保田

B高井憲吾&マンモス入江 対 ヒデ久保田&ジェイソン・ザ・TSE

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

シュン・バンダムとは映画俳優のジャン=クロード・ヴァンダム...では無くて、多分WWE所属(というよりラポン的には1990年代の全日本参戦の時の方が思い出深い)ロブ・ヴァン・ダムの魂が宿ったチョット「きゅん」としてしまうレスラーのようです(笑)
どんなハードコアなファイトを見せてくれるでしょうか?

かたや入江君はマンモス半田(負傷中)の魂を乗せてTSE48と闘う模様。13日の金曜日に現れるジェイソン・ザ・TSEと激闘必至です。

それと15日(日)の豊中ローズホールでのハードヒットにも入江選手が参戦します!

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

■3月15日ハードヒット豊中大会決定カード

○飯伏幸太&星誕期vs毛利昭彦&石倉正徳

○冨宅飛駈vs竹田誠志

○タノムサク鳥羽vs角英輝

石川修司vs入江茂弘

○佐藤光留vs塩田英樹

○木高イサミvsマサ高梨

【日時】2009年3月15日(日) 開場17:30 開始18:00
【大会名】ハードヒット EMOTION
【会場】大阪・豊中市立ローズ文化ホール
【席種】スーパーシート 6000円(当日6500円) 指定席 5000円(当日5500円) 自由席 4000円(当日4500円) 通し指定席 9000円(当日10000円) 通し自由席7000円(当日8000円) U-18チケット 1000円(当日のみ・要身分証)

※通し券は当日13:00より同会場で行われるDDT大阪大会との通し券となります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

相手は石川修司ですよ!どこに活路を見出すか!立ち向かえ入江!!

というワケでハウスバトルは行けそうに無いんですが、15日は大阪プロレスのホリパラを観た後にハードヒットを観に行こうと思います。
燃えるぜい!
posted by ラポン at 03:09| Comment(4) | TrackBack(0) | でら名古屋なインディー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月09日

格闘書空間!本屋プロレス!

09030701.jpg

名古屋の書店カルチャーを盛り上げる為に開かれるイベント、「BOOKMARK NAGOYA」のオープニングイベントに選ばれたのは、今回で3回目になる高木三四郎主宰による「本屋プロレス」

まずはその、「BOOKMARK NAGOYA」の趣旨説明から。

BOOKMARK NAGOYA : 本と本屋の魅力を再発見しようというテーマで昨年の2008年に立ち上げられた本のイベント。今年は第2回目いうことで昨年よりもさらにパワーアップして51の団体店舗が参加、期間は2009年3月7日(土)から3月29日(日)までの3週間。
期間中は名古屋を中心とした書店図書店雑貨屋カフェを舞台に本にまつわる様々なイベントが開催される。

公式HPはコチラ(→BOOKMARK NAGOYA

という事でこれほどBOOKMARK NAGOYAの趣旨に適合したプロレス団体は間違いなく「本屋プロレス」しか存在しないワケです。
店内は1時間前から続々とギャラリーが集結してまいりました。人、人、人...あからさまに営業妨害なレベルです(笑)

開催宣言も終わり後は選手の入場、そしてゴングを待つばかり。
果たしてどんな闘いが繰り広げられるのか?

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本屋プロレス 3月7日(土) ザ・リブレット千種店大会

エニウェアフォールタッグマッチ時間無制限1本勝負

高木三四郎&入江茂弘 vs 飯伏幸太&笠木峻


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

09030702.jpg 09030703.jpg

しかし開始前に重大なトラブルが発生との事(なんだ?)で遅れる開始時間。
そして前説をムチャ振りさせられるマンモス半田。やはり大した時間稼ぎもできずに退散(笑)

この日のレフェリーはでら名古屋プロレス宮本武士選手。

09030704.jpg 09030705.jpg

選手入場まずはでら名古屋プロレスの若手2人の。「現役高校生ファイター」笠木峻、続いて「現役書店員、リアル暴れん坊本屋さん」と紹介された「ガッチリボーイ」入江茂弘。
そしてDDTの誇る「ゴールデンスター」飯伏幸太がリング(?)イン。

09030706.jpg 09030707.jpg

最後はDDT社長、でら名古屋プロレス監督、本屋プロレス主宰の高木三四郎入場。
陳列された本をハンドモップで掃除しながら観客を煽って「3、2、1ファイヤー!」

09030708.jpg

睨み合うエプロン姿の4人。とてもいつもは静かな書店とは思えないザワめいた期待感に包まれる店内。

09030709.jpg 09030710.jpg

ゴングと共に組み合う先発の入江と笠木。
まずは入江が笠木の腕をグイと絞ると「オーケー!いいよいいよー入江!」と高木。しかし基本的にその目線は本。

09030711.jpg 09030712.jpg

入江が腕を絞り返されても「絞って絞っていいよーいいよーオッケー」と続ける高木。
グアーという入江の呻き声にようやく気付き「いいよいいよー、ってオイ!!」とツッコミ。

09030713.jpg

両チームスイッチで出てきた高木と飯伏、ハンドモップで激しいチャンバラ合戦。折れてしまいそうな公認凶器。

09030714.jpg 09030715.jpg

高木の強烈な水平チョップに飯伏はエルボーでお返し。高木もエルボーで意地を張り合う。

09030716.jpg 09030717.jpg

それならと高木のニーリフト。飯伏は切れ味鋭くソバット。譲らない二人。

09030718.jpg 09030719.jpg

ソバットの威力に身をかがめる高木だがすぐさま飯伏の背後を取ってデンジャラスバックドロップ。
これを飯伏そのままバック転して床激突を回避。

09030720.jpg 09030721.jpg

飯伏はそのままミドルキック連打で自コーナーに追い込み笠木にタッチ。

09030722.jpg 09030723.jpg

しかしすぐさま蘇生の高木は笠木に重たいニーを叩き込むと高速ブレーンバスター。笠木は大ダメージ。

09030724.jpg

これをタッチを受けた入江が追撃。ストンピングの嵐。

09030725.jpg 09030726.jpg

フォールを返した笠木を引きずり起こす入江。ところがここで笠木逆襲のミドルキックがうなりを上げる。

09030727.jpg 09030728.jpg

これを入江も大きく振りかぶったエルボーで返す。
なおもミドルキックで対抗する笠木に入江はヘッドバット。「ゴン」という音が鳴り響く。

09030729.jpg 09030730.jpg

すぐさま高木は笠木を連れて場外戦に突入。観客の大移動が始まる。
入江と飯伏は激しく打撃戦。

09030731.jpg 09030732.jpg

「トヨタショーック!」と時勢ネタ本の名前を叫びながら、書店内を所狭しと高木と笠木の乱闘が続く。
リング中央に戻って高木は笠木にボディスラム。そしてパイプイスからのフットスタンプ。笠木は悶絶。

09030733.jpg 09030734.jpg

続いてコブラツイストとなおも攻め立てられる笠木。なんとか形勢を逆転
せんと笠木はミドルキック連打。

09030735.jpg 09030736.jpg

うるさいとばかりに高木は笠木を軽々と持ち上げて病院送り必至のパワーボムの態勢へ。
これは笠木一瞬の機転でウラカンラナで切り返し。
代った飯伏はオーバーヘッドキックからミドルキックと高木に叩き込んでそのまま場外戦へ。

09030737.jpg 09030738.jpg

入り口付近では高木と飯伏。
高木をボディスラムで叩きつけると飯伏は本棚の最上段から命知らずのムーンサルトアタック。
すでに店外の入江と笠木。笠木はドロップキックを起点にミドルキック、サッカーボールキックと入江を痛めつける。
戦場はフードコート前まで拡大。高木は飯伏にDDTそして叫びながらブルドッキングヘッドロック。

09030739.jpg 09030740.jpg

再び入り口付近で入り混じりながら4人は激戦。
高木は笠木をニーで沈黙させると、飯伏をホイップして担いでからのデスバレーボム。そこに入江の仰天その場飛びムーンサルトプレス。そのままフォールもカウントは2。
ならばと入江は変形ゴリラクラッチで飯伏にギブアップを迫る。
しかしここは笠木がカット。笠木は高木にトラースキックを浴びせ分断すると後を飯伏に託す。

09030741.jpg 09030742.jpg

入江はひたすらエルボーを打ち込む。飯伏もエルボーで応戦。
飯伏は入江のエルボーをかわすと掌底、ミドル、ソバットの連打。

09030743.jpg 09030744.jpg

座り込んだ入江に飯伏の追撃サッカーボールキック。
これは入江寝そべってかわす。しかしすぐさま飯伏その場飛びムーンサルト。そのままフォールするもカウントは2。

09030745.jpg 09030746.jpg

さらに背後を取ってジャーマンを狙う飯伏だがこれは入江がバックハンドエルボーで引き剥がす。
飯伏の振り向きざまを入江ラリアット。しかしこれをマトリックスでかわした飯伏は入江の側頭部にハイキック。入江の動きが止まる。

09030747.jpg 09030748.jpg

飯伏はそのままバックを取ると重い入江を2段階でジャーマンスープレックスホールド。
これは入江返せず3カウント入って飯伏&笠木の勝利。

「大丈夫か?」と入江に駆け寄り悔しがる高木。
しかし起き上がる入江に「オマエ頑丈だな」と一言。

09030749.jpg 09030750.jpg

「皆さん本日は本屋プロレス、イオン千種店ザ・リブレットにお越しくださいまして本当にありがとうございました。
僕たちは普段からこんな事やってるわけではありません。近いことはやってるとは思いますけど」と高木。

皆さん決してマネはしないでくださいと続ける高木。いや、できないと思います。命惜しいから(笑)

09030751.jpg

かくして大盛況のうちに幕を閉じた本屋プロレス。
一見お遊びとも思えるようなこのシチュエーションの中で、これだけのハイレベルで激しい攻防を見せてくれた選手達ありがとう!
楽しかった!

まずはケロッとしたように見える(多分ダメージは濃い)高木大社長と飯伏君、ありがとう!

09030752.jpg

そして丈夫が才能の入江君、目尻を切りながらも大奮闘の笠木君ありがとう!

プロレスという異空間の中のさらに異空間「本屋プロレス」、次はあなたの家の近所かもしれないですよ。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

明日から関東入りするので観戦記はできないです。まぁいつも忘れた頃にアップしてるんですが(自虐)。
今のところ先々週のホリパラとでら名古屋プロレス第5戦がたまってまね。
なぜか本屋プロレスを先にやっちゃいました。前後してスイマセン。なにせ気分屋なもので(汗)

関東には数日居座るつもりなのでプロレス観戦もタイミングが合えば行こうと思います。確かZERO−1とSEMがやってたかな。
これは観戦記書かないでしょう、ってかムリ。

大阪プロレスも大型連休のようなのでハピウィクも休み。選手の皆さん鋭気を養ってくださいねー。吉野レフェリーは無事国内に帰ってきてくださいね(汗)

というワケで行ってきます。
posted by ラポン at 23:58| Comment(2) | TrackBack(0) | でら名古屋なインディー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月07日

でら名古屋ハウスバトル3/6試合結果

090307irie.jpg

                      ※写真は過去の大会のものです

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

@TSEメヒコ提供試合30分1本勝負
 ○タイガーヤスク
 (5分56秒横回転十字固め)
 ×マスカラ・ナミーダ

A30分1本勝負
 ○ヒデ久保田
 (6分57秒体固め)
 ×マンモス半田

B時間無制限1本勝負
 入江茂弘&○笠木峻
 (10分14秒キークラッシャー→片エビ固め)
 高井憲吾&×宮本武士

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

高木監督も観戦されてたみたいですねー。
決戦を前にメインの4人は頼もしく映ったでしょうか。

ベビーフェース転向をした(?)マンモス半田は初陣を飾れなかったみたいですな。どうやら介入もあったようで...。

090307bookp.jpg

そして本屋プロレスはショッピングモールプロレスと化しました(汗)

最後は飯伏がジャーマンで入江からピンフォール。
時間があったら近日中に観戦レポート書きます。人ごみが凄くて写せなかった場面もありますが。
posted by ラポン at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | でら名古屋なインディー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本屋プロレス

image/2009-03-07T10:19:391
おはようございます


名古屋市某所にありますザ・リブレットという本屋に来ております


噂(?)の本屋プロレス11時ゴングです☆


すでに結構なギャラリーです






ヒマ人ばっか!!(笑)
posted by ラポン at 10:22| Comment(0) | TrackBack(0) | でら名古屋なインディー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月06日

今週のでら名古屋さん

090305dera1.jpg

                      ※写真は過去の大会のものです

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

3/6(金) でら名古屋ハウスバトル
会場:名古屋市 鶴舞・スポルティーバアリーナ(開場18:00 試合開始20:00予定)
入場料:1000円(別途ドリンク代500円)

@TSEメヒコ提供試合
 タイガーヤスク vs マスカラ・ナミーダ

Aヒデ久保田 vs TAKASHI

B高井憲吾&宮本武士 vs 入江茂弘&笠木峻

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

☆ラポン的見どころ : まずTSEメヒコとはなんぞや?TSEメンバーのメキシコにいる親戚達によるマスクマン集団か(笑)
でら名古屋の選手は日曜日の本戦に向けて最終調整的なタッグマッチ。熱い試合で結束ぶりを見せてくれ!

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

090305ibushi.jpg

                      ※写真は過去の大会のものです

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

3/7(土) 本屋プロレス in NAGOYA ・ BOOKMARK NAGOYA 2009
会場:名古屋市 ザ・リブレット千種店(開場10:00 試合開始11:00)
住所:名古屋市千種区千種2丁目16 イオン千種SC2F
JR中央本線鶴舞駅 地下鉄鶴舞線鶴舞駅 より徒歩10分
入場料:無料

参戦選手:高木三四郎、飯伏幸太、入江茂弘、笠木峻

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

☆ラポン的見どころ : 2年位前までは近くに住んでて今でもたまに行くんだよねーザ・リブレット(苦笑)
あそこの本屋は広いけど高さを使えるところがあまり無かったはず。本棚とカウンターくらいかな。以前の本屋プロレスみたいにエスカレーター横の階段とか手すりとかは無い...本屋の中には(汗)
もし...もしも本屋から出られるなら2階には結構スペースあり。たっぷり助走してラリアットできます。
一応手すりもあるけど失敗したらそのまま1階に落ちる(泣)
それに間違っても隣のタワーレコードやヴィレッジヴァンガードには入るなよー。そうなると凶器がいっぱい、じゃなくて迷惑千万。
ちなみに外に出るには1階のマックスバリュ前を通る可能性大です。でも外は駐車場の往来が激しいので危険かと。

一つ間違うと出入り禁止になるぞ(笑)...って笑い事じゃないか。戦場は本屋の中だけだとは思うんだけど...。

試合形式はタッグマッチかな、それとも4WAY?飯伏君がメチャメチャやるのは目に見えてるけど、チョット笠木君が開眼しそうで期待してます。
三四郎さんと入江君が力任せに器物破損しないかも心配。本戦を前にケガしないでくださいよ。

とにかく凄いことになりそうなので観に行ってきます。一般客の反応が見てみたいぞ。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

090305dera2.jpg

                      ※写真は過去の大会のものです

−−−3月8日(日)「でら名古屋プロレス第五戦 vsDEP」−−−

○宮本武士 vs 神谷龍

○笠木峻 vs 正岡大介

○入江茂弘 vs 豊臣太郎

○高井憲吾 vs 柴山貴哉

○高木三四郎 vs 小杉研太

※試合順不同、ボーナストラックあり

会場、開始時間等の詳細はコチラ(→でら名古屋プロレス第5戦 対戦カード決定!)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

でら名古屋プロレスの本戦も今回で5回目。相手は愛知県刈谷市に本拠地を持つDEP(ダイワ・エンターテインメント・プロレスリング)。
同じ県内の相手という事で、でら名古屋とは同じ興行に参加したり少し試合的に絡んだりってのはあったのだが、団体を張っての全面対決はもちろん初めて。

メンバー選抜にあたってDEP側はシングル、タッグとのチャンピオンを投入してきているので本気モードとみて間違いなし。それに今回のメンバーの中で小杉、正岡、柴山の3人は東京や大阪の団体にも頻繁にスポット参戦していたりしてメキメキと実力を上げてきている。
対するでら名古屋もDDT選手兼社長の高木や、幾つもの団体を渡り歩いた高井の実力は申し分なし。加えて若手の入江や笠木は武者修行的な首都圏への参戦で成果を上げてきているだけに将来が楽しみな素材だ。
若大将のSHIGERUが今回は負傷で欠場となったのは残念だが、結果オールシングルマッチとなったことで各選手の実力が試合で如実に現れてくるだろう。

それに今回は今までの都市対抗戦とは違い地元同士という事で応援も真っ二つに割れる可能性が高い。
でら名古屋プロレスの興行とはいえお互い愛知お膝元の団体という事で、今まで以上に熱気を帯びた戦いが繰り広げられるのではないか。

以下は簡単に今回の対戦カードのおさらい。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

○宮本武士 vs 神谷龍

090305miyamoto.jpg 090305kamiya.jpg

偶然にも二人ともデビュー戦を目にしている(宮本はでら名古屋の旗揚げ戦、神谷はK−DOJO刈谷大会にて)。それからまだ1年経っていない新人同士の一戦。

シューティングスタイルとしてスタイルを模索した結果、宮本は長い足を有効に使った技を試合に取り入れてきた。スポルティーバアリーナでのハウスバトルの経験が功を奏しているのだろう。以前より鋭さを増した蹴りに加えランニングニーなどのバリエーション。そして大きく足を刈って落とすSTOや足を後頭部に掛けて落とすフェイマサー、そして長い足での遠心力が威力を増すバズソーキックなど見ないうちに引き出しが増えている。後はこれを対抗戦という緊張感の中で出せるか否かだ。

これに対して神谷のスピードがどう翻弄して行くか。神谷がペースを握るとすれば空中戦だろう。軽量ゆえのスピードという長所とあたりが弱いという短所を併せ持つ神谷。それでも場外ダイブなどで大きなダメージを与えることができれば勝機が見出せる。自分が神谷のここぞという時の動きを見たことが無いのでそこは加味しなければいけないとは思う。

それでも神谷が宮本の間合いに入ることができなければ、キックという始動の早い攻撃の前に大きく苦戦することは間違いないだろう。グランドでも宮本は技を磨いてきているので油断はできない。

個人の予想としては6-4で幸先よく宮本を推したい。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

○笠木峻 vs 正岡大介

090305kasagi.jpg 090305masaoka.jpg

今やその華のある空中技の数々とそのルックスからメンズクラブなどにも参戦する機会を得ている正岡。負けじと笠木も先月のメンズクラブ興行に参戦。
さながらこの闘いは愛知イケメンレスラー対決とも言える。

しかしその外見よりもその試合内容を見てほしいこの一戦。まず正岡が空間を使った攻めで笠木を攻略していくだろう。スワンダイブ式やコーナートップなどからの多彩な攻撃は華麗なだけでなく時にプラスアルファの打撃力、時に一発逆転の丸め込みと予測不可能な要素も併せ持つ。先述の神谷よりその軽さを活かす術を心得ているところが強みだ。

それに比べればややオーソドックスな笠木の攻めであるが、蹴りを主体に試合を組み立てる。若くして意外と泥臭いテクニックを見せるのも笠木の持ち味で、これが彼がベテラン選手とも真っ向から渡り合える要因となっている。勝利に徹するならなりふりかまわず正岡の足を止める攻撃に出る事ができるか。

若くしてDEPタッグ王者の栄冠を手にした正岡。このあたりに笠木や入江といった地元東海地区の若手が絡んでくると面白くなってくる。この闘いがその口火になることを期待せずにはいられない。

個人の予想としては終盤の局面での強さで6-4の正岡か。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

○入江茂弘 vs 豊臣太郎

090305irie.jpg 090305toyotomi.jpg

昨年さまざまな団体のトップクラスと対戦し経験を積んだ入江。結果こそ付いてこなかったもののハードヒットのようなシビアなスタイルにも対応してしまう、その外見から想像もつかない柔軟性は将来性を充分に感じさせる。本戦でも第4戦で大日本プロレス岡林から直接ピンフォールを獲り、ついに自身の手で対抗戦での勝利を掴んだ。

対する豊臣は先日のDEP18戦にて念願のDEP無差別級ベルトを手に入れ、これからの更なる飛躍が期待される団体のエースと言えよう。スタイルはラフで攻めつつも要所で的確に投げ技や極め技を混ぜて攻め込んでゆくタイプ。

身長、体重共に互角。パワーは新人ながら入江も負けていないのだが、豊臣のラフ攻撃で勢いを寸断されると途端に脆さが顔を出してしまいそう。やはり経験の差というものはこういった部分で露呈してしまう。これを盛り返すにはがむしゃらにパワーで押し返すしかないワケでこのあたりのスタミナが入江にどこまであるかも注目。

それにしても豊臣がベルトを持ったことは大きい。この一戦はベルトこそ懸かっていないもののチャンピオンとしてベルトの価値を守るための大事な試合といえるのだ。その気持ちが大きければ大きいほど豊臣は手強い。
そこに新人としては破格の経験値を手に入れてきた入江がどこまで食らいつき奮戦できるのか。

個人の予想としては期待をこめつつも6-4で豊臣か。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

○高井憲吾 vs 柴山貴哉

090305takai.jpg 090305sibayama.jpg

でら名古屋のコーチに就任してからというものの団体の精神を象徴するかのようなファイトスタイルで常に若手を引っ張ってきた高井。でら名古屋に入団してからここまで自身がフォールされての敗北は無く、彼は言わば難攻不落の「ホフ」な要塞。

その高井を攻略しなければならないのはロックオンタイム柴山。正直経験的にも体格的にも不利な状況にあるのは間違いなく、正攻法で高井に勝利するのはかなり難しいというのが本音。
試合は高井の突貫ファイトを柴山がどう耐えてどう返してゆくかに焦点が集まる。

秘かに小技を使わない真正面な高井にだからこそ柴山の良いところを引き出せるのではないかと期待している部分がある。コミカルな試合を見せる機会も多い柴山ではあるがその中で時折見せる感情溢れる部分を激しさに転化すればこの日一番の熱い試合にすることも難しくないと思う。あとは柴山のこの試合への意気込み次第だ。


個人の予想としては今のところ7-3で高井と言わざるを得まい。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

○高木三四郎 vs 小杉研太

090305346.jpg 090305kosugi.jpg

若きDEPタッグ王者、恵まれた体格を持つ小杉。それでも自分が見た試合の中ではその体格がフルに発揮されていた印象が少ない。
かたやDDTの社長として団体をまとめあげながら、一方で団体屈指のパワーファイターとして一層の肉体改造を施しKO−D無差別級チャンピオンとして君臨する高木。

この二人ならばどうしてもタフな試合を期待してしまう。しかしそれは実力の差は歴然だからこその小杉の奮起無しでは成立しないこの試合。ここで小杉が弾けていかなければ、高木の手のひらで踊らされたまま少しの見せ場を与えられただけで終わってしまう可能性が高い。
戦前の予想を覆すような試合になってこそこのカードの意味がある。ただのチャレンジマッチで終わってはいけないのだ。

臆することなく大暴れせよ。これはチャンスなのだ。偉大なる先輩から何かを掴む事で自信の潜在能力を搾り出してほしい。「DDTで使ってみたい」と高木に思わせるくらいのファイト、願わくば感情を爆発させた恐い小杉というものを見てみたい。

個人の予想としては小杉の伸び代を楽しみにしつつも8-2で高木か。


※高木さんの写真スイマセン。これが今のところベストショットです(汗)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

単純な予想だとでら名古屋の対抗戦初勝利という事になるのだが、そこまで甘くは無いだろう。この大会にはボーナストラックが予告されている。何かしらの物言いが付けば勝負はこの試合までもつれ込む可能性もある。
それはメンバー選抜のタッグマッチなのか、はたまたバトルロイヤルなのか。それともまったく違う両団体の隠し玉が用意されているのか。

プロレスにおける東海地区の覇権を懸けた闘いを堪能したい。
posted by ラポン at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | でら名古屋なインディー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月04日

DEP第18戦 観戦レポート

090214001.jpg

さて、遅ればせながら先月14日に愛知県刈谷市で行われたDEP第18戦の観戦レポートを送りします。

ゲスト多数参戦の豪華な大会でしたし、翌月にはでら名古屋プロレスとの対抗戦を控えていることもあって大阪プロレスのビッグマッチ「大阪ハリケーン2009」の前日にもかかわらず行ってまいりました。それに刈谷って自分の家から意外と近いんです、ハイ。

それなのにDEP自体を公式戦としてはまだ2回しか見ていない(他の大会でのゲスト参戦を見る事は結構アリ)ので観戦記というよりは対抗戦を見据えた雑感に近いものになっておりますので悪しからず。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

DEP 2月14日(土) 刈谷市産業振興センター あいおいホール大会

「DEP第18戦」

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

第1試合 30分1本勝負
○エル・サムライ&門尾信彦
(14分12秒 チキンウィングアームロック)
根元薫&×藤澤忠信

090214101.jpg 090214102.jpg

うーん、うまく噛み合ってなかった試合でした。それぞれが試合のテンポを合わせようとしてかえってバラバラになってしまったのかなぁと。
パワーファイターの根本と空手の門尾さんがバシバシやってくれたら面白くなったかも。
サムライのコンディションがあんまり良くなさそう。ダイビングヘッドバットとか見せてましたがあまり動けてない感じ。
根本と藤沢が意識して攻め込んでたのもあるんだろうケド。もう少しいぶし銀な感じが見られると良かったな。

最後は唐突にサムライのチキンウィングアームロックが決まって試合は終了。昔のサムライを知る者にとってはチョット残念な試合でした。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

第2試合(でら名古屋提供試合) 30分1本勝負
○宮本武士
(4分44秒 バズソーキック→片エビ固め)
×笠木峻

090214201.jpg

この日の目的の一つはコレ。でら名古屋の戦力底上げには若手の頑張りが必須なワケで、そのキーポイントとなる彼らの一騎打ちをぜひ見届けたかったんです。

090214202.jpg

序盤はお互いのネックを取り合いながらほぼ互角のグラウンド。若干笠木が押しているか。
この後両者はキック合戦。宮本のミドルキックに対して宮本も鋭くミドルキック。ガマン比べなら笠木の方が重さがある分だけ有利。宮本のキックにはハイ、ローと打ち分ける多彩さが欲しい。

090214203.jpg 090214204.jpg

宮本をチンロックに固めた後、カナディアン式に持ち上げて前に、しかもトップロープ上に落としていく笠木。意表を突く戦法はお互いの手の内が把握しきれない対抗戦において有効か。
それでも膝蹴りからフェイマサー、STOと攻め返す宮本。技の引き出し増えてきたなぁ。

090214205.jpg 090214206.jpg

笠木のハイキックに捕らえられる宮本だが続くダイブは回避。
宮本はランニングニーの連発から最後はバズソーキックを放ち笠木から3カウント勝利。

成長はすごく伝わってきました。特に宮本選手の。
でも...試合を組み立て過ぎな印象。優良な試合だったのに不思議と熱いものが伝わってこなかった。
同門対決ということもあるんだろうケド、だからこそ「コイツには負けるか」という気迫が見たかった。良くも悪くも観客に見せるのを意識しすぎた試合かなぁと。
迫る対抗戦、技術より気持ちの向上を求む!

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

第3試合 45分1本勝負
YUJI KITO&○柴山貴哉
(16分57秒 ロックオンタイム→体固め)
岡林裕二&×大橋篤

090214301.jpg 090214302.jpg

大日本若手の参戦による第3試合。
岡林はデビュー1年未満にして3、4年目の風格。同じ大日本の関本と比べても見劣りしない体格(特に太もも!)。岡林といい石川(晋也)といい大日本の若手は素質が良い。

試合は2年目の大橋が活きのいい動きで柴山を翻弄、岡林と共に流れを掴む。

090214303.jpg 090214304.jpg

岡林が打撃で柴山の足を止め、大橋がエグい後頭部低空ドロップキックから逆エビ固めとダメージを与えてゆく。
そんな苦戦する柴山をKITOが好フォロー。KITOはこのメンバーの中で一番試合が見えている模様。
大橋のミサイルキック、岡林のアルゼンチンと攻め込まれながらもそつの無い動きで反撃に転じるKITO。

090214305.jpg 090214306.jpg

ここで2/5のDAINICHI DASHで岡林から直接ギブアップを取られている柴山が奮起。大日本コンビの猛攻を跳ね返して垂直落下ブレーンバスター、そしてロックオンタイムダイビングエルボーで大橋からピンフォール勝ち。
それでも試合後、岡林はKITOを挑発。柴山は岡林を振り向かせリベンジできるのか。

この試合良かったです。下手すると全試合で一番。
何より大日本の若手がアウェーでハツラツとファイトしてて気持ちいい。大橋は自分の体格的な不利が分かっているので止まらない攻めでペースを握らせない。そこに岡林の攻撃がどーんと来るものだからたまらない。
苦戦を強いられたKITO&柴山でしたがKITOが若手では作れない部分をある時はカットで、ある時は細かい動きで見せてくれたおかげで試合が引き締まりました。
いつもはコミカルなイメージの付きまとう柴山も気持ちを前面に出して奮闘。
他団体への参戦も多い柴山はこれからのステップアップに注目です。

そして対抗戦での相手は高井コーチ。パワーファイター対策は急務。頑張れ!

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

第4試合 45分1本勝負
○深谷友和&高井憲吾
(14分56秒 ニールキック→体固め)
マグニチュード岸和田&×内田祥一

090214401.jpg 090214402.jpg

大阪プロレスOBにDEP深谷が入った一戦。深谷ってあのWARの深谷だよね。こんな体デカかったっけ。
とにかく深谷は一発一発が効きそう。動きは緩慢な感じだけどそれが逆に迫力を感じます。

それでもこの試合の見所は大阪プロレスOB同士の局面。
いつ見ても内田は顔に感情出てていい。高井とはチョップ、エルボーを打ち合い意地の張り合い。

090214403.jpg

それ以上に岸和田と高井は気迫のこもったぶつかり合い。タックルでも両者譲らずグラウンドで固められてもご覧の表情の高井。

090214404.jpg 090214405.jpg

深谷のジャイアントスイング、高井の串刺しスピアーと中盤に内田が攻め込まれる場面が続く。
しかし岸和田が高井との壮絶なブレーンバスター合戦を制すると息を吹き返した内田が反撃開始。ダイビングヘッドバットから3連続バックフリップ、スタイルズクラッシュと高井を追い込む内田。
しかし最後はスタミナの残る深谷が裏投げからフライングニールキックを決めて内田から3カウントを奪う。

やはり大阪プロレスOBの3人の間には特別な感情が働いているようで見てて面白い。特に岸和田兄さんと高井コーチのスグ起き上がるブレーンバスター合戦はこの一戦のハイライト。是非シングルで見てみたい一戦です。
ウッチーはダイビングヘッドバット、3連続バックフリップ、スタイルズクラッシュと強力な技があってもその一発一発にもう少し説得力が欲しい気がする。その一つ一つの技に繋げるまでの巧さがあればGENTAROのような選手になれそうなんだけど。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

第5試合 DEP無差別級タッグタイトルマッチ60分1本勝負
<王者組>小杉研太&○正岡大介
(15分08秒 ウラカンラナ)
<挑戦者組>ヤス・久保田&×ヒデ・久保田(久保田ブラザーズ)

※王者組が初の防衛に成功

090214501.jpg 090214502.jpg

やはり、というべきか挑戦者チームの急襲で始まったタイトルマッチ。
場外戦でセコンドの今井泪が小杉を会場裏に連れ込み額を割って動きを止めると、狙いを正岡に絞るクボタブラザーズ。

090214503.jpg 090214504.jpg

ラフファイトでひたすら正岡を甚振る二人。度重なる場外戦でまったくペースを掴めない王者チーム。
クボタブラザーズ熟練ののインサイドワークが如何なく発揮される。

090214506.jpg 090214507.jpg

為す術の無いローンバトルが続いた正岡だったがようやく脱出。
代った小杉はヤス久保田をラリアットなぎ倒すと続けざまに串刺しラリアット。そしてカットに入ったヒデ久保田とまとめてチョークスラムと憂さを晴らしてゆく。

090214508.jpg 090214509.jpg

小杉のプランチャ、正岡のケブラーダそしてムーンサルトプレスと畳み掛ける王者チーム。
しかしツープラトンの断頭式ギロチンで正岡が再び捕まる。
エレクトリックチェアーから758Iを狙うヒデ久保田だがここは小杉がカット。
なおもクボタブラザーズの連携に苦しめられるDEPコンビだが、リング上の乱戦のさなかで正岡がヒデ久保田に一瞬のウラカンラナ。
そのまま3カウントが入りかろうじてチャンピオンチームが初防衛に成功。


クボタブラザーズの憎たらしいまでの正岡いじめにはブーイングの嵐。しかしそれは彼らのヒールとしての試合運びが観客に伝わった事の裏返しではないか。
その息の合った連携は度々流れを呼び戻そうとする王者チームの試みを打ち砕いた。彼らは間違いなく東海地区でも屈指のタッグチームだろう。
※他に観戦した彼らの試合はコチラ(→灼熱の攻防 −前半戦−)

そして防衛戦には勝利したものの内容では多くの課題が残った若きチャンピオンチーム。
満足はいっていないだろう。これまでも経験不足からラフ巧者には苦戦する事が多かった小杉と正岡。
しかしこうやって闘いながら成長していくだろう二人には必要な試練なのかもしれない。

現在DEPの注目株として関東地区を中心に引っ張りだこ状態の正岡。願わくば小杉も今以上にシングルプレーヤーとして他団体での経験を積んで欲しいものだ。個人の経験を持ち寄ればさらに素晴らしいタッグチームとなるはずだから。
もちろんタッグとしての場数を増やせばもっともっと動けるコンビになるはず。豊かな潜在能力を感じさせる二人の素質は全国クラスになる可能性を存分に秘めている。
対抗戦では正岡が笠木と、そして小杉が高木三四郎とシングルマッチ。
彼らの将来性を確かめるのにこの上ない機会なのではないか。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

セミファイナル スペシャル6メンマッチ 60分1本勝負
○ウルティモ・ドラゴン&ディック東郷&神谷龍
(16分08秒 アサイDDT)
GENTARO&ムルシエラゴ&×ブラック・カイザー 

090214601.jpg 090214602.jpg

GENTARO、ディック東郷、そしてウルティモ・ドラゴンとリングの猛者が揃ったセミファイナル。
夢の顔合わせに加え、それに混じった若手がどう絡むか注目の一戦。
試合はGENTARO組の急襲からスタート。
GENTAROは他の二人に指示を出してデビュー1年の神谷を集中攻撃させる。

090214603.jpg 090214604.jpg

東郷は腰のテーピングが辛そうで思うように動けず、ウルティモも神谷の耐える様をただ見守るのみ。
ムルシエラゴはウルティモを意識しながら神谷を逃がさない。GENTAROは余裕の表情で神谷を張り手を見舞い、グラウンドでなぶり続ける。
それでも神谷はコルバタでGENTAROを投げきってみせるとウルティモにスイッチ。
ウルティモは連続ドロップキック、ソバットと軽快な動き。
ディックはパンチ連打流れを切り開くとムルシエラゴにクリップラー・クロスフェイス。
神谷は場外にコーナートップから恐いもの知らずのプランチャ。

090214605.jpg 090214606.jpg

ここから再び神谷が捕まり合体パワーボム、そしてGENTAROのダイビングエルボーを食らってしまうが、続くスリーパーを切り返して脱出。
両チームがリングに入り乱れる中残ったのはウルティモとカイザー。ウルティモはカイザーのパワーに手こずりながらも最後はソバットから鮮やかなアサイDDTを決めて勝利。

豪華かつ強力なメンバーの中で試合を全うした神谷の健闘に拍手。さすがに捕まる場面が多かったものの随所でスピード感溢れる技を披露。
やられっぷりが良かった分だけ逆転の時のスッキリ感も高かった。
出番は多くなかったもののウルティモ校長の存在感はさすが。翌日の大阪府立にも出場したのだがどんな会場だろうと観客の注目を奪ってしまうあたりは役者が一枚上。
東郷さんは腰の不調もあってあまり動けなかったものの気迫を前面に出してのファイト。GENTAROは小憎たらしくパートナーをコントロールしながら自らもらしさをアピール。
それだけにムルシエラゴとブラック・カイザーのキャラクターが埋没してしまったのは少し残念。
しかし関東でもなかなか組まれないだろうこれだけのカードでは全てを求めるのは無理というもの。
ここは夢のカケラを見せてくれたDEPに感謝したい。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

メインイベント DEP無差別級タイトルマッチ時間無制限1本勝負
<王者>×後藤達俊
(12分30秒 回転エビ固め)
<挑戦者>○豊臣太郎

※後藤達俊が防衛に失敗。豊臣太郎が新王者となる。

090214701.jpg 090214702.jpg

威風堂々のチャンピオン後藤達俊。かたやDEPの威信を背負った挑戦者豊臣太郎。
DEPのセコンド陣が見守る中試合開始のゴング。
しかしいきなりのカウンターラリアットが豊臣に決まりグロッキー状態に。

090214703.jpg 090214704.jpg

ゴツゴツとした二人の闘いが続く。豊臣は後藤の殺人バックドロップを耐え切り逆にブレーンバスターなどで返してゆく。

090214705.jpg 090214706.jpg

何度もラリアットを食らいながら豊臣は執念の回転エビ固め。これがガッチリ決まって3カウント。
信じられないといった様子の豊臣に後藤は(オマエがチャンピオンだよ)とでも言うように握手を要求。
観客の祝福の拍手の中DEP無差別級チャンピオン豊臣太郎が誕生。

あっさり目と言えばあっさり目な一戦でしたが観客のベルトを奪還して欲しい、というDEPファンの気持ちは凄かった。
それだけに負けられなかった一戦。
どうやら一発目のラリアットで記憶が飛んでいたらしい豊臣はまさに本能だけで勝利を手繰り寄せたと言えるのだ。
内容的に完勝といった類ではないだけに、これからの豊臣太郎に必要なのは後藤達俊が放っているような強者のオーラなのかも。
後藤は選手としては峠は越しているものの未だに殺人バックドロップという一発の恐怖を備え持っている。
交代劇が唐突だっただけに後はどうやって独自の王者像を作り上げていくか。それはDEPのイメージにも影響を与えるだけに団体エースとして重き使命を背負ったチャンピオンのこれからの活躍に期待したい。

そこにまずは対抗戦での入江茂弘戦が控える。
知名度としては全国的には入江の方が上の状況。チャンピオンとして勝たなければならないのはもちろん、内容次第では今後の展開はとても興味深いものになってくるのではないか。
DEPを全国に露出していくのであれば豊臣の活躍はその大きな礎となると言えるだろう。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

今回観戦したDEPとでら名古屋プロレスがオールシングル(ボーナストラックあり)激突する「でら名古屋プロレス第5戦 名古屋vs刈谷」は3月8日(日) に名古屋市の中村スポーツセンターにて行われます(詳細はコチラ→でら名古屋プロレス第5戦 対戦カード決定!)

興味のある方は是非ご来場くださいませ。


えー、お次は先週の大阪プロレス3/1ホリパラの観戦記を書いていこうと思います。
マンモス3...時間がある時にでも(汗)
posted by ラポン at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | でら名古屋なインディー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月25日

今週のでら名古屋さん

090225kasagi.jpg

                     でら名古屋プロレス 笠木峻選手

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

2/28(土) でら名古屋スペシャルハウスバトル
名古屋市鶴舞・スポルティーバアリーナ(開場18:30 試合開始19:00予定)
入場料3000円(ワンドリンク付)


D敗者髪切りマッチ時間無制限一本勝負
入江茂弘&笠木峻 対 ヒデ久保田&バッドマンモス半田

※この試合はチームのどちらが負けても、チームキャプテンの笠木峻かヒデ久保田が髪を切ることになる変則髪切りマッチ。試合ルールは通常通り

C30分一本勝負
 “美濃のマムシ”道三 対 ヤス久保田

BLINDBERG復活祈願試合
 宮本武士 対 今井すぐKiss Me

ADEP提供試合
 柴山貴哉 対 スペル☆パンDo

@高井憲吾&星野勘九郎 対小仲=ペールワン&TAKASHI

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

でら名古屋のアイドル峻きゅんが髪の毛を賭けてTSEヒデ久保田と激突です。
最近は条件付変則マッチが花盛りのハウスバトル。一味違ったプロレスを味わいたいならオススメですよん。

「LINDBERG復活祈願試合」ってLINDBERGは期間限定で復活が発表されてますよね(2009年12月31日まで)
どっちかと言うと復活記念試合(笑)
お二人とも直撃世代なんでしょうか。
自分は「今すぐKiss Me」より「ドリームオン抱きしめて」の方がすきですが。

星野勘九郎と小仲=ペールワンも参戦、DEP提供マッチもあってなかなかの顔ぶれ。
お時間のある方は是非どうぞ♪
posted by ラポン at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | でら名古屋なインディー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月19日

今週のでら名古屋さん

090218dera.JPG

                       ※写真は過去の大会のものです

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

2/20(金) でら名古屋ハウスバトル
名古屋市鶴舞・スポルティーバアリーナ(開場18:00 試合開始20:00予定)
入場料1000円(別途ドリンク代500円)

@宮本武士 対 ヒデ久保田

A高井憲吾 対 ヤス久保田

B棺桶マッチ時間無制限一本勝負
入江茂弘&笠木峻 対 バッドマンモス半田&ジェイソン・ザ・TSE

※フォール・ギブアップによる決着は無く、棺桶にどちらかのチームの選手の体が全部入りフタがしまった時点で勝負を決するルール。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

棺桶デスマッチというと...ラーメンマンvsウォーズマン(笑)

基本的にKO必須な試合形式だし、しかもタッグマッチ。
荒れた展開になるのは間違いないですねぇ。
posted by ラポン at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | でら名古屋なインディー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンモス半田自主興行「マンモス3」!

090218manmos.JPG

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

バットマンモス半田自主興行
「マンモス3」

2月22日(日)
12時30分開場 13時試合開始

チケット料金
3000円(1ドリンク付)当日500円増し

場所 : 名古屋鶴舞スポルティーバアリーナ

JR中央線鶴舞駅
地下鉄鶴舞駅徒歩3分

出場予定選手(2/19現在)

マンモス半田、今井泪、大家健、高井憲吾、柴山貴哉、長谷川智也、笠木峻、TAKASHI、天むす君

決定分カード : バッドマンモス半田 vs X

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

昨年の「マンモス2」から約1年、ついにあの伝説の大会が開催決定!

とはいえ決まってるのは多分メインイベントであろうシングルだけ。
「マンモス1」がGamma、「マンモス2」が大家健といろんな意味で予測の付かないシークレット。
年始の「宮本和志興行」で宮本和志に予想外のしぶとさをみ見せて周りを驚かせたマンモス半田の相手をできるのはいったいどんな強者なんだ!

まぁ彼のプロデュースに過度な期待は持っていませんので、緩ーい気持ちで観に行こうと思います。
いや、別に付き合いだからってワケじゃないですよ(笑)

みなさんも時間があればご来場くださいませ。

ちなみに「マンモス2」の様子はこんな感じでした( →はじめてのマンモス )
ブログ始めて1ヶ月、入江君と始めて出会った日ですね。懐かしいなぁ。


そして「マンモス3」の後には同所で2大会開催されます!

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

夕の部
高井憲吾自主興行
「プチHOFプロレス」

16時30分開場 17時試合開始

チケット料金
2500円(1ドリンク付)

@賞金獲得マッチ
30分一本勝負
笠木峻 対 ダイナマイト名古屋

※リング上に掲げられた賞金入り封筒を先にとったほうが勝者になるルール。

AハードHOFマッチ
時間無制限一本勝負
高井憲吾 vs 「入江の愛犬」ゴンタ

※レフェリーが『ホフ』とみなした全ての凶器の使用が認められる変則ルール。場外カウント無し。

全試合終了後HOF軍曹による
「HOFズ・ブートキャンプ」を開催
これはプロレス式トレーニングを簡単に用いたフィットネスです。
ハードなトレーニングでは無いので当日動きやすい服装でご来場との事。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

夜の部
スポルティーバ斉藤涼オーナーバースデープロレス
「斉藤カーニバル09」

19時開場 19時30分試合開始

チケット料金
2500円(1ドリンク付)

数試合予定
出場予定選手(2/19現在) : ケン久保田、ヒデ久保田、ヤス久保田(クボタブラザーズ)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

3大会通して観たい方は通し券も販売するそうです。

チケット料金
通常8000円のところ6500円(3ドリンク付)

※マンモス3、プチHOFプロレスのチケットをすでにお持ちの方は、チケットと差額にて3大会通し券に交換可能。

気になるのは入江君の愛犬ゴンタくん。
入江君いわく「がんばるワン。ワンワン。」と言っているそうで。

この日は入江君の出場予定無しなのね...なるほど(笑)


お時間に余裕のある方はスポルティーバアリーナでプロレス三昧の一日をお過ごしくださいませ♪
posted by ラポン at 19:32| Comment(0) | TrackBack(0) | でら名古屋なインディー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月11日

今週のでら名古屋さん

090211konaka1.jpg 090211irie.jpg

                      ※写真は過去の大会のものです

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

2/13(金) でら名古屋ハウスバトル
名古屋市鶴舞・スポルティーバアリーナ(開場18:00 試合開始20:00予定)
入場料1000円(別途ドリンク代500円)

@今井泪 対 TAKASHI

A笠木峻 対 小仲=ペールワン

B高井憲吾&入江茂弘 対 ヒデ久保田&ヤス久保田

Cランバージャックマッチ時間制限一本勝負
宮本武士 対 バッドマンモス半田

※リング外に落ちたら双方のセコンドによってリングにあげられる場外戦無しのルール。

いきなり勃発した因縁でランバージャックデスマッチのようです。
蹴りの宮本か突進力の半田か。面白い一戦になりそうですねぇ。

高井&入江はクボタブラザーズと。でら名古屋の師弟タッグが兄弟タッグのチームワークにどこまで迫れるかに注目でしょうか。

他にも笠木vsペールワンってのも刺激的な引き出しがありそう。

これで1000円は安いよ♪



しかもこんな企画も同時開催↓

☆でら名古屋プロレスハウスバトル特別企画!!
「でらバレタインバトル」

対象選手・・・
「でら名古屋チーム」
高井憲吾・SHIGERU・入江茂弘・宮本武士・笠木峻

「TSE48チーム」
ヒデ久保田・ヤス久保田・今井泪・バッドマンモス半田・小仲=ペールワン

以上5対5のチーム対抗戦!!
チーム合計何個チョコレートを貰うかで勝敗を決める!!


敗者チームは国生さゆりの「バレタインキッス」をリングで振り付けしながら歌う!!

参加資格は男女OK!!
必ずチョコレート持参・・・ただし1選手に1個のみ複数の選手に渡すのはOK!!※郵送も可。13日到着分まで受付。
「名古屋市中区千代田3ー13ー15 でら名古屋プロレスバレンタイン係まで」
参加して頂いた方の中から1名様に選手の愛用品をプレゼント!!



最近は逆チョコもアリみたいですから入江君にあげよっかなぁ...ってチョット違うぞ(笑)

posted by ラポン at 04:55| Comment(0) | TrackBack(0) | でら名古屋なインディー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DEP第18戦にでら名古屋プロレス宮本&笠木が参戦

090211tag.jpg 090211nemoto.jpg

                      ※写真は過去の大会のものです

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

《DEP第18戦》2009.02.14(土)
  16:30開場/17:30開始

刈谷市産業振興センター あいおいホール大会

対戦カード

メインイベント DEP無差別級タイトルマッチ
<王者>後藤達俊 vs 豊臣太郎<挑戦者>

セミファイナル スペシャル6メンマッチ
ウルティモ・ドラゴン&ディック東郷&神谷龍 vs GENTARO&ムルシエラゴ&ブラック・カイザー

第5試合 DEP無差別級タッグタイトルマッチ
<王者組>小杉研太&正岡大介 vs ヤス・久保田&ヒデ・久保田<挑戦者組>

第4試合
深谷友和&高井憲吾 vs マグニチュード岸和田&内田祥一

第3試合
YUJI KITO&柴山貴哉 vs 岡林裕二&大橋篤

第2試合 でら名古屋提供試合
宮本武士 vs 笠木峻


第1試合
エル・サムライ&門尾信彦 vs 根元薫&藤澤忠信

                        ※DEP公式HPより抜粋

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

という事で第2試合に宮本君と笠木君のシングルマッチが組まれてます。
バッチバチなとこ見せて欲しいですねー。
高井コーチも岸和田兄さん&ウッチーと旧大阪勢対決。

この日のカードには他にもウルティモ校長を始めディックさんにGENちゃん、エル・サムライとそうそうたるメンバーが揃ってます
大日本からも岡林&大橋が参戦してますし。

メインはMr.バックドロップ後藤達俊に豊臣太郎が挑むDEP無差別級タイトルマッチ。
小杉研太と正岡大輔の持つDEPタッグ王座にはクボタブラザーズが挑戦。

行きたいけどこの日は既に大阪にいるかも。それにしても逃すには惜しいカードだなぁ。
posted by ラポン at 04:35| Comment(0) | TrackBack(0) | でら名古屋なインディー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログのトップに戻る
pwrtitleb3.jpg

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。